ださいたま 埼玉 彩の国  エッセイ (足で書いた百科事典)

埼玉について新聞、本、雑誌、インターネット、TVで得た情報に基ずき5年かけて歩いて見聞した「足で書いた百科事典」。

さいたま市宇宙劇場のリニューアル

2017年06月22日 18時56分44秒 | 科学

さいたま市宇宙劇場のリニューアル

さいたま市宇宙劇場(大宮区錦町)が開館30周年を迎え、17年4月1日リニューアルオープンした。

1987(昭和62)年に開館以来の老朽化したプラネタリウムを、世界のトップメーカーである五藤光学研究所製の「ケイロンⅢ・ハイブリッド」に取り換えた。

これは、全天周デジタル映像システム「バーチャリウムⅡ」を融合した「ハイブリッド プラネタリウム」である。

劇場によると、この新プラネタリウム投影機(写真)の導入で、6等星まで約2万6千個しか投影できなかったのが、17.5等星までの従来の3000倍になる約1億個を投影できるようになり、さらに6.55等星までの9500個の星は固有の色の再現が可能になった。星雲や星団も8個から約300個に大幅に増えた。

最も明るい1等星と6等星は明るさの差はおよそ100倍。等級が5等級変化するごとに明るさが100倍になる。

天の川の星も一つ一つ表現されている。星は、太陽のように自ら光を放っている太陽のような「恒星」と、自分では光らず、恒星の周りを回る地球のような「惑星」、さらに地球の周りを回る月のような「衛星」に大別されているのは、ご承知のことだろう。

プロジェクターとスピーカーも一新した。8Kプロジェクター2台でドーム全体に映像を映し出すことができ、静止画中心から動画を使った演出が可能になった。

8.1インチのスピーカー8台で、臨場感あふれる立体音響も実現した。

もちろん埼玉県では最新の施設で、「宇宙を体感できるプラネタリウムが出来た」と、劇場では言っている。

 

『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第8回世界盆栽大会 さいたま市 | トップ | 「足袋蔵のまち行田」 県内... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL