ゑびす丸 大漁小言

陸前高田の釣り師、ゑびす丸の船頭ブログです。

雄叫び

2017-05-06 | 日記
釣れない広田湾。
昨年のクリスマスから、さっぱり釣れない広田湾は、しかしながら渾身の一枚を
上げようとする釣り師の羨望の的になってます。
数釣りに飽きた釣り師や、トーナメントの鍛錬用にと毎週欠かさずやって来ます。
釣れないなら釣れないなりに賑わうもんですね~

さて、連休最初の30日は仙台漁礁でシマノ杯の練習。
68枚で何とか掴めたかな~
オラより釣った方々は、電動リールに3本の替え仕掛けと、周到といより、ずるいな!
と思わずにはいられなかったけれども、まあ、彼らとは目的が違うからね~

自作3本バリは、漁礁初回挑戦時の失敗からショートの3本。
朝一発目は、エッグボール、シモリにケミ蛍とアピール満点。
仕掛けの長さ分きき上げてからの2枚掛けを練習。
上針に飛びつくマガレイをはじきつつ、う~ん難しい。
漁礁はとにかく多点掛けと手返しとはその通りですな。

明けて連休3日間は、広田に小遠征。久しぶりの泊沖ホタテロープ間での流し。
これまた、久しぶりの広田湾での数釣りとなりました。
凪が悪くなってからは、脇ノ沢カキいかだで、渾身の一枚釣り。
せっせとホヤごみを集め、巻いていた効果が時合とともにやって来ました。
45超えが6枚。

え、6枚すか?
とは聞かないでください。今年の広田湾はまさに、この6枚を上げるためのプロセスが
大事なんです。
初めて乗った地元先輩も満足でしたでしょうし、この日暇を持て余す予定だった
マンボウ小松氏もご満悦の雄叫び。

中日は前沢からのお百姓さんが、これまた数釣りでエサ無くなり。
最後の1パックで45超え2枚で雄叫びを上げました。

3日目は数釣りを早めに引き上げての、渾身の一枚に専心。
まあ、引き上げざるを得ない状況だったんですがね。

というのも、この数釣り場所は千田船頭がやっとこ見つけて、足しげくゴミ撒きに通った場所。
うるさい広田師連中が、ロープ掛りを許すはずもなく、流しでやるしかない。
ところが、ぽっと出の休日釣り人が掛りやがった。

オイ、すがんなや。といっても、怒られたら止めればいんだと、おふざけ調子で聞く耳を持たない。
イラッと来るぜ全くよ。そういう問題じゃない。

述べたように、悟がせっせと開発した場所で怒れる広田師が、ここらに来んなとなったらどうすんだよ?
これが元で養殖施設内での遊漁禁止となったら、誰も釣りできなくなんだぞ。
しかも悟はアンタの甥っ子だべよ。アンタの義弟はおらの同級生だぞ。
それら全部ぶち壊す気か、テメエはよ!

とまあ、そんなんだったから、仕方なくそいつらを引き離すためにも早めに渚移動したんです。
ここで、2時間のプロセスがあっての47は、それこそ渾身の一枚です。

40前後を数枚上げるお客さんタイム!と囃しつつ、突端落ちさせるマコと雄叫び。
最後は持ってくな~と肩を落とされました。
いやいや、露払いなどではありませんよ。立派な腕前です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辛抱強く | トップ | 根室紀行 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
50cm超えるまで (turitom58)
2017-05-06 22:11:44
毎度様でした。
小遠征を早々と切り上げ
いつものかかりで
33~38㎝各1枚
42~45㎝計5枚
この日いかだかかりで
合計7枚地合いが、来るまでの
ロングな待ち時間にめげず
竿を振る事幾時間地合いは、突然訪れました。
きっちり正午でした。
本当に辛抱な我慢の釣りでした。
きつい・辛い・忍耐強く
私の嫌いな言葉ですが、
デカマコ釣では、いつか来るだろう50cm超が、来る事を願って腕磨きに通わせて貰います。
PS.moto-kyokutyou-w気を使って下さい。
漁師は、生活かかってるんだからマジ。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。