全国地蜂連合会

全国の地蜂愛好会やグループで組織する、全国地蜂連合会のホームページです

島根遠征(3)

2017年07月09日 | ニュース
島根遠征最終回です。
野中顧問は出雲縁結び空港から午後の便で帰られるので、
また「たぶみ倶楽部」の事務局長さんが駅まで送って下さいました。
私達は昼食後更にヘボ追いでしたが遠い上に、
飛ぶ度にルートを変えるヘボに振り回され大分時間をロスしました。
「もう一回!」はダメですね。早々に諦めるべきでしたが余りに通いが良いので…。
会長はこれを見つけられなかった事が相当悔しかった様で、翌日帰りの車中でもその事を言っていました。
でもこの後2巣は難なく発見!


最後に昨日お風呂に行く時見つけた巣を深津氏が掘り上げます。


巣が見えて来ました。


テニスボール位のキレイないい巣です。


3羽の攻撃蜂を収めて今回のヘボ追いは終了です。


石見銀山の西にある体験交流施設「大江高山絆館」に宿泊し翌朝記念撮影。
8時過ぎにこの地を離れました。


9時10分 大田市の隣にある道の駅キ「ララ多伎」
車を提供して呉れた深津氏と車中の会長。


蒜山高原と大津のSAで休憩して午後4時半帰宅でした(会長は未だここから2時間掛かります。)

結局今回の島根遠征では6巣発見、3巣掘り上げでしたが、「石見大田たぶみ倶楽部」が発足し、
交流が計れた事、新しいヘボキチが続々誕生しそうなことが何より嬉しく、楽しい遠征でした。



                  お知らせ

今年も下記日程にて東京大学富士演習林(山中湖)への遠征を実施いたします。
参加される方は全国地蜂連合会役員このHPのコメント欄(個人情報非公開)・
もしくは0565-62-2191までお申込み下さい。

                    ─記ー
目的:有害虫駆除を通じ捕獲技術の講習・向上並びに会員相互の親睦を計る。

日時:2017年7月22日(土)午前8時30分(現地集合)~午後3時(現地解散予定)

場所:富士癒しの森研究所(東京大学山中湖演習林)

参加費:無料

昼食:各自でご用意下さい。

※雨天中止・巣の持ち帰りは出来ません。
尚この遠征は10月14日(土)にも行なわれます。
                                                以上。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根遠征(2) | トップ | 東大山中湖演習林(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事