PCを楽しむ自由人

PCで音・画像・動画を楽しみ 日常の非日常をWalkingで楽しむ バドミントン好き。

ビスタ MIDI-OX (No. 2)

2008-06-03 14:38:14 | Weblog

2008年5月8日と

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/genki540122/view/20080508

8月23日に

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/genki540122/view/20080523

Yahoo ジオログに書きました MidRadio (他のMIDI PlayerでもMIDI出力先が選択出来れば可) で鳴っているMIDI Fileの保存方法の(アクセス件数が多いので)補足説明をします。

1.  http://www.music-eclub.com/  で曲を選んで試聴(MIDI)を押す

2.  YAMAHA MidRadio Playerを「許可する(A)」でMidRadioが立ち上がり 音が出るので一旦停止ボタン(■)を押す

3. オプション==>MIDI出力先の選定==>再生 で(●)MIDIデバイスを使うで Out To MIDI Yoke: 1 を選んでOK



4.  MIDI-OXを立ち上げ File ==> Log・・・で Log Format: MIDI to Text 選定 File Name: で保存場所を指定する。

5.  Options ==> MIDI Devices でMIDI Inputs: 1) In From MIDI Yoke: 1     
     MIDI Outputsで 例えば 2) Microsift GS Wavetable Synthを選びます。

 

6.  RECを押す


7.  MidRadioの再生ボタンを押す

8.  曲が終わったら REC STOPして MIDI-OXをEXITすれば MIDILog.txt完成

9.  VETrayを立ち上げ 昇格要求不要なDOSコマンド生成(M)で以下の様にテスト実行(T)==>MIDILog.mid完成
  一度ショートカット作れば簡単です。



出来たMIDI FileをMidRadioで試すなら (●)MIDI出力先を内蔵シンセサイザーを使う に戻します。

保存できましたか?

YAMAHA 高品質ソフトウェア音源「S-YXG50」が無料開放されて XP には入れて使ってますが Vista では使えないのでMidRadioの内蔵ソフトシンセサイザーを利用してます 個人の好みですが GS より良い音だと思います。

以上 参考まで

ジャンル:
サウンド
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ビスタ Freecorder | トップ | ビスタ XP の File Directory »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。