CQ TEST DE JH7QXJ

アマチュア無線 ContestとDXCC

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ARRL SSB CONTEST

2010-03-11 23:13:37 | Ham Radio
 ARRL CWは休みが取れず日曜日朝に1時間程度しかできなかったのでコンディションの把握もできずSSBを迎えた。

 土曜日朝は用事があり、外出したので1時間遅れでスタート。すでに15mは落ち気味で西側の強い局ばかりになっていた。PTTのトラブルでさらに20分ほどロスしてしまった。1時間弱ランしたが、効率が悪く20mにQSY。ここも西から中部までで局数が少ない感じ。1時間ほどでまた用事で外出。午前中で143局、マルチがほとんどできずに終了。夕方の40mに期待したが全然ダメで数十局やっただけ。

 日曜日は5時半に目覚ましをかけたが起きたのが7時半と2時間の寝坊。15mでランを開始。東海岸までは開いていなかったが、レートが200前後のペースで捌ける。クラスターに上がったのか突然小パイルとなりレートが300を超えると面白い。ハイレートは15分も続かない。8時を回ると極端に呼ばれなくなり、8時半には20mにQSY。土曜日よりコンディションが悪いのか? でもカリブの局は59+で入っている。

 20mはさすがに東海岸まで開いていて、ひたすらランをして局数とマルチの上乗せをする。午前中で488局までいき、2、3分に1局のペースまで落ち込んでしまい休憩。

 夕方の40mは前日同様、日没前はビッグステーションのみで17時を過ぎないとダメ。17時過ぎから約1時間ほどランしたが、50局程度しかできず不発に終わった。

 いつものように、月曜日の朝は出勤の支度をして6時半から始める。20mで東海岸のマルチを探しながらランもしたが、レートが悪く7時前に15mにQSY。まだ開いている状態ではなかったが、中部までは聞こえていたのでランを開始。しばらくすると、東海岸からも呼ばれるようになった。150前後のレートで呼ばれ続け、マルチも少しずつ増えていき、いい感じ。7時半を過ぎるとかなりオープンしてきたのか上下からのカブリがひどくなる。レートが落ちることがあったが、がまんしてランを続け、まだ呼ばれるのにタイムアップ。8時10分には出勤のためQRT。コンテスト終了となった。いつものようにマルチが少なく情けないスコアだった。オペ時間が少ないのもスコアが伸びない原因。

SingleOP ALL Band HighPower
QSO: 660
Points: 1,980
Multi: 106
Score: 209,880
Time: 10H07
Log: Win-Test 4.4.0

コメント
この記事をはてなブックマークに追加