CQ TEST DE JH7QXJ

アマチュア無線 ContestとDXCC

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

All Asian CW Contest

2009-06-24 22:43:05 | Ham Radio
 All Asian CWに参加。すでに夏型コンディションになっているので日中はほとんど聞こえず、夜間勝負のコンテスト。

 Win-Testのセッティングをし、パケットクラスターの使用が可能なためクラスター接続の準備もする。前年データの表示やデータウインドウを多く開くため2台のパソコンでネットワークを組んでみた。

 15時前に聞いてみると10mで近目が聞こえていたので4局やり、15m,20mで数十局やって休憩。いつもこのコンテストは夜間の20mがメインとなる。21時半過ぎから始めたら北米とEUが開いていた。北米にビームを向けてランニングすると、EUも結構呼んでくるのでアンテナを振るのが忙しい。結構いいペースで呼ばれたが、EUは信号が弱く数局に呼ばれるとリターンが潰されているようでコントロールが難しい。2文字取ってリターンしても応答がなく、別の局がしつこく呼んでくる。あきらめて別の局とQSOして、数局後またさっきリターンした局が呼んでいる。やはりローパワーでEUを捌くのは大変。

 途中マルチを稼ぐため40mを少しやりながら、20mで局数を伸ばす。信号が弱く、空電ノイズが1日中あって受信に結構苦労した。夜中に2度の激しい雨が降り、20分くらいずつ中断してしまった。5時半を過ぎるとCQを出しているときに寝てしまうほど疲れてしまい、もう集中力が途切れてしまい初日は500局で終了。

 日曜日も同様のコンディションで推移。夜間の20mで北米オープンを期待したが、思ったより局数が伸びなかった。22時を過ぎるとほとんどEUとなりラストスパート。月曜日は朝から仕事なので2時で終了。また、今年もマルチが取れなくて100を超えなかった。局数とマルチのバランスが悪いので、マルチを増やすことが課題。


SingleOP ALL Band LowPower
QSO: 725
Points: 1932
Multi: 98
Score: 189,336
Time: 15H53
Log: Win-Test 3.27.0

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WPX CW Contest

2009-06-02 23:11:05 | Ham Radio
 WPX CWに実に10年ぶりに参加。暦的に例年より1週間ほど遅い日程だったので花粉症も治まってきていたのと休みが取れたので参加した。ただし、右肩と背中の痛みは相変わらずでリハビリ中のため、無理はしなかった。

 1時間遅れでスタートし、15mで4局やったらもう聞こえないので20mに移り聞こえる局を全部やって午前中は終了。家人から買い物の要請があったので中断し出かける。

 午後は15時前から15mでランをしてみたが、ALL JA状態。そしたらA73Aが呼んできた。その後YBに呼ばれて終了。20mにQSY。アジアばかりでポイントが伸びない。まったくコンディションを把握していないので何時からどの方面が開けるのか分からず、こんな時に限って電話は来るわ、客は来るわで身が入らず。夜は20m-80m-40mと渡り歩いたが局数が伸びず1時過ぎには寝た。

 日曜日の午前中10m-15mでアジアだけだがそれなりに呼ばれた。しかし、レートは40前後と低調。午後はいろいろと用事を済ませ夕方から再開。土曜日はこの時間の40mを聞かなかったので呼びに回ってみると、中米とカリブが聞こえる。なぜかパイルになっていない局が多く、簡単にゲットできた。20mで夜のヨーロッパに期待したが、信号は弱くコピーが大変。その中でV55Xが呼んできたが、信号は強くびっくり。予期せぬコールで一発でコピーできなかった。

 全体的に低調なコンテストだった。他の局は結構できているところを聞くと出る時間を間違えた感じ。特に北米方面がほとんどできていない。10年ぶりだったのでどうも波に乗れず終わった。

SingleOP ALL Band LowPower
QSO: 310
Points: 704
Multi: 202
Score: 142,208
Time: 10H45
Log: Win-Test 3.26.0

コメント
この記事をはてなブックマークに追加