韮山農園生活

 定年後の生活を妻と二人で韮山で暮らしています。園芸、食品加工、陶芸鑑賞、散歩などの感想を綴ります。 

5月中旬の庭、畑

2017-05-17 08:05:23 | 日記
 5月も中旬だというのに、気温が低い日が続き作物の成長に影響を与えないか危惧しています。4月末に種まきした野菜苗が少しずつ発芽をしています。インゲンなどはだいぶ前に発芽したので早々と畑に移植してしっかり根付いています。里芋の芽出し育苗も進行中で、「土垂れ」という品種の芽出しは早いですが、「石川早生」という品種の芽出しはゆっくりです。芽出しの早さが品種の差なのか或いは種芋の差なのかわかりませんがゆっくり見守っています。オクラは早々と発芽しましたが、鉢が小さいためかあるいは高温好みのオクラには今の気温が不足なのか、成長はゆっくりです。カボチャは2種類、古い品種のカボチャと東京栗カボチャを種まきし、両方とも本葉2枚になってきました。本葉が3,4枚になったら畑に定植ですが、出番は近いようです。
 


 去年の晩秋に定植したタマネギが収穫期を迎えています。早生は4月半ば頃から収穫していますが、晩生がそろそろ収穫期を迎えました。早生タマネギの後作にオクラを定植し、晩生タマネギの後作はコーンを直播します。畑の回転も大忙しです。
 


 ゴールデンウィーク前頃に植えたトマトが黄色い花を付けたかと思ったら、小さな実が実りはじめました。これはミニトマトの幼果です。
 


 庭のブルーベリーも実をつけ始めました。
 


 ミカンの花が散った後に、小さなミカンの子房が付いています。この子房もまもなく幼果になります。
 


 ゆすらうめの実が赤く色づき始めました。
 


 リンゴの幼果も付いていますが、台風に耐えられるかな?
 


 今年は枇杷のなりどしです。青いというか緑色の実がたくさん付いています。
 


 去年は今頃私の実家付近で蛍を見ました。結構群舞していて見事でした。もう少し暖かくなったら、蛍もでるかな。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の終わり、夏の始まり | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。