ジージのドイツ散歩

散歩中に見た物を写真に撮って、記事にしています。

旧アルトナ駅舎の周辺

2017-05-26 | ハンブルクの散歩

今日は旧アルトナ駅舎の周辺を見てから
エルベ川の見える高台に行きますね。
まずヴィルヘルム1世の写真からご覧ください。







ヴィルヘルム1世については説明が書いてあったのですが、
足元にある2つの像に関しては何も書いてありませんでした。







では旧駅舎を見ましょう。







かなり大きな建物です。
レンガが敷いてある地面が先ほどの雷雨でかなり濡れています。




入り口、右上にあった像をアップでとってみました。
では駅舎の裏側を見てみますね。




裏側全体は写真に入らないし、
今の時期は木が茂っているので、
エルベ川方面に道路を渡ってから撮りました。
ではエルベ川が見える高台に行ってみましょう。







手に持っているのはオールでしょうね。
しかし色々な場所にオブジェ、像が作られています。







今見ている辺りは工場地帯ですね。




オフィスビルですが、船の形を模して作られています。




こんな所まで遊覧船が来るんですね。




これはシャトルフェリーです。

いつもはここから高級住宅街に向けて歩くのですが、
この日はエルベ川まで降りていくことにしました。
次回はその模様を記事にしますね。


今日もジージのブログを訪問いただき、
ありがとうございました。
どうぞお気軽にコメントください。
では次回まで  


皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています
あなたのブログは大丈夫ですか?
これは goo ブログだけでなく他のブログにも対応しています
海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が
あるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください

閲覧履歴の削除方法を知りたい方は、こちらをクリックしてください


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルトナ駅から旧アルトナ駅舎へ | トップ | 海鮮レストランから遊覧船桟橋へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エルトベアートルテ)
2017-05-26 10:36:12
雷雨で、ジージさま、ぬれたりはなさいませんでしたか。
風車が活躍していますね。
船の形のオフィスビルはハンブルクらしいですね。見事にまわりの風景に同化していますね!
しっかり用意してありました (ジージ)
2017-05-27 02:46:38
エルトベアートルテさん こんばんは
この日の前後は雷雨が多かったので、それなりの準備と心構えがあったので大丈夫でした。
ご心配ありがとうございます。

風車は風景を壊すので、住宅地には建てませんが、工場地帯ではよく見ますね。
日本で風力発電を使うと効率が悪いですけれども、ドイツでは効率のいい発電方法なので、かなり使われています。

あの船の形を模したオフィスビルは、後ろから登れるようになっています。
僕も登ろうかな、と一瞬思ったのですが、登っている最中にひっくり返ったら大変なので止めました。
なにしろ年ですから(笑)

コメントを投稿

ハンブルクの散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。