ちゃあちゃんのへや

SiriusとAldebaranとPolaris

碧山残念

2017-07-23 18:43:04 | 日記

大相撲名古屋場所。

結びの一番で白鵬が日馬富士を下し39度目の優勝。

支度部屋で決定戦に備えて待っていたが残念。

 

最近の白鵬の取り口について舞の海が余裕がなくなってきたのでは?

これに、北の富士が余裕が出て来たのだと思うと。

 

たしかに、これまで立ち合い鋭く上手をとて胸を合わせて寄っていく、というのが形だった。

ここのところいろんな立ち合いをするようになってきた。

しかし、ここ大一番では形を作る。

今日の日馬富士戦がその見本だ。

ガッチリ右四つになられたら相手は動けない。

あとは持久戦。

先に動くのは危険だ。相手の疲れ具合を見計らって寄っていく。

 

1050勝として花を添えた。

一年以内に1100勝はまず間違いないだろう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK相撲放送 | トップ | レーダー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。