ジージのドイツ散歩

散歩中に見た物を写真に撮って、記事にしています。

なんとかインゼルパークを撮りました

2017-04-19 | インゼル・パークの散歩

すごく悲観的な書き方ですが、それが本音です。
昨日の天気予報では、今日は晴れ、時々曇りだったのに、
今朝の予報では曇り、時々雨だったのです。
でも今日は傘を持って、絶対に撮るつもりでした。
しかしお昼過ぎても雨。
遠くへは行けないので、インゼルパークに行こうと腰を上げました。




僕は別の日に撮った写真を載せないのですが、
これは昨日撮った写真で、きれいな青空が見えています。
それでもインゼルパークに着いたら雨でしたから。




そして今日は、というと、こんな天気。
これはインゼルパークに着いてから撮りました。







これはモミジかカエデの種類でしょうか。
落葉しますが、それ以外いつもこの色なのです。




これがメインの通りです。
今日は、蝶がいるかもしれない、それから
バラが進展を見せているかもしれない、と思っていたので、
日曜菜園の横の道を歩きました。




この右にある小川によくトンボが来るのですが、
まだ季節には少し早いですね。
蝶もいなかったし、バラもまだまだ、
しかしチューリップがかなり咲いていました。




ピンク色の 「 噛み付きそうなチューリップ 」 ですが、
どれもまだ蕾でした。
今週末辺りに開花するのではないか、と思っています。




寒かったし、この道を寂しく感じました。




上の写真だとやや上、やや右に見えますね。
菜園の間の空き地に咲いていました。




やはり寂しい写真ですが、右上にチューリップ畑が見えます。

次回は、菜園の間にある別の道を紹介させてください。


今日もジージのブログを訪問いただき、
ありがとうございました。
どうぞお気軽にコメントください。
では次回まで  


皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています
あなたのブログは大丈夫ですか?
これは goo ブログだけでなく他のブログにも対応しています
海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が
あるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください

閲覧履歴の削除方法を知りたい方は、こちらをクリックしてください


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨続きのハンブルク | トップ | 日曜菜園はタマゴだらけ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たしかなこと ♪ 小田和正 (あQ)
2017-04-19 08:33:58
https://www.youtube.com/watch?v=dJ9ve_EGYmw

https://www.youtube.com/watch?v=EWZhnHK4p38

https://www.youtube.com/watch?v=A7NW5i2IO_E

「なんとかインゼルパークを撮りました」
そのようですね。本日の写真から、そんな雰囲気が伝わってまいります。

理由1 全体的に写真の発色がイマイチ。
理由2 天気を気にされて、急ぎ足での撮影のように感じます。
理由3 チューリップの蕾は天気が悪いので、日中にも関わらず開いていないようにも見えます。

雨の降りだしを気にされての急ぎ足での撮影、お疲れ様でした。
上から目線で、決して「ご苦労様」とは言いませんので・・。(笑)

>二日酔いで、コメントの構成に失敗しておりますね。今日は上手く行かないまもしれませんね。
 昨日は、やはり悲惨な状態になりました。
本人は普通のつもりでしたが、進行役での参加者の反応がイマイチ、イマニ。
すっかり自信を喪失し、魔法が解けた事もあり引退を決意いたしました。
お仲間に迷惑を掛けないように配慮しつつ、なるべく早く引退するつもりですが、今日も会議に参加するので憂鬱です。

何でも楽しくなければ、やる価値が無いですから、引退が正しいと思いますが、角が立たないように軟着陸させるのは骨が折れそうです。
名刺裏に、役職を一杯連ねていらっしゃる方もおられますが、そんな事をすることなく「老兵は死なず、ただ消えゆくのみ」のようです。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1501G_Y1A011C1000000/

https://www.youtube.com/watch?v=lFh2aCVRHnE

>軍事クーデターでも起きれば面白い、と思っているのですが、僕がドイツに住んでいるので、そう考えることが出来るのかもしれないですね。
 北のクーデターは難しいでしょうね。
密告奨励の恐怖政治体制を敷いていますので、そんな話が有っても誰も本気で同調は出来ないでしょうから。
報奨金目当てのガセネタが横行していそうですし、第一自分以外、家族でさえ信じられそうに有りませんからね。
半島民族を統治するのには、一番確実な政策を行っているのが北朝鮮だと言えるとおもいます。

戦争が始まったら、前回のように半島民が大量に日本に流入して来ることが予想されます。
日本人への犯罪行為は構わないと考えている輩の大量流入は、治安の悪化と国民の経済負担の増加というデメリットのみしか発生しない気がいたします。
中国の国境警備のように、有事の際に侵入者は「皆殺し」ってわけにはいきませんからね。(笑)
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/03090551/?ui_medium=http&ui_source=ameba&ui_campaign=link_back&all=1

https://www.youtube.com/watch?v=gkQhowO_sMk
Unknown (エルトベアートルテ)
2017-04-19 12:34:24
雨の中、撮影した写真をアップしていただき、ありがとうございます。
大写しになったチューリップは花びらが特徴的ですね。咲いたら楽しみですね。
お天気が悪くても、チューリップの群れは春を感じさせてくれてちょっとうれしくなりますよ♪
たしかなこと (ジージ)
2017-04-20 02:11:38
あQさん こんばんは
全てお見通しですね、おっしゃる通りです。

>何でも楽しくなければ、やる価値が無い
そうですね、やりたい、と思う気持ちが動かなければ価値が無いと思います。
ただのめり込み過ぎも要注意だと思います。

半島問題は、考えれば考えるほど複雑に広がって行きますね。
中国の中でも旧満州地域では北に物資を送っているようなことも読みました。
人の不幸を望んではいけないのですが、北の、あの方がいなくなれば、と思ってしまいます。
半島難民の日本への流れ込みは、対策を考えないとひどいことになると思うのですが。
何につけ、半島問題はイヤですね。
写真 (ジージ)
2017-04-20 02:14:56
エルトベアートルテさん こんばんは
撮影した写真はもっとあったのですが、花を撮った写真がかなりあって、
ドイツ散歩に載せられる画像が少なくなってしまいました。
僕としてはドイツ散歩の記事を念頭に入れてあったのですが。

あのチューリップの種類は、2~3年前から増えてきましたね。
ピンクだと可愛いのですが、中には怖くなる色もありますから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。