ヒロ マイページ

スポーツ観戦を楽しもう。

同じシチュエーションでヤクルトがリベンジ。

2017年05月15日 | スポーツ

昨日のNPB最下位争い松山シーリズ第2戦は、ヤクルトスワローズが最終回にサヨナラ勝ちした。

奇しくも前日と同じく最終回で決着が付く結末となりました。前日ビシエドの逆転ホームランで勝った中日ドラでしたが、連勝を願って吉見に託しました。2回にダブルプレー崩れで失点し同点となりましたが8回まで投げヤクルトミルミル打線を封じ込めていました。中日ドラ打線もヤクルトミルミル新人の星を攻めあぐね追加点が奪えません。唯一あったチャンスがスクイズ失敗で得点できず、前日のヤクルトが小川を見殺しにしたように中日ドラは吉見を援護できませんでした。

せっかく名古屋から来ていたドアラも連勝に報いることが出来ませんでした。

ヤクルトミルミルは7回から継投に入りルーキ、石山と繋ぎ最終回は前日の戦犯秋吉を投入。前日の汚名を挽回するべく登場した秋吉ですが、やはり同じシチュエーションで京田にヒット打たれ劇場が開幕しました。2番には先発していた亀沢でしたがきっちりと送りバントを決めランナーを進めました。大島には勝負を避け気味にフォアボール、前日ヒーローのビシエドと平田を討ち取り秋吉は事なきを得ました。もしここで同じように秋吉が得点されると真中監督は配置転換も考えたのではないでしょうか。

こうなると裏のヤクルトミルミルが有利です。奇しくも案の上の結果となりました。中日ドラは延長も想定してか田島ではなく大野雄大を使ってきました。調子の上がらないローテの大野を先週から中継ぎに使っている森監督ですが、先発で長く投げることが使命のローテ投手が1回を全力投球するスタイルが通じるかどうか疑問です。

やはり大野雄大の制球がピンチを招きました。四球などで二死満塁のピンチ、ヤクルトミルミルは途中から出場していた荒木に託します。満塁にも関わらず大野がボール先行となると、押し出しサヨナラが見えてきた矢先でした。スリーボールツーストライクからストレートしか投げる余裕のない大野が大誤算となりました。荒木がストレートに的を絞って振り抜きレフトスタンド中日応援席へ前日のお返しの如くサヨナラホームランで決着しました。

なんとか連敗を免れ東京音頭で傘の乱舞となりました。

せっかくのヤクルトミルミル応援のため一塁側で傘を持って見ていたので最後のチャンスは「夏祭りチャンステーマ」が絶叫できて醍醐味が発散できました。来年もヤクルトミルミルのホームゲーム松山シリーズを楽しみにしたいと思います。

 

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライアン小川、悲劇。 | トップ | 見ていると爽やかになる番組... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL