自治労連青年部のブログ

自治労連青年部の活動を紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高知自治労連青年部第43回定期大会

2015-09-22 11:59:42 | 日記
9月5日に高知市内であった定期大会に参加してきました!

私自身、初四国、初高知ということもあり、ちょっと楽しみにしていた高知行き。

定期大会の前には、
『STOP「戦争法案」安全保障関連法案は廃案に!』といった学習会が行われ、青年部役員が講師をしていました。

その後は、定期大会にうつり、平和への取り組み、単組や高知、四国での交流など、さまざまな報告がありました。
定期大会に参加して思ったことは、地域の活動に参加している単組が多いことが分かりました!
やっぱり、地域や住民に目を向けて行くことは大切ですね♩

学習会の講師を青年がやったり、地域に出たりと、自分の地方組織ではやっていないこともあったので、とてもよい刺激を受けました。

そして、全国には頑張っている青年がたくさんいることを実感しました。

定期大会後は、交流会に参加!

返杯という高知ならではの風習も体験してきました。
返杯とは、お酌をされた酒を飲み干して杯を相手に返すこと。
これが、交流会中いろいろなところで行われていました。
お酒が強くないと大変だな…と感じました。

みなさんも高知に行く機会があれば、ぜひ体験をしてみて下さいね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年度青年部スタート♩

2015-09-13 18:59:37 | 日記
みなさん!こんばんは☆

ブログの更新がだいぶあいてしまいました…。

今年度は全国のこと、様々名地方組織の様子など、

どんどん更新ができたらいいな…と思っています。

チラッとでもいいので、ぜひ気軽に見に来てくださいね!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田県本部青年部定期総会に参加してきました!

2013-10-09 13:04:41 | 日記
O崎です。

自治労連の各地方組織の青年部も秋に大会シーズンを迎える地方組織が多く、
9月14日には岩手自治労連青年部、滋賀県自治体労働組合共闘会議青年部の大会がありました。
9月20日に秋田県本部青年部定期総会に参加しましたので、大会の様子をお知らせします。

開催時間の関係により、開催地の横手市へ前日入りした第一印象は「寒い」という事でした。持ってきていたスーツの上着を着て何とかしのげるほどの気温…驚きでした。

11時から始まった定期大会は、座敷で向かい合った机に座り、和気あいあいとした状況の中、大会は進みました。
13年度方針では、交流により青年同士のつながりが強め、おきプロNEXTに向けた取り組みをすすめることが提案されました。目標人数を示し、地方実行委員会の立ち上げを確認しました。

午後からの秋田県本部定期大会には、青年部定期総会に参加していた青年も多数参加し、代議員として発言もしていました。

秋田のみなさん、長時間にわたり、お世話になりましたm(_ _)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自治労連青年部第1回常任委員会を開催しました!

2013-10-09 13:00:44 | 日記
O崎です。
9月15日(日)に自治労連青年部第1回常任委員会を開催しました。

青年部定期大会以降、初めての常任委員会で、2013年度方針に従い、具体化の話し合いました。
初めに自己紹介や出身単組、地方組織の状況などを報告し、その後報告事項、協議事項に移りました。

今回の議題として
・自治労連青年部第26回定期大会の総括
・全労連青年部第26回定期大会の感想

検討事項としては
・自治労連青年部第50回全国委員会 などなど

詳しくは、また青年部ニュース『つながるニュ~ス@ユニオン』などでお知らせします。

これからも青年の声をしっかり反映できる会議運営を努めたいと思います。一年間よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全労連青年部第26回定期大会に参加しました!

2013-10-09 11:55:11 | 日記
O崎です。
9月14日~15日に全労連青年部定期大会が開催されました。
15日は台風接近にともない若干時間を早めに切り上げるなど行いながら、2日間の日程で行われました。

13年度は『多くの青年とつながり組織と運動の前進へ!!』~安心して暮らせる社会を目指そう~をスローガンに、全体討論を通じて、様々な単産、地方組織から発言がありました。
それぞれ発言者は、まず自分の仕事や職場、組合活動での悩みを伝えることで、参加者に様々な単産がどういったことを仕事としているのか、どういったことを悩んでいるのかなど知ることが出来、より発言が身近に感じることが出来ました。
自治労連青年部からも2名が発言し、「地方公務員の賃金削減攻撃や、改憲と私たちの仕事」では、青年の率直な思いが語られ、また「おきプロNEXTを通じて仲間を増やそう」では、「おきプロNEXT全国実行委員会を立ち上げ、沖縄で全国の青年をお・も・て・な・しをしたい」とはやりを真似て発言を行いました。

全体発言では、様々な単産・地方から発言があり、
「自立した生活がしたいと思いながら不安の中で働いている」
「悪政が進められる中、矛盾を感じながら仕事をしている」
「青年が集まることで、10年後、20年度の職場、労働組合活動につなげていきたい」
などが語られました。

多くの活発な発言により13年度全労連青年部運動方針案も承認され、今年一年の運動方針が決まりました。
今回新たに私O崎が全労連青年部長になりました。よろしくお願いします。
すべての青年労働者と一緒に進んでいくために、これからも全労連に結集している青年労働者と一緒に自治労連青年部も頑張っていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加