じぶんバンザイ!アトリエ-K絵画教室

このブログはアトリエ-K絵画教室の親睦を深めるために開いています。入会のご案内は右のカテゴリーをクリックしてください。

2017/2/24   今週の金曜クラスの授業

2017年02月24日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

2月と3月は

「6つの学びメニュー」から

やりたいことを自分で選ぶ

 

幸せを自分の心でみつける体験」

をしてもらっています

 

①鉛筆デッサン 

 

デッサンを選んだ人は

カッターナイフで鉛筆を削ることもやります

学んだことが周りに書いてある

まだ完成ではありませんが

メモが増えるたびに

形を理解できるようになっていきます 

 

②つけペンで描くペン画

人のアイデアから新しい感覚を学ぶ

自分のアイデアも加えて新しい絵の体験

 

③チャンチンという道具

形から解放されて

実験と発見の楽しい人気カリキュラム

 

 

④テンテン画

絵具の使い方の学び

濃い色を作る

必要な量の絵の具を準備する

筆の使い方選び方

 そっくりに描くことにこだわらない

原始の絵を楽しむ

 

大きさは画用紙の全紙(四つ切の画用紙4枚分)

これに自由画を描いています

 

ここには物語がいっぱい詰まっている

そんなことを考えて描いていたの!?


残しておかないともったいないので

物語も書いてもらいました

 

今、読んでくれています(*^。^*)

将来絵本作家になりたいという

本当になるかもしれない

と思えるくらい深い物語です

 

明日は

土曜日クラスを載せます 


この記事をはてなブックマークに追加

マリーン一周忌記念 「2013年1月から2月にかけてマリーンは何日間もモデルを務めました」

2016年05月29日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

アトリエの猫のマリーンの一周忌を迎えて

懐かしい授業のフォルダーを開きました

卒業している生徒や

 

今も在籍している生徒の

幼い頃の顔を

見ることが出来ます(*^。^*)

 

 

 

 

 

昨年末に卒業した亘くん

と亘くんが描いた絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3才で入会したわたる君は

現在小学3年生

アトリエで2番目に古い生徒になりました

現在5冊目のスケッチブック進行中(*^。^*)

 

アトリエは絵を描いた後で

絵のことば

を書きます 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2016/3/5土曜日  「千穂ちゃん アトリエのご卒業おめでとうございます」

2016年03月27日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

千穂ちゃんは

5年前の2011/4/1

小学校入学目前にアトリエに入会

 

5年生の終わりまで通って

今月2016/3/5 に卒業しました

クラス全員での卒業写真

 

「卒業おめでとう」とみんなから声をかけてもらい

「ありがとう」とあいさつをします

あと1回で卒業するちほちゃん

 

 

「さよならのてがみ」を書いて

卒業するという気持ちを確認整理します

 

この手紙の中で私が興味のある質問は


⑥せんせいはどんなひと?

「明るくて、前向きな人で、

人生のことを考えてくれた人です。

ありがとうございました。」


アトリエで「こころのまなび」になったのはどんなこと?

「どうしてそうなるかを考えることを学んだ。」

  

(*^。^*)

千穂ちゃんは絵を学びながら

心を育てました

 最近は

生徒の在籍期間が短いので

このように充実した卒業は

めずらしくなりました

 

卒業のお祝いに

たくさんの思い出の写真を

用意してあげます

 

そうしながら私も

お別れ&感謝の・・・・心を整理します

 

 

↑ センセイが工房で徹夜してみんなの陶芸の窯たきをしている

↓ 東北の報告津波の動画

完成したスケッチブックを

自転車にしばりつけて持って帰ります

↑ アトリエの猫のトム 白猫のマリーン 犬のモモ

みんな知っているけどみんなのお見送りもしました

これは私たち二人で考えた物語

赤い文字は 千穂ちゃんが作った文章♡

 

