ちゃあちゃんのへや

SiriusとAldebaranとPolaris

大統領選

2017-04-20 11:49:06 | 日記

いよいよフランス大統領選投票日が迫ってきた。

「極右」ルペン氏が先頭を行く。

フランスに住むイスラム系移民二世などが危惧を覚えている。

何としてもルペンだけは大統領にしてはならないと。

 

だが、仕事を追われ、仕事に就けない若者が多いのも事実だ。

EUをドイツとともに作り上げたフランスがその危機にある。

 

大国はEUにより発展したことは確かだ。

恩恵にあずかることのできない小国も多数ある。

一国の中でも宗教あるいは民族の違いで対立を深めている現状もまた間違いない。

 

資本主義という政治と経済の枠組みから抜け出す方策が今こそ求められている時代。

その方向へ舵を切るリーダーこそが真のリーダーではないだろうか。

資本主義はその役目を終えつつある。

 

その先を「社会主義」というかは別だ。

経済において国民の立場に立った「規制」が必要。

例えば、タックスヘイブン。

1%の富豪が99%の富を得る。

これが不都合でなくて何であろうか?

各国に共通する「格差社会」。

この差を埋めることこそが次の時代へ前進する方途ではないだろうか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 得意と言うか | トップ | 一票の格差是正 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。