ジージのドイツ散歩

散歩中に見た物を写真に撮って、記事にしています。

小雨の日の散歩

2017-05-11 | ロキ・シュミット庭園の散歩

これはアルスター湖の記事以前に撮ったのですが、
記事にしないつもりいましたけれども、
思い直しました。
半分休憩だと思って、オセンベイを食べながら、
お茶でも飲みながら見てください。




ロキ・シュミット庭園に入る前の花壇です。
八重桜がかなり散っていて、きれいでしたね。
花壇のピンク色は、エゾムラサキです。







この日は天候も影響していたのかもしれませんが、
かなり落ち込んでいました。
写真にすると、細部を写すことはできるのですが、
人間の目には敵わない、と思っていたのです。







このように、葉の細部まではっきり見えます。
ではこれはどうでしょうか?




これだとシャクナゲがきれいだな、それだけです。
でも肉眼だと、シャクナゲが浮き出てくるし、
バックの緑ももっと繊細な色なのです。




これもそうですね、薄紫色のシャクナゲはきれいですが、
平らにしか見えません。
周囲の緑も暗部と明部が暗い、明るいと区別されてしまいます。
でも実際に見ていると、自分の目は自動的に
きれいに見えるようにしてくれるのです。




まあ、ちょっと今日は沈んでいましたね。
風景を撮ると問題はないのですが。
しかし撮っている人の気分が画像に表れます。
なんとか楽しんで撮るようにしますから。


今日もジージのブログを訪問いただき、
ありがとうございました。
どうぞお気軽にコメントください。
では次回まで  


皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています
あなたのブログは大丈夫ですか?
これは goo ブログだけでなく他のブログにも対応しています
海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が
あるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください

閲覧履歴の削除方法を知りたい方は、こちらをクリックしてください


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外アルスター湖と水鳥 | トップ | 気になる木 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御意見無用 ♪ ザ・モップス (あQ)
2017-05-11 11:29:59
https://www.youtube.com/watch?v=CAsgCy8aPzc

https://www.youtube.com/watch?v=EIWaOLkKAuw

おやおや! ジージ様は本日の「小雨の日の散歩」の記事は、掲載されない予定でしたか。
何か今一つ気分が乗らなかったのが原因でしょうか。
ひょっとして、私の“憂鬱”が移ったという事ではありませんよね。
それはともかく、人間は感情の動物ですから、そんな日もございますよね。(笑)

私の勝手な想像ですが、8枚の写真を拝見しジージ様のお話をお読みする限りでは、雨続きの天候で写んぽも儘ならない苛立ちと、空模様から来る発色の問題、それに写す技術云々を越えた写真の限界、そして何より毎日のブログの更新がストレスになっておられるように感じられます。
「当たらずしも遠からず」といったところでしょうか・・。(微笑)

>なんとか楽しんで撮るようにしますから。
 はい! その通りですね。私の出した結論も同じです。
家族や多くの柵のため、真剣に仕事に打ち込んで来られた世の男性達が、リタイヤしてから別の事に取り組みだすと陥りやすい症状が“頑張り過ぎ”のようです。
自分としては、それだけ真面目に仕事に精を出していたという事だと解釈しているのですがね。(笑)

写真と人の目の違いは致し方ないことで、往々にして高級機種に替えればとかで大枚を注ぎ込む事になります。
幸いジージ様は、人の目との違いに着眼されておられるので、そのような愚行に嵌ることは無いですね。
(既に経験済みとか~笑)
人間の脳は、その人(脳)の経験値により今見ている被写体をその人なりの姿として表現します。
言い換えると、人はそれぞれ同じものを見ても脳の経験値により違ったようにも見えるという事です。
CCDは単純に、その情報を映し出すだけですので、その表現された情報を判断する人によって物足りなさを感じる事となるようです。

ニュースなども人が原稿を書きますので、書き手の思想や感情が移入され、色付けされた情報となります。
以前の多くの日本人は、そういった情報を単純に信じてしまう所謂「平和ボケのお人良し」でしたが、最近は少し変わって来たようにも見えます。
犬HKとしての見解はそう言う事なのね~とか、貴方のところは“アサヒる”訳ね~とシビアな目で見られるようになってまいりました。
日本人もその分野においては、やっと“global standard”に近づいたとも言えるのかもしれませんね。(笑)
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%92%E3%82%8B

大写しにされたモミジの赤が美しいですね。
でも、心なしかその姿が“うな垂れて”見えるのは、写し手のジージ様の心の投影なのか、はたまた拝見している私の気持ちのせいなのかは解りかねますがね。(爆)
Unknown (エルトベアートルテ)
2017-05-11 11:36:36
気持ちが写真に表れてしまうとおっしゃるジージさま、私も、きっと気分の良し悪しで、無意識にその感情でいろいろな物を見ているのだと思いました。
気分の浮き沈みは誰でもありますよね。

でも、庭園の前の花壇のチューリップがかわいかったですし、薄紫のシャクナゲも見事です。充分に目の保養になりましたよ。ありがとうございます♪
ザ・モップス (ジージ)
2017-05-12 02:10:52
あQさん こんばんは
掲載の画像は、個人の趣味に偏り過ぎているのではないか、と思ったのですが、
逆にそのような物も “いいじゃないか” と思い直したのです。
ブログの更新がストレスになっていた時期もありましたが、今はなんでもありませんから。

以前使用していたニコンが壊れて修理に出した時、最新機種を買ったので(昨年11月)、
これが壊れるまでは買い替えはナシです(笑)

モミジはシャキッとしていますよ~(笑)
気持ちの浮き沈み (ジージ)
2017-05-12 02:23:51
エルトベアートルテさん こんばんは
この日は、初めはなんとなく沈んでいましたね、でも撮り始めればいつも通りでした。
人間誰でも気持ちの浮き沈みはありますから、普通に生活していても、
なんとなく憂鬱さを感じることもあります。

ロキ・シュミット庭園の入り口前は、冬以外はこのようにきれいですから。
次回ドイツ、ハンブルクを訪れた時に、行く価値はあると思います。

コメントを投稿

ロキ・シュミット庭園の散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。