 自己こうてい力  2016.2.27 ちほ11才

「11才のわたしを認める」

 

今わたしは小さな山の頂上にいます。

遠くに高くてりっぱな山も見えますが

今はここまで登ってきて頂上に立てたことに

喜びを感じています。

一生けん命登ってきました。

 

目の前には高い山や低い山がたくさんあります。

山はきれいで空も青く快晴です。

 

まずはここでひと休み

努力した自分をほめたいと思います。

一生けん命よりよい人生を目ざして生きている

私を認めます。

 

ひと休みして次に登る山を決めたら

頂上を目指して歩きはじめようと思います。

マイナス思考にならずに

いいところも見つけれるようになりたいです。

 

千穂ちゃんは2か月前から

卒業の準備を始めました

「卒業制作は木炭でワニを描きます」

と自分で決めました

 

 

 

 

贈る言葉 

 

大好きな千穂ちゃんへ

あなたは失敗から沢山学べる人になれますよ

「失敗」にはいろんな気付きがひそんでいてね♡

「気付く」ってすごく楽しいことなの!

気付いたその瞬間に

失敗は「希望」に変わるのですもの(^o^)

ご卒業おめでとうございます

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

アトリエ-K絵画教室のご案内

2016年03月13日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

ご案内したい人がおられますので

トップページに移動しました

 

  アトリエ-Kへようこそ  お気軽にお問い合わせください TEL082-289-3626


    〒732-0033広島市東区7-10-3 窪川原 啓子(くぼがわら) http://jibunbanzai.jjt.jp/ 

 

 

           スケッチブックを開くと素敵な自分に気付きます  絵の力で元気な人生が送れると信じています




 

無料体験レッスンのご案内

電話でご予約

メンバーによってクラスの雰囲気が違いますので

通われたいと思われる曜日に(下記参照)いらっしゃることをお勧めします




アトリエ-Kのメイン

心を育てる月4回コース

 

その他絵を楽しむコースには

曜日フリー

毎月第4日曜日クラス

プライベートレッスン

 

 

2才児から大人まで

2才児はお母さんと一緒に

幼稚園・保育園児は最初はお母さんと一緒にいて

少しずつ生徒たちと仲良くなります

さびしい思いをしないように気遣ってあげましょう

 

大人と子供が一緒のクラスで学ぶ

大人は子供だった頃ののびやかな気持ちを思い出します

子供には大人になっても絵を描く幸せを見せてあげたい

 

アトリエ-Kの嬉しいことは5才~75才代まで各年代が揃っていること

おばあちゃんとお孫さんコンビがおられるのも自慢(*^。^*)

 

 

 

 

曜日と時間

下記時間内で自由に来て自由に帰ることが出来ます

ひとり1時間半を目安にしていますがほとんどの人が始めから終りまで描いています

 

金曜日4:00~6:30

土曜日9:45~12:15 と 3:30~6:00

欠席分の振替日として第4日曜日9:45~12:15 

祝日は休み


月4回の方は通う曜日を決定

その他 毎回授業料を支払って(下記参照)好きな曜日にくるクラスもあります

プライベートの方は日程と授業内容はご希望をお伺いします




入会金と月謝

① 月4回 

描いて心が自由になる経験をくりかえしながら 絵が上達するアトリエ-Kのメインコース
 

入会金 5000円 

月謝 7000円(月謝は郵便局の自動払い込みでお願いします)

スケッチブック 1500円(だいたい1年~1年半に1冊完成)

その他 特別カリキュラムを選ばれた場合は材料費の実費

 

1カ月お休みされた場合と長期欠席の復帰料として

3000円をお願いします

欠席された場合は毎月第4日曜日を振替日としてご用意しています

 

 

 

