ジージのドイツ花便り

ドイツで撮った花の写真を紹介したいと思います。

ベニカノコソウ

2016年11月07日 | 秋の花

花を検索したい方は、左のカテゴリーより
「花の名前による検索」を選んでください
花の名前でも写真でも検索できます
でもジージの撮った写真だけですから

まだ再スタートとまでは行きませんが、
出来るだけ毎日更新するつもりでいますので。

今日の花はベニカノコソウ、学名は centranthus ruber です。
学名を検索したらベニカノコソウという和名が出てきましたが、
この名前が合っているのか、どれくらい流通しているのかはわかりません。
10月16日に撮影しました。




レッドバレリアンという名前でも呼ばれているようですが、
ベニカノコソウとどっちが一般的なのでしょうか。







この花を撮った時季は少し遅かったようですね、
枯れた花がかなりありました。







赤い花ですが、かなり控えめで、
派手な赤より個人的には好きな色です。

はい、お別れの花になりました。




皆様、ベニカノコソウはいかがでしたか?


本日もジージのブログを訪問していただき
ありがとうございました
またの訪問をお待ちしています
どうぞお気軽にコメントください

では次回まで  


皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています。
あなたのブログは大丈夫ですか?
これは goo ブログだけでなく他のブログにも対応しています。
海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が
あるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください。

インターネット閲覧履歴の削除について知りたい方は、
こちらをクリックしてください。


ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月のマーガレット | トップ | ヒマラヤユキノシタ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤い花白い花 ♪ ダ・カーポ (あQ)
2016-11-07 08:48:11
https://www.youtube.com/watch?v=JBGAvkWCjLY

https://www.youtube.com/watch?v=1dz0hxeTt5A

https://www.youtube.com/watch?v=R08SdXZYBdo

ジージ様、おはようございます~そして、こんばんは。

南ヨーロッパや北アフリカ、西アジアなどが原産の“ベニカノコソウ(紅鹿の子草)”は、オミナエシ科ベニカノコソウ属(ケントランツス属)の多年草。
日当たりが良い乾燥した荒れ地を好み、半日陰でもまあまあ育つようですが、湿気と高温は苦手。
温かい地方では多年草扱いで、寒冷地では地上部は枯れますが、翌年再生することも有るようです。

ヨーロッパではハーブとして扱われ、ドライフラワーにもするようです。
日本には明治中期に渡来したようで、花期は5-8月頃。
園芸品種では“セントランサス”などとも呼ばれ、英名では“fox's-brush ”や“red valerian”。
残念ながら私が気づかないためか、あまりお目に掛かったことがございません。
http://sikihana.exblog.jp/19508871/

http://tree.shiny-garden.com/post-7975/

http://www.e878.net/shopdetail/000000009401/
赤い花白い花 (ジージ)
2016-11-08 02:17:08
あQさん こんばんは
ベニカノコソウを前回掲載した時には Alba 白でした。
それでもベニカノコソウ、レッドバレルリアンなのでしょうね。
白いムラサキクンシランがあるように(微笑)

あQさんでもあまりお目にかかったことがないのですか。
日本では少ないのかもしれないですね。

リンク先の画像は、全て僕の撮った花よりいいですね、ショボン

コメントを投稿

秋の花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。