CQ TEST DE JH7QXJ

アマチュア無線 ContestとDXCC

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タワーのケーブルガイドが曲がってしまった

2009-02-07 17:34:52 | Ham Radio


 先日、強風が吹いて自動的にクランクダウンしたときに同軸ケーブルがステージに引っ掛かり、その影響で一番下のケーブルガイドアームが曲がってしまった。

 何度も強風による自動クランクダウンがあったが、ケーブルまで風に振られてしまうことがなく安全に降下していたのだが、今回は突風のような吹き方だったようだ。

 曲がりを元に戻せるのか、ガイドの交換が必要なのか、冬場はタワーに登りたくないので直接確認していない。ケーブルが垂直に降りていないが、とりあえず昇降に問題はないみたいなので春になったら修理しよう。

 クランクアップタワーは、ケーブルに関係するトラブルがどうしても起きやすい。リモートの同軸スイッチをタワー上部に付けて同軸本数を減らせばと考えるが、2バンドを受信するのに単独のほうが良いし、何か対策を考える必要がありそうだ。

 ちみなに右側の風力計が現在使用中のもので、左側が建設時のもので3年目で3つの風受けの1つが厳冬期にちぎれてしまった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FW8DX on 40m | トップ | SSN & KP5 & RTTY WPX »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む