楽しむコースは絵を描いて遊ぶ + いろんな画材の体験をする範囲です

②会員になって 好きな曜日に来るクラス 絵を楽しむコース

入会金 5000円 

毎回2500円

スケッチブック 1500円

特別カリキュラムを選ばれた場合は実費


③会員にならずに好きな曜日に来るクラス  第4日曜日クラス 絵を楽しむコース

入会金不要

毎回3500円

スケッチブックの購入は選択

特別カリキュラムを選ばれた場合は実費


④家族クラス(入会者の家族がご利用) 絵を楽しむコース

ご家族は入会金なしで興味のあるカリキュラムに2500円で参加できます

ご家族のみなさんにもアトリエを楽しんでいただきたい気持ち

 

⑤プライベートレッスン 絵を楽しむコース

入会金不要

受講日に6000円(材料費込)

授業内容と授業日はご相談

 

例えば大きな絵を2~3時間かけて描きます

制作風景の写真も撮りますから

USBをお持ちになるとデータを持って帰ることができます

 

 

 

画材と道具とはアトリエで用意

てぶらで来て宿題はありません(^_^)

あらゆる画材を用意したいという気持ちでいます


例えば、水彩絵の具(3種類)・油絵の具・アクリル絵の具・ペンキ・ラメのり・クレパス・水に溶けるクレパス

色鉛筆・水に溶ける色鉛筆・鉛筆(6B~6Hの14種)・インク・墨汁・木炭・パステル

スケッチブックの他に色画用紙・水彩専用紙・木炭紙・ケント紙・色紙・和紙・色紙


その他、特別カリキュラムには

油絵・デッサン・工作・陶芸・ロウソク作り・個人指導など

材料費(実費)が必要なメニューもあります

 

 

 

カリキュラム(授業計画書)

カリキュラムは「月4回クラス」をイメージして毎月作ります

授業日程・内容・アトリエの様子・新メニューのお知らせなどが書いてあります

 

 

毎週カリキュラムを読んでくるお約束

カリキュラムを読むことで授業をイメージしながら

落ち着いた気持ちで来るからチャレンジ精神旺盛になれます

ご家庭でアトリエの話題をしていただくとイメージも楽しくふくらみますが

心の準備のない人は自信がないスタートになります


 



アトリエは自立心を育てています

①学びカード(上手くなりたい。新しい世界に挑戦したい。センセイ教えてください)

②ふたりカード(センセイと話し合ってテーマと画材を決める。納得して始める)

③自立カード(自由画 心を感じて自分らしさを楽しむ。最後まで自分の力で完成。自立のカリキュラム)

④相談カード(何をやれば良いかわからないから相談にのってください)

「今日は何をやりたい?」心で感じて自分で決めるから人生を自分で作っているという実感



 


心が解放できる空間

絵のテーマを自分で決めるのですから

やらされることはありません

やりたくないことはしない約束ですから

嫌だと思うことは我慢せず気持ちを伝えます(気持ちを伝えるトレーニングをしています)

 

コミュニケーションを大切にしています

アトリエにきたらあいさつをします

「こんにちは 先週~~が完成しました 今日はカリキュラムの~~をやります」

 

例えば子供が知っていることを大人に教えることもあります

知らない人の不安な気持ちを思いやって

その人が出来るように見守ります

人の心を大切にしたりされたりする体験

 

 

 

 

スケッチブックの1500円には 

小さな写真やコピー 作品を保護するトレーシングペーパー 追加の画用紙等の費用が含まれています

月4回コースで1年~1年半に1冊のペースで仕上がります

入会したらスケッチブックを入れる自分専用の棚をもらいます

 

 

自分の心を感じることが大切

「今、どんな気持ち?」

絵が完成したら

絵の題名をつけたり 絵をほめたり 絵の物語を書きます

言葉にしながら気付きの深い人を育てます

 

 

スケッチブックが完成 すると

愛されながら一生懸命に生きた時代を思い出せるように

新聞記事やカリキュラムもスケッチブックに貼ります

制作風景の写真(18~27枚)をA4サイズ写真用紙2~3枚に構成&印刷して

スケッチブックに貼ってお渡しします

写真材料費は1枚400円

 

