ヒロ マイページ

スポーツ観戦を楽しもう。

スライス矯正のすすめ。Ver4

2017年03月21日 | スポーツ

今日の反復練習で、若干の改善兆しが見えてきたような気がします。

ダフりが無いようにスイングの軌道を注意しながら力を入れず軽く振ることに重点をおいて練習してみました。極力バックスイングをしないで軽く振り抜くことでダフらないヒットが出来るようにはなってきた。しかも7アイアンでもスライスが減ってきた。当然強く降っていないので距離は出ないのですが正確な方向に飛んでいる傾向が現れています。スイングの都度、ヒットするフェイスを確認しながらスイングする事でダフりが減ってきました。ただ力を入れないで振る確認のためバックスイングまでゆっくりと振り上げ肩の位置より振り上げない確認のため一端静止してスイングするとダッフたりシャンクしたりする傾向がある。これは静止した状態から振り下ろすと何かしら力が入っているためではないかと推測します。静止を意識しないで軽く振ることを意識して振った方が結果はいいようです。

ボールの位置にも検討の余地があるようです。どうも左足のほう、つまり奥のほうにおいて打つ方がスライスが出にくいような感覚です。原則は真ん中か右足に近い方にボールを位置して打つって聞いていますが、自分には奥にボールを置いて当たるまでの時間が遅い方が感覚としていいような気がします。なぜそうなのかは分かりませんが今度ビデオを撮って確認したいと思います。

反復練習を繰り返しているのも関わらず進歩しなくなったので意気消沈していましたが何とか改善の兆しが見えてきました。これに懲りず反復練習を続けます。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スライス矯正のすすめ。Ver3 | トップ | スライス矯正のすすめ。Ver.5 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL