ジージのドイツ散歩

散歩中に見た物を写真に撮って、記事にしています。

ヴィルヘルムスブルク市庁舎から運河へ

2017-07-27 | 運河沿いの散歩

東京も多少涼しくなってひと息ついたようですね。
ハンブルクはお昼まで雨が降っていて、
その後も雨の予報だったのですが、
雨がいち時止んだので、途中で降られてもいいように、
傘を持ってヴィルヘルムスブルク駅へ向かいました。




この頃にはもう青空も見えていました。
ヴィルヘルムスブルク市庁舎です。
詳しくは調べていませんが、市庁舎があると言うことは、
以前はハンブルクの行政管轄外だったのでしょうね。

中央左右にある物をズームアップしてみますね。




これがヴィルヘルムスブルクの紋章でしょうか?
僕の趣味じゃあないですね。




ハンブルクの紋章ですが、こちらも傾いています。
ドイツ人にしては珍しいですね、しっかり立てて欲しいです。




うれしいですね、まあハンブルクの天気予報はあてにならないですけれども。




市庁舎に背を向けると、この光景が広がります。
今日はこの運河沿いを散歩する予定です。




左手にあった建物ですが、今まで調べたことがなかったので、
訪問する気になりました。




夫婦らしいお二人が日向ぼっこをしていましたね。
ドイツ人は、晴れるとすぐ日に当たりますから。




競技用のようなカッコいいカヌーが来ました。
右手側にはこれ以上いけないので、Uターンします。




この建物は 「 市民の家 」 と書いてあったのですが、
休館中でした。
食事処も兼ねているようです。




写真を撮っている時には、高性能な競技用カヌーだと思っていたのですが、
自宅のPCモニターで見たら、カヌーの両側にフロートが付いているのです。




フロートが付いているカヌーは今まで見たことがありません。
トレーニング中なのでしょう、このカヌーをあとで何回か見ます。
さて、では運河沿いを歩き始めましょう。




ここにも “ ハナイ ” がありましたが、
これでは近づけないですね。




僕は運河の右側、右岸を歩いていたのですが、
左岸の方が緑は多そうです。




右岸はこんな感じで悪くはないのですが、
この道の右、高い場所を自動車専用道路が通っているので、
うるさいんですよ、ですから左岸に行きたいのですが、
それは次回の話にしますね。





今日もジージのブログを訪問いただき、
ありがとうございました。
どうぞお気軽にコメントください。
では次回まで  


皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています
あなたのブログは大丈夫ですか?
これは goo ブログだけでなく他のブログにも対応しています
海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が
あるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください

閲覧履歴の削除方法を知りたい方は、こちらをクリックしてください


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝶よ、花よ | トップ | 道の選択間違い »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残酷な天使のテーゼ ♪ MAX (あQ)
2017-07-27 07:00:10
https://www.youtube.com/watch?v=SsVLSkVCngw

女性の乗っているのは何でしょうね~不思議な乗り物です。

このボートは広義ではカフーなのでしょうが、クローズドデッキのタイプですのでカヤックともいえます。
でも、スワローム競技のカヌーでは、クローズドデッキが採用されております。
http://outdoor.ymnext.com/canoe-01.html

ボートの両側に有るのは、アウトリガーと呼ばれる本来はカヌーの波除ですが、どう見ても安定用のフロートですよね。
一番不思議なことは、漕ぐ道具はダブルブレードやシングルブレードなどのパドルではなく、池のボートなどでお馴染みのオールです。
さて、このボートは、いったい何なのでしょうね。(笑)
https://matome.naver.jp/odai/2141024711698169601

昨日は、ほぼ完全に休養日といたしました。
休みと思ったら気が抜けたのか、一日中リビングのソファーで眠っておりました。
頑張り過ぎのジジイは、早くも夏バテと精神疲労がMaxに達してしまったようです。(苦笑)

家電話は元々留守電にしており、ナンバーディスプレイで番号表示させ、必要と思われる電話に応答しています。
振り込め詐欺被害が多い東京ですので、ジジババには留守電にすることを勧めております。

本日は、海老蔵と4歳の息子“堀越勸玄(ほりこし かんげん)”君の宙乗りの最終日なのです。
午前中に出来るだけ用事を済ませ、車で歌舞伎座に出掛けて参ります。

夜の部の切符は早々に“sold-out”しましたので、眠らないよう頑張って観て参りたいと存じます。
http://ameblo.jp/greenseason-izumi/entry-12294181445.html

https://www.youtube.com/watch?v=koJxT4L23TU

https://ja.wikipedia.org/wiki/MAX_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97)
半島K-POPの“KARA”はこの“MAX”のパクリ劣化版なんです。

https://www.youtube.com/watch?v=s2EQm6WPMHs
Unknown (エルトベアートルテ)
2017-07-27 11:28:09
立派なヴィルヘルムスブルク市庁舎ですが、紋章のデザインがマンガチック!お堅いイメージがあるドイツですが意外な印象ですね。
ヴィルヘルムスブルク市は郊外にあるのでしょうか。緑が多いですね。
珍しいカヌーに乗る女性、たくましそうです。
残酷な天使のテーゼ ♪ MAX (ジージ)
2017-07-28 03:56:36
あQさん こんばんは
MAX、知らないグループでした。

>女性の乗っているのは何でしょうね~
この乗り物をずっと考えていたのですが、カヌーやカヤックではなく、シングルスカルではないでしょうか。
https://www.bing.com/images/search?q=%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%ab&FORM=HDRSC2

http://www.meijiyasuda-boat.jp/team/gallery/?y=1999

競技用のシングルスカルはお尻をボートに乗せるだけで、掲載した写真のようにはなっていません。
ですからシングルスカルの練習用バージョンではないか、との結論に達しました。
どうお考えでしょうか。

半島人はいくらなんでも Scandal はパクれないでしょうね(笑)
紋章 (ジージ)
2017-07-28 04:03:22
(エルトベアートルテさん こんばんは
ドイツらしくないですよね、笑ってしまいそうです。

ヴィルヘルムスブルク市は、ハールブルク市よりも多少都心寄りにあります。
インゼルパークのすぐ近くですから。

>珍しいカヌーに乗る女性、たくましそうです
あれを調べた結果、カヌーやカヤックではなくて、競技用ボート、シングルスカルの練習用バージョンではないかと思います。
ですから何かの大会のために練習をしていたのではないでしょうか。
かなり苦しそうな表情をしていましたから。

コメントを投稿

運河沿いの散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。