 


2016年現在アトリエに動物はおりません


犬のモモは今年1月に14才7ヶ月で亡くなりました
 
茶色の猫のトムは2012年12月に
 白猫のマリーンは2015年5月に
共に16才2ヶ月で亡くなりました

  
       


この記事をはてなブックマークに追加

2016/2/17 水   「ブログに作品が載っていますよ見てね」

2016年02月17日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

 ご家族にメールで知らせてみよう

「ブログに作品が載っていますよ見てね」

 

 教育という

愛を伝えるアトリエの日々を

 ご家族にも知ってもらおう


生徒たちにも

 センセイが他の生徒と話している内容を

 伝えてみたい

 

 

 

 

 

 

 

今日

ふいに

気付いた

 

リアルタイムで

知らせなければ伝わらないよ

 


家族はきっと

ブログを見てくださっているだろう・・・

 という思い込みをやめて  

 

ご家族にメールで知らせてみよう

どんな感想をいただけるかな

 

 

 

 

 

 

「40年も絵画教室をやっとりながら

なんで今まで気付かんかったんじゃろうか!」

とビックリすることがある


こういう時は

気付かんかった自分を責めないで

「40年かかって気付いたんじゃね~」

と出来た自分をほめる

 

・・・ことにしている(笑)

 


この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月のカリキュラム  「冬の色紙」

2016年02月14日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

「クロッキー」と「季節の色紙」は

セットにして

年に4回行うカリキュラム

 

だから

アトリエの生徒たちは

メリハリのある

四季を迎えています

 

ガサガサかくな

筆先にいつも絵の具を足せ

落ち着け

と言われながら完成した

「これまでで最高の出来かも!」と本人

(*^_^*)

 

あふれるエネルギーの持ち主

金曜日夕方のアトリエで

1週間たまったエネルギーを放出している

右上の毛糸で編むと下にマフラーが出てきます

 

当然ながら

絵を今すぐに持って帰りたい」という生徒もいる


だって家には 

額縁に入れた秋の色紙がかざってあるのだもの

早く入れ替えて

家族に見せたい

 

金曜日は上の3名が

「明日の人に見せてあげる」

と言って

絵を置いて帰りました

 

 

土曜日は雨が降ったので 

全員置いて帰りました

大きく描いて

センセイをびっくりさせてよォ~

 

サンタの周りを白にしたら

サンタが目立つし

球体に透明感が出るよ

 

色紙絵は紙の白をどれだけ生かせるか!

これが勝負よ

 

えのぐをつけた大筆を

描く前にそっと

水につけてから描いてごらん

 

色紙は和紙だから

塗るというより

吸い込ませる 色の池を作る

というイメージで~

 

 

初めての色紙絵体験

モデルは自分で持ってくることになっている

「砂時計と冬」

面白いなあ

 

母と子の二人組で入会したので

お母さんも色紙絵は初めて

 

北風に吹き飛ばされた人形が大成功!

アイデアが面白い!

(*^_^*)

私は何千枚も見てきたけど

こんな絵は初めて

初めてはワクワクする

 

「今年の季節の色紙は4枚とも 水墨画風の風景画にします」

と宣言

色は塗るものと思っていたが

紙の白を残して雪を表現するのに苦戦

よくできました ♡

 

同じ筆であちこちさわらんのよ

流れ作業のような仕事をしない

主役の花を「主役として存在させたい」

 

 まず1本の枝の物語を完成させる

それから

次の枝について考える

 

あなたはこの花の

何に感動しているのかな?

