ちゃあちゃんのへや

SiriusとAldebaranとPolaris

富山市議選

2017-04-18 10:28:30 | 日記

ニュースで富山市議選の結果を見た。

疑惑で辞職した議員で多くが当選した。

最も熱心に追及していた共産党は議席半減。

トップ当選した議員がいたが、それはそれとして全体的に後退したのは痛い。

また、自民会派が過半数という結果である。

 

考えてみるに「保守的」な地域で、疑惑追及に拍手を送る人もいるが

「地域の恥」を全国に撒いたと考える人のほうが多数であったと考える。

 

よく、災害で家屋を失った人の話をニュースで聞くと、「先祖」に対して申し訳がないと。

北海道と言う地方では考えられない、と思うが単なる私の考えか。

 

いずれにしても自分の懐を肥やすこと、或いは法で定められたことから逸脱することは

「悪いこと」だという考えがまるでない。

周りが、特に新聞が書き立てるから、テレビが連日報じるから、そのことをもって

辞職したり、謝罪したりと。

 

選挙になれば何食わぬ顔をして出てくる。

支援者も「おらが先生は何も悪いことはしていねえ」と。

 

この国における旧態依然とした因習がいまだに大きく幅をきかせている。

 

地方創生担当大臣が「とんでも発言」でお騒がせ。

翌日、謝罪・撤回。

 

これまで幾度も見てきたパターンだ。

本人の意思はいささかも変わっていない。

 

大臣としての資質を云々するならもはやその術はない。

そしてそれは選挙民の政治的なレベルでもあるから。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このレンズで何を撮る? | トップ | 低気圧の接近 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。