ジージのドイツ花便り

ドイツで撮った花の写真を紹介したいと思います。

カリョプテリス・クランドネンシス

2016年10月16日 | 花散歩

花を検索したい方は、左のカテゴリーより
「花の名前による検索」を選んでください
花の名前でも写真でも検索できます
でもジージの撮った写真だけですから

今日の花は、カリョプテリス・クランドネンシス、
学名は、caryopteris clandonensis です。
カリガネソウ属の花で、ダンギクに大変よく似ているのですが、
葉の色、模様が一致しないので、学名のカタカナ読みにしました。
ダンギクにも模様のある葉があるかどうかわかればいいのですが。
9月23日に撮影しました。




この葉が問題なのです。
ダンギクにもこのような模様の入った葉を持つ種類があるのでしょうか?







カメラがまだ手に馴染んでいませんね。
ピシッと決めたいのですが。







もう少し経つと手に馴染んできますので、
しばらくお待ちください。

はい、お別れの花になりました。




皆様、カリョプテリス・クランドネンシスはいかがでしたか?


本日もジージのブログを訪問していただき
ありがとうございました
またの訪問をお待ちしています
どうぞお気軽にコメントください

では次回まで  


皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています。
あなたのブログは大丈夫ですか?
これは goo ブログだけでなく他のブログにも対応しています。
海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が
あるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください。

インターネット閲覧履歴の削除について知りたい方は、
こちらをクリックしてください。


ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シセンハギ | トップ | サルビア・グルティノーサ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夢芝居 ♪ 小椋佳 (あQ)
2016-10-16 05:35:27
https://www.youtube.com/watch?v=7aO3elFRHRU

https://www.youtube.com/watch?v=7Vl9CBRO4Yc 

この花は“ダンギク(段菊)”と“カリオプテリス・モンゴリカ〔C. mongholica〕”との雑種と言われる“カリョプテリス・クランドネンシス”の園芸品種である“サマーソルベット”のようです。
“リョプテリス・クランドネンシス”との違いは葉っぱに黄覆輪の斑が入る事です。
http://garden-vision.net/flower/tagyo/caryopteris.html

“カリョプテリス・クランドネンシス”は別名を“ハナシキブ(花式部)”とも呼ばれ、耐寒性に優れ草花というより木に近い植物ですね。
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-hanashikibu_large.html

ダンギクと言うと歌舞伎の團菊祭を思い浮かべるのは、歌舞伎好き所以でしょうね。(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=OHofq1FvHV0

https://www.youtube.com/watch?v=J0TWJjx75Zg

初お目見えとは、本名のまま初めて舞台に出ることで、芸名がつくと初舞台となります。(微笑)
夢芝居 (ジージ)
2016-10-17 01:14:00
あQさん こんばんは
撮影したのはロキ・シュミット庭園で、幸運なことにこの花の前に名札が出ていたので、学名がわかりました。
学名から手を変え品を変えして探したのですが、あQさんが貼り付けてくれたリンクには当たりませんでした。
でももし当たったとしても、頭の悪いジジイには皆目わからなかったでしょうね(笑)

ダンギク → 團菊祭は歌舞伎好きだからこそでしょうね、僕には結び付けられません。
初お目見え、それでタイトルに結びついたわけですか、難しかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。