絵は

愛を表現することだと思います

 

 

モデルには 流行りがある

それはいつも偶然なのですが

今週は「手袋」でした

(笑)

 


浮いてしまった黄緑の背景に

「失敗」の空気が漂った

 

そこに

明るい灰色を置いた途端

「清楚な春の予感」

に変身 ♡

絵って~面白いね~ドラマだね~

私たちは笑いながら

本日終了

(*^_^*)

 

 

「色紙は来週にして今日は自由画を描きます」

コミュニケーションが上手になった

自立を始めたら 

自然とアイデアが湧き始めたね

人と違うことが楽しい

 

 

「バレンタインに手作りクッキーを作ってきました センセイに感謝の気持ちです」

 

かわいい生徒でしょ

♡(*^_^*)♡

ありがとう ウルル

 


この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月のカリキュラムより その1 「アトリエっ子はきれいな仕事をする」

2016年01月31日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

冬休みの間に

作品の写真を用意して

新年の授業に備えました



 

アトリエでは作業をする時に

「きれいなしごとをしなさい」と声をかける


全作品集合写真は

「みんなの中のわたし」がテーマ

  

ちはや君11才の

アイデアと貼り方が最高

 

 

 写真は

裏面の角の少し内側に

なるべく少量ののりで貼る

「それはなぜでしょうか?」

 

 

ちはや君のメダルは左端

葉っぱのデザインになっています

 

 

 

言われたことをそのままやる人は

言ってもらわないと動けない人になります

学んだ時にはいつも

「なぜそうするのかを考える人になりましょう」

 

 

左列の一番下

 

 

コピー用紙を貼る時には

裏面の角いっぱいにのりをつける

それはなぜですか?

のりは沢山ですか?少しですか?

 

画用紙を貼る時には

のりは沢山ですか?少しですか?

 

のりには水分があって

紙は水を吸い込みます

紙は水分を吸い込むとどうなりますか?

 

上から2段目の右端

きれいな仕事は

道具の性質を知ることと

道具を扱う指の使い方を考えること

 

子供たちは日々アトリエで学んでいます

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月のカリキュラムより その2 「アトリエ40周年記念メダル」

2016年01月31日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

40年続けた仕事を

はるちゃんがお祝いをしてくれました

認めらて嬉しかった~ありがとう

 

 

 

アトリエ40周年記念メダル

2015/10のカリキュラム

 焼くとすごく縮むのが銅粘土の特徴

 

 上の段の右から2番目が

粘土の造形まで終了した段階

 

他は焼成後

ワイヤーブラシで磨いて完成しています

 

 

 

 

 

メダルは10円玉と同じ

金属なのに

作り始めは「銅粘土」でした

 

 

2015年秋にやったカリキュラム

「アトリエ40周年記念メダル」

UVレジンを使って「赤ちゃんの思い出」

「さるのお正月かざり」

年末最後の授業日までかかり

全作品集合写真を撮影

 

 

木曜クラス

  

金曜クラス

土曜クラス

 

 

 

写真屋さんで焼き増しをしてもらい

新年の授業開始までに

みなさんの棚に写真を入れておく・・・という計画を実行した私

 

  

 

形が出来たらドライヤーで乾かして磨きます

 

アトリエK40周年

74才はじむ

 

 

 

 

電気炉で900℃で焼成 

 

焼成中に窯の中に灰が散らかる

窯が痛むのでこの授業はもう出来ませんね~

ビックリ!

焼成すると

金属になるのよ!

どうして?不思議?

 

 

 

新年の授業が始まり

みんながいっせいに棚の写真を

スケッチブックに貼り始め

そして貼り終わっても誰も何も言わない

こういう時に私は

 

「人生の話をしますから集まってください」

と声をかけます

 

磨いて完成

お母さんも作りました(*^_^*) 

 

 

 

メダルが10円玉のようにサビたら

食酢の中に浸けるときれいになる

酢は緑色になる

これは銅のサビの色

 

・・・と生徒が教えてくれたので

やってみました

(*^_^*)

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月のカリキュラムより その3  UVレジンによる「赤ちゃんの思い出」

2016年01月31日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

 

2015/8/28 去年の8月はモモがまだ教室にこれたんだね~

私は夏休み中だけど

クリスマス授業のために

UVレジンの研究をしました

 

 

 

みなさんの手元に写真が届くために

センセイは何をしたでしょうか?

