ジージのドイツ花便り

ドイツで撮った花の写真を紹介したいと思います。

プレイオネ属の花

2017年07月10日 | 花散歩

今日紹介させていただくのはプレイオネ属、
学名は Pleione ですが、種類は特定できませんでした。
ラン科の花で、独特の雰囲気を持っています。
6月14日に撮影しました。




プレイオネ属の花は日本で育て難いそうですね。
耐暑性に欠けるそうです。







その点ハンブルクは夏でも暑くないですからね、
地植えでも大丈夫なようです。







花の中を見たかったのですが、
柵で囲ってあったので無理でした。

はい、お別れの画像です。




皆様、プレイオネ属の花の花はいかがでしたか?


花を検索したい方は、左のカテゴリーより
「花の名前による検索」を選んでください
花の名前でも写真でも検索できます
でもジージの撮った写真だけですから

本日もジージのブログを訪問していただき
ありがとうございました
またの訪問をお待ちしています
どうぞお気軽にコメントください

では次回まで  


皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています。
あなたのブログは大丈夫ですか?
これは goo ブログだけでなく他のブログにも対応しています。
海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が
あるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください。

インターネット閲覧履歴の削除について知りたい方は、
こちらをクリックしてください。


ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカバナ | トップ | スイセンノウ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この花・・・ (ピョンピョン)
2017-07-10 09:45:22
シラン(紫蘭)とは違うのですかね?
日本で育てるのが難しいのだったら、違うかもしれませんが・・・

うちの庭には、ほっといても5月ごろにいっぱい咲きます。
周りでもよく見かけます。
白もありますが、シランではないのでしょうか・・・
大変よく似ています (ジージ)
2017-07-11 01:17:16
ピョンピョンさん こんばんは
プレイオネ属の画像検索をなさったでしょうか?
それと、シランの原産国を調べましたでしょうか?
両方とも大変よく似ているので、僕の特定違いかもしれませんが、
シランは日本、台湾、中国原産で、ヨーロッパにはないのです。
プレイオネ属はヨーロッパから東アジアの寒冷地にまで広がっていて、
日本では時に洋ランとして出ていることもあるようです。
書きましたように、大変よく似ていますし、僕の特定間違えかもしれませんが、
おそらくプレイオネ属の花ではないかと思われます。

コメントを投稿

花散歩」カテゴリの最新記事