ji4aal's blog

アマチュア無線と投げ釣りのブログ

かめや出雲店キス釣り大会に参加

2017-07-23 21:28:57 | 釣り

またまた久しぶりの更新です、この週末はかめや釣具出雲店のキス釣り大会でした。

まずは22日の土曜日、のんびり起きて下見がてら薗の長浜・外園の壁の前ポイントに釣行、朝からきょーれつに暑くて浜に降りただけで汗だくになります、やや向かい風の中3本針仕掛けで遠投して6色ラインから探るとすぐにショボショボしたアタリでピンギス3連、次いで2連、手前も探るがさらに小さい、明日の本番でここに入るには30分以上歩くことになりますがこの釣果では歩く価値は無さそうです、小一時間でツ抜けしたので納竿して帰ろうと車に戻る途中でめまいがして視野の周辺がチカチカしてきました、心なしか手指の末梢もしびれてます、脱水症状で熱中症1歩手前でしょうか、意識して水分補給してたんだけどね~、これは明日の本番もやばいかもしれんな~。

なんとか車まで戻りエアコンかけて15分ほど涼んでたら楽になりましたがまだちょっとクラクラします、慎重に運転して帰宅、家のエアコンMAXにかけて横になって休憩しました。

夕方になって明日のえさを買いにかめや釣具出雲店に行ってチロリと砂虫を買う、今季は右肩痛が続いておりクーラーを掛けて歩くのはつらいので久しぶりに背負子システムを構築する、明日も暑くなりそうなので壁まで歩くのはやめておこうと思います(まあいつも途中で力尽きるんですけどね)

明けて日曜日の朝4時半起床で用意して現地に向かう、天気は曇りなので昨日よりは暑くなさそうな感じ、集合場所の差海川河口右岸に行くと結構な人数が集まってます、受付を済ませて皆さんと朝のご挨拶、仲間内ではギララたっきーさん、ロミヒーさんが参加、なべちゃんは残念ながらお仕事とのこと、山口からチロリ餡さんも来られてます、海況は南西風でやや波があります、陽が高くなると風も強まると思います。

6時にヨーイドンで一斉スタート、強者のみなさんは外園の壁を目指して一目散に歩いてます、私は5分ほど歩いたところで忘れ物に気が付いて車まで戻って出直し、壁の南側までの真ん中くらいでクーラーを置いて釣り開始です。

どうみてもピンギスしか釣れないと思うけどしょっぱなからPE0.4号+トップガン短足改+短い3本針仕掛けで6.5色から探るとすぐにプルプルとアタリが出てピンギス3連、次いで2連で5匹のリミットメイク完了、後は良型が釣れるのを期待してさらに投げ続けましたが、6色ラインで多少マシなアタリが出て17センチが釣れるのみであとは小型ばかり、たま~~に15センチ有る無しが混じる程度、様子見に壁の方まで行って帰ってきたかめやのS氏に様子を聞くと、「一番向こうの人は20センチ級5匹そろえてました」とのこと、地元のKさんだろうな~。

少し移動を繰り返して15センチ級を追加するも20上はかからず、9時過ぎには帰り支度をして途中投げて探りながら検量場所に戻る、多少マシな型を5匹選んで検量すると百二十数グラムでまあ玉砕と言っていい結果、まあ毎年そんなんですけどね。

検量後表彰式があり優勝したのは地元出雲のKさんでした、2位がギララたっきーさん、3位が江津のIさんと表彰台常連のみなさんでした、Kさんは2位と3位入賞は有ったけど優勝は初めてかな、おめでとうございました・・・m(_ _)m。

今日は曇りで陽射しが無く、風が強くて蒸し暑さはそれほど感じませんでした、昨日のような体調不良にもならずに無事に終わって何よりでございました、成績の方は実力通りということで・・m(_ _)m

午後からはJスポーツでスーパーGT菅生戦を見てたら天候のせいでエキサイティングなレースになりゴールまで手に汗握って見てしまい夕方釣行は行けず仕舞いでした、人の分ももらったりして大量のチロリと砂虫が残ってるんですけど、明日の夕方釣行して残りは放流だな。

夜は釣りビジョンで「シマノジャパンカップ(投)全国大会」の番組を見る、優勝した草野さんは超遠投で8色だの9色から20センチ上をバコバコ釣っていた、気持ちいいだろうな~をれには届かないけどね・・(^^♪

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大会の下見がてら釣行するも... | トップ | 波口バコバコは成らず、通常... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。