 

 

 

UVレジンによる「赤ちゃんの思い出」

 2015/11のカリキュラム


 

最初に撮影をしますね

朝の光 昼の光 蛍光灯の光 いろいろ並べ替えて撮る

画面に歪みがないか

全ての人に喜びがある撮影になっているか

何十枚も撮りあるいは撮りなおす

 

 

 

 つまようじを使って細かい作業が続きます

 

母娘二人で通っています(*^_^*)

 

 

次にパソコンの中でベストの数枚を選ぶ

そして写真屋さんに相談して試しのプリントをしてもらい

出来上がりを確認

みんなのプリントを注文 

待って支払いをして帰宅

 

 

2015/11/21遠くにモモが寝ているね

お父さんとお母さんの結婚式の写真で

「思い出を作る」

というアイデアは・・・お姉ちゃん

 

  

 

 

ボクは高校生になりました

 

それからスケッチブックの棚に写真を配る

 ・・・センセイは一生懸命働きました
 
 
 
  

みんなの中の自分

実は裏にメッセージが書いてあります

これが大事(*^_^*)

 

えがおいっぱいで

たくさんわらってそだったわたし 2015めい

笑顔でいきいきしている

小さい頃の僕が見れて嬉しい 2015宙

お母さんにだかれて

遊んでもらい幸せそうです 2015文音

 見守られてのびのび育った私は

幸せ者です 2015純子

 

 
 

この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月のカリキュラムより その4 「2016年は申年」

2016年01月31日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

 

 

「2016年は申年」

2015/12のカリキュラム

 

 


 

さてここまで話を聞いて

私に何か言いたいことがある人はいませんか?

 

早速手が上がり

「先生ありがとう」と言いました

 

 

 

 

 

これから大事な話をします

人生の話

ありがとうだけでは伝わらないというお話です

何についてありがとうを伝えたいのか~

そこをきちんと言葉にするのが大切

 

  

 

 

 

生徒が言いました

「苦労して何枚も写真を撮ってくれてありがとう」

「写真屋さんに相談してきれいな写真を作ってくれてありがとう」

「僕たちを大切に思ってくれてありがとう」

 

 

 

 

 

 

 

みなさんはこれからも

沢山の人に親切にしてもらったり

助けてもらいながら人生を送ります

 

 

 

 

棚に写真が入っているのを見たら

センセイが努力したことに気付く人に

直感できる人になって欲しい

そして思いを伝えられる人になりなさい

 

 

 

  

 

アトリエでは絵が完成したら

絵の物語や

絵をほめる言葉を書きますね

それを面倒だと思うかもしれませんが

 

 

アトリエは

感じられる人=直感を絵や言葉で表現できる人

を育てています

 実は

このような心のある人が

自分らしい魅力的な絵を描くのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2015/8/7金-2-  近況ご報告「アトリエは夏休みをいただいております」

2015年08月07日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

未完成の陶芸ブログは

9月の授業再開までには完成させます

 

夏の色紙もブログに載せたい

 

この日「指導を受けない自由に描きたい」と言った人たちの絵が面白かった

 

 

 

 

シュタイナー教育ぬらし絵の講座」に行った話も投稿したいし・・・・

 

 

 

 

 

プライベートレッスンにこられたお客様

4才のとう君

 7才のしゅう君

二人とも画用紙の全紙に描いたのだけど

大きな絵が

すごく楽しかった

 

アトリエのみんなにも

希望者には自由画で使えるように

画用紙の全紙サイズ 765x1085mmを用意しています

 

 

 

あしたは

レジン(樹脂)のワークショップに行きます

ブローチを作るらしい

 

