CQ TEST DE JH7QXJ

アマチュア無線 ContestとDXCC

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Win-TestをV4にupgrade

2009-12-31 14:11:58 | Ham Radio
 コンテストログソフトWin-Testのバージョン4が出てから半年が過ぎて、そろそろ安定してきたようなので、まだユーロ安のうちにupgradeの手続きをした。V3からだと20ユーロなのでPayPalでの決済レートで2708円だった。

 V4からは購入手続きが変更となったようで、支払いをしないと正式版をダウンロードするためのIDとパスワードが入手できない。インストール後のレジストレーションは以前と同様にComputerCodeを送ってやる。

 V3の環境を残したいので、インストール先を指定してインストール。インストール先のフォルダ内がやけに少なくなったと思ったら、カントリーデータなどのデータファイルがすべて別フォルダにインストールされていた。別フォルダとはDocuments and settings - All Users - Application Data - Win-Testになっていた。このフォルダは隠し属性があるので通常エクスプローラーでは見えない場所なのに、なんでこんなところに置いたのだろう。VistaとWin7対応のためだろうか。

 最新のカントリーデータとSCPファイルをダウンロードしてきて、所定のところにコピーし準備完了。3日にあるARRL Roundup RTTYの環境設定を行った。設定については、V3と大きく異なるところはないので問題ない。ログファイル名を自動で付けてくれるようになったのは便利。ちょっと冗長な名前だが。見た目ではCheck Multiウインドウの下部にバーグラフのように日の出日の入りが認識できるようになっているようだが、2段になっている意味が不明。使っていくうちにいろいろと分かってくるだろう。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

SASEを受け取る側として

2009-12-29 16:57:45 | Ham Radio
 QSLマネージャーをしているのでコンテスト後1カ月くらいでSASEが100通ほど届く。SASEを受け取る側からの気になる点を書いてみました。

☆データ面にも自分のコールが印刷されているカードが良い。
☆返信用にはドル札よりIRCの方が使いやすい。
☆IRCは1枚で十分。ドルなら現在のレートだと2ドルは必要。
☆イタリアからはなぜか1ドルが多い。返信料不足は船便扱い。
☆1枚に複数年のデータが書いてあると発行が面倒。後回しになる。
☆返信封筒はワンタッチノリ付きにして欲しい。日本の局は意外と少ない。
☆返信封筒でやたら小さいものや大きいものがある。定形外となる。
☆日本の局で返信料以外にドネーションを入れてくれる人は皆無。

 数通の処理をするだけなら苦にならないことでも、1日に数十通と処理する側からするとワンタッチノリ付き封筒はありがたいです。大きさは洋型2号がちょうど良い大きさ。送付用には洋型1号を使うと折らずに入れられるので扱いやすい。運用から半年くらいでビューロに送るので請求は早めに。ビューロに送ったあとに請求が届くと二重発行となり、カード費用もバカにならない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動除雪機

2009-12-22 23:44:44 | 雑記帳
 先週からの大雪にはまいった。昨日は、帰り道がノロノロ運転と渋滞でいつもの倍の時間がかかった。家に着くと車庫前には除雪車が残して行った雪があり、入れない。スノーダンプを使って約10分除雪して、何とか車を車庫に入れた。

 3年前に玄関前と車庫前の除雪を手作業でするには、辛いものがあったので電動除雪機「スノーラピッド」を試しに買った。約4万円。電動なので固い雪には使えず、新雪専用のようなものだが、少しは楽になるかと思ったが、意外と本体を押すのに力が必要で、結構疲れる。ただ、吹き飛ばしてくれる分だけ多少は楽だった。

 3シーズン目に使っていたら途中で動かなくなり、原因不明の故障。電源が供給されなくなったようで、特にヒューズらしきものもなく、故障してしまった。さすが、中国製。濡れる機械の割には、使っているネジ類が鉄製ですぐに錆がでてくるし、作りが安っぽい。すでに粗大ゴミと化してしまった。せめて4年くらいはもって欲しかった。捨てるにも費用がかかる。

 除雪時間が短縮できれば、朝の忙しい時間で助かるかと思ったが、除雪機は開口部が狭いため何度も往復しなくてはならず、スノーダンプで運ぶのと時間的には大して変わらず効果のほどは? 今シーズンは運動を兼ねて手作業での除雪としよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新着QSL VK9NI

2009-12-14 22:52:04 | Ham Radio

Norfolk Island
2009/7/22 40m SSB
VK3HRより1カ月

40mのバンドニュー
たまたま深夜勤務から帰宅した午前4時過ぎにCQを出していたのを見つけてQSO
ほかに呼ぶ局がなくCQ連発後、QSYしていった。
QSLカードは2つ折りの綺麗なカードです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

XW1Bのパイレート

2009-12-11 22:07:07 | Ham Radio
 7月のIARUコンテスト時に28MHzCWでQSOしたXW1Bのカードが返信されてきたらパイレートとのことで残念。
 バンドニューだったのだが。ビーム方向は合っていたし、空いていたのでコールを間違えるはずはないので、本当にパイレートだったのだろう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

円高の恩恵でHeilSound製ヘッドセット購入

2009-12-09 23:50:53 | Ham Radio
 
 このところの円高の恩恵を受けようと、かねてから購入を検討していたHeilSoundのヘッドセットとフットスイッチをアメリカから購入した。購入したのは軽量ヘッドセットのBM-10-IC(ICOM用)とフットスイッチFS-2の2点。

 ヘッドセットは同じHeilのPro-SET PLUSを使っている。マルチオペでは密閉型で良いが、自宅で使うには重くて、耳の締めつけがきつく長時間使用していられない。昔、日本製の似たような製品を使っていて良かったので購入した。

 以前Pro-SETを購入したAESのページではカード決済が出来なくなっていたのでHROを見たが、こちらもカードが使えずいろいろと探したらオハイオ州にあるDX Engineeringがカード決済でき日本への出荷もやっていた。


 結局、どちらの製品も最初の2社より安かったのでここに決めた。BM-10-ICはマイクアダプターが同梱のため別売りを買う必要がない。荷物の配送業者を選択できるようになっていたので一番安いDHLを選択。BM-10が$99.0、FS-2が$38.0、送料が$37.83の計$174.83の買い物となった。一番円高が進んだタイミングで発注したので$1=88円くらいか。



 夜に注文したら、時差の関係で翌日朝には受付のメールが届いていて、昼ころには発送済のメールが届いた。1週間くらいで届くかと思っていたら、ちょうど1週間でヤマト運輸で届いた。価格が安かったので税金や手数料も取られなかった。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

新着QSL ZL7/N7OU

2009-12-05 16:40:39 | Ham Radio

Chatham Island
2009/9/20 30mCW
2009/9/22 40mCW
N7OUから3週間

30mのバンドニュー
平日では時間が合わなかったが、休日にちょうど出来て良かった。信号が強く、パイルも激しくなかったのでベアフットで交信。カードを見ると相手もベアフットだったようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加