ちゃあちゃんのへや

SiriusとAldebaranとPolaris

立証された

2017-06-02 10:44:24 | 日記

 【モスクワ=畑武尊】ロシアのプーチン大統領は1日、同国西部サンクトペテルブルクで外国通信社の幹部と会見した。

 プーチン氏は北方領土問題に関連し、「島々が日本の主権下になれば、理論的に米軍が駐留する可能性がある。ロシアにとっては容認できない」と述べ、日米安保条約があるもとで北方4島の返還は困難との考えを明らかにした。

 プーチン氏は、ロシアが北方領土で軍備を増強している点について問われたのに対し、米軍が韓国で運用を開始したミサイル防衛システムへの懸念を示した上で、「ロシアにとって脅威を抑えるには島(北方領土)はうってつけの場所だ」と語り、軍備増強を正当化した。

 ロシアは昨年11月、国後島と択捉島に地対艦ミサイルを配備したほか、今年2月には北方領土周辺に新たに1個師団を配備すると表明しており、北方領土の軍事拠点化を進めている。

上記はyomiuri電子版より。

 

 

これまで北方領土返還に関する私の指摘が立証された。

プーチンが四島返還となれば日米安保条約下にある米軍が基地を置くのは明らか。

だから返還できないと。

 

これは何もプーチンの時代になっての発想ではない。

終戦間際に当時のスターリン率いるソ連が「戦後」の世界情勢を見た時に太平洋へ出る「玄関」が欲しいと。

そのために、領土不拡大という取り決めを踏みにじってまで全千島の占領に至った。

 

先日のNHK-BSでも放送されたが、時の明治政府の高官であった旧幕臣の榎本武揚がロシアと交渉し

樺太・千島交換を成し遂げた。

当時のロシアにどういう事情があったにせよ正式に全千島は日本の領土となった。

お互いが交わした公文書で明確になっている。

 

自民党政権が「返還要求」できないのはアメリカと単独でまとめた講和条約で「北方領土放棄」を書き込んだからだ。

 

これほど明確にプーチンが明らかにしても北方四島での経済協力を良しとするか?

唯々諾々と安倍・プーチン会談通りに事を運ぼうとするか?

 

あまりにも情けない話ではないか。

まあ、安倍のやることだから・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LGBT | トップ | ひるおび »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。