アトリエカリキュラムに使えて

みなさんにも嬉しい経験に

なるとよいですね~

 

またの投稿をお楽しみに(*^。^*)

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2014/6/4木 「モモの道」犬と過ごした子供時代の思い出の写真(*^。^*)

2015年06月04日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

モモの誕生日(*^。^*)

モモは6/10で14才になります

 

今週の授業では

「アトリエのみなさんひとりずつ+モモ」のツーショット

記念写真を撮ってあげたい

それで・・・再び大工さん登場(笑)

教室に作った

「モモの道」

足腰が弱ったモモには

木の床が

歩きにくく危険

モモにもストレスなく楽しく教室に居てもらいたい

 

それで

今日の授業に間に合うように

 

昨日の午後(少し・・・無理なお願い)

大工さんをお願いしました

 

 「 モモの道」

 

おかげ様で

モモに機嫌よく安全に

アトリエに居てもらって

記念写真が撮れます!

 

 

犬と過ごした子供時代の思い出

(*^。^*) 

モモと過ごした思い出を

みなさんの人生にプレゼントしたい気持ち

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2015/5/6 「りりかちゃんのお母さんからのメール」 ご家族のスナップ写真 -2-

2015年05月06日 | アトリエ-K絵画教室のご案内
 

2014/4/19土無料体験の日

ちょうど1年通いました

 
 
 
 
りりかちゃんのお母さんからのメール
 
先生、昨日ブログ拝見しました。
我が家で一年前に
先生のアトリエに伺った日の写真も
とても懐かしかったです。
ありがとうございます。
小さかった雅紀が今はこんなに大きく育ったんだなぁと
びっくりしました。
 
 

2014/5/24土

三人きょうだい

 
 
私は忙しくて
子供たちの写真を撮っても
改めて見る事がないので
 
こうして先生に写真を載せていただいて
成長した子供たちを見ると
 
私の作った毎日のご飯で大きくなったんだなぁ
と、しみじみ感じました。
母はまだまだがんばらないと・・・ですね。

 

 

 

2014/7/26土

9か月前の写真

 

 

 

先生のブログを見るのが楽しいです。
子供たちも頭を競り合いながら
覗き込んでいつも見ています。
 
また、今日もブログ見てみますね。
 

 

2015/4/26日

あらっ!?(笑)

お父さんに似てる!


第四日曜日に

お父さんが迎えに来てくださったので

これらの写真4枚でご家族勢ぞろい 

 

 

 

 
りりかが自分らしさを取り戻す
タイミングを作っていただいて
ありがとうございます。


いつになく
自由画がやりたい
と意気込んでいました。
 
早く土曜にならないかなぁ
アトリエに行きたい
と言っていましたので。
 
 
 
アトリエより

お母さんの
「想いを伝えようとする姿勢」を感じました

伝わりましたよ!
心の交流が成功しましたね
嬉しかったので
スペシャルページを作りました 
 

この記事をはてなブックマークに追加

2014年から2015年 「愛されて育った記録」 ご家族のスナップ写真

2015年04月29日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

ゴールデンウィークだから

お父さんが迎えに来ることが出来ました

2015/5/2土

ちほちゃんとお兄ちゃんとお姉ちゃん

それぞれの

10才の冬の色紙のテーマは

「白菜」でした

おじいちゃんが畑で作った立派な「白菜」

この偶然に気付いた今年の冬

家族みんなで喜びました(^o^)

 

 

2015/5/1金

まなちゃんのお父さんと

初めてお会いしました

岡山県のおもちゃの国へ

行ったのですって(^o^)

おみやげをありがとうございます

2015/1/15金三人きょうだい

上の写真の

お父さんをお迎えしたので

まなちゃんの家族がそろいました

 

 

 

 

日曜クラス

毎月第四日曜日は

 欠席した人が利用できる振替日です

 

