小説 デート屋恭介

デート屋恭介がネットで知り合った女性とデートして女性を癒す小説です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第220話 七月十三日(土)チャンポン王の結婚シーン8

2016-11-05 19:51:48 | 日記

七月十三日(土)チャンポン王の結婚シーン9

江藤:じゃあ、次は誰だ?

前田:はい。私と恭子です。

亀山:私、やりたくないけど・・・。

宮下:恭子さんにはサスケさんがいるじゃないですかあ。

亀山:美華ちゃんにそういわれたら私、おしまいだなあ。

江藤:では始めるぞ。

(シーン9:開始)

宮下:キョウコさん、クミさん。私のドレスはどうですか?

亀山:まあまあね。

前田:キョウコ。すねんないでちゃんと言ってあげようよ。「かわいい」って。

増田:でも、「きれい」とはみんな言わないですね。

亀山:トモコちゃん。私たちの仲間になれそうね。

小山:私も仲間に入れて。

宮下:私も。

増田:ミカはだめよ。これは恋人はぐれ者の会なのよ。

前田:私たちはぐれ者?

亀山:で、ミカちゃん。幸せにならなかったら許さないわよ。

前田:キョウコ柔らかく言おうよ。幸せになってねって。

亀山:だって。私はチャンポン王が好きだったのよ。

増田:まあ、まあ。私も同じですから。

小山:私も。

宮下:私も。

増田:ミカはチャンポン王を手に入れたのよ。

宮下:私だけ仲間はずれ?

増田:違うわよ。ミカの1人勝ちよ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第219話 七月十二日(金... | トップ | 第221話 七月十三日(土... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。