この日は

めったにお会いできないお父さんが

迎えに来られます

 

 日曜クラスは

各曜日から参加しているので

教室に固定したカラーがなく

 「知らない人と一緒でも気にならない」

・・・みたいな大らかな人たちがやってきます

 

そうのすけ君は三人きょうだい

2015/4/26日

2014/6/28土

上の写真二枚でご家族勢ぞろい(^o^)

 

 

 

 

20150423木

こはく君も三人きょうだい

 

 

2015/4/9木

愛されて育った思い出

 

2015/4/23木 三人きょうだい 

妹と弟がいます

いつも「お姉ちゃん」をしています

 

 

 

2015/4/11土無料体験の日

ご家族の写真もスケッチブックに

貼ってあげたい

 

 

2015/4/4土

旅行の思い出

 

 

2015/3/22日

20154/4/4土

家族が揃いました

 

 

2015/3/14土

いつもお迎えにいらっしゃる奥様

仲良し!は最高!

2015/3/2月

散歩でばったりお会いしました(^o^)

 

 

 

 

 

なんで三人兄弟の写真が多いのかな

と考えました

 

みなさん

めちゃくちゃ頑張っている

応援したい気持ち

 

全ての 「お母さん」を尊敬している私

 

 

 

 

2014/9/4木

夏の旅行のおみやげをありがとう

 

 

 

2015/3/22日

「歯ぬけ記念」

2014/4/24木

お父さんとお母さんが揃いました(^o^)

アトリエにおみやげをありがとう

 

 

 

 

「愛されて育った記録」

笑顔にはオーラがありますね

見ていると幸せな気持ち


ヒ・ト・リ・モ・ンには

ありがたい環境です(*^_^*)

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2015/4/21 幸太朗くんのお母さんからのメール

2015年04月21日 | アトリエ-K絵画教室のご案内
幸太朗くんのお母さんからのメール
 
 
ブログ拝見しました。
幸太朗のことを、たくさん書いていただき
ありがとうございます

幸太朗がとても良い笑顔でした。

5年間、大変お世話になりました。
 
 

卒業日に

カメラを持ってこられるお母さんが

たまにいらっしゃいます

 

この日もみんなが帰った後で

3人で撮影会をしました(*^。^*)

 
 
 
あの通り、ぼーっとした子で大雑把だし
社会に適応できるのかと心配でしたが
最近学校では
クラスの中でも頼りにされる存在だと
先生の評価も、まずまずなのです。
 
それも、
アトリエで先生に教わった姿勢のおかげだと思います。
 
自分はどうしたいかをちゃんと伝える、とか
準備や片付けをきっちりする、とか
紙をまっすぐ貼るとか・・・
 

幸太朗くんの成長を見守るという点で

私たちは

仲間ですから(#^.^#)

相変わらず、幸太朗の字は汚いですが、
感謝の気持ちを込めて、
先生にお別れの手紙を書いたそうです。
 
 
幸太朗の事を親の目で見て
導いていただきありがとうございました。
私も心強かったです。
 

 

幸太朗くんが通った

5年間分のカリキュラムを

全部取ってあると聞き

コピーさせてもらいました

 

愛を感じました♡

嬉しかった♡

 

「コラムが面白いですよ」

と言っていただきましたが

ナルホド

60ヶ月

これは日記ですね

真剣に書いてあるところが確かに・・・(笑)

 
本当はやめたくないので
先週の帰りの車中は
二人でしょぼんとしていました。
 
マリーンのこともあるし。
マリーンはあれからどうなりましたか?
幸太朗と心配しています。
 
 
 
 
感じる人

表現する人を

本当に素晴らしいと思います


こんなに丁寧に

心を

人に伝えることが出来る
 
 
 

自分が忙しいことを

貧しい

と感じて

恥ずかしい




学びとしてここに載せさせていただきます

感謝を込めて
 

この記事をはてなブックマークに追加