黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

2012年 3月の実績

2012年03月31日 23時06分40秒 | 日記


 本日で3月も終わり 今月の実績を出してみた。海外との交信を中心に運用してきたので国内のウエイトが20%程に成って来た 交信数は24Mhzの健闘が有った為、まずまずでないかと思う。ただカントリーとしては103 交信数の割には増えていない。確か2月は72C位だったので2月よりは増加しているが春型に近付いている割には増加が少なく 結果的にコンディションは良くない様だ。

 写真1は、海外中止に運用目標を変更(2011年の12月からの本日まで)してからの実績、海外とは191Cと交信している。最近少しEsも発生しているのか?短時間だが国内も聞えている様子なので18Mhzと50Mhzに力を入れて頑張ってみようと思っている。コンディションが上昇してくれれば良いのだが昨今の状態では余り期待できないように思うが 4月~6月の間に答えは出るだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 秋田県南秋田郡井川町での移動運用 (2010・06・03)

2012年03月31日 21時13分41秒 | 日記
 寒風山パノラマ・ラインを降りて五城目町に入り南北に走る道から東西に細長い井川町に入りほぼ中央部の豊川近くの地獄沢にある 赤沢山スキー場の駐車場に運用場所を定めアンテナを設営した。この場所は町営のスキー場の様子でゲレンデもそう大きく無くリフトは1基しか無く駐車場も車が50台も停まると満車に成る程の広さで有った。この地も本来は運用予定地では無かったが数人からのリクエストがあった事と前日の五城目町の移動場所を探す段階でこの場所が見付かっていたので男鹿半島の観光に時間が掛かっても夕方のコンディションには間に合う安心感が有ったのでこの場所での運用となった。

 運用開始は17:13jst~19:25分まで運用し調度交信数100局で終了、7Mhzのみの運用に成った。この町には道の駅が無く、最近は町村を主体とした移動運用が少ないので井川町も最近QRVをあまり聞いた事が無い。

 QRTの時間が早かったので次の運用地 道の駅「おおがた」に其の日の内に向かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 男鹿半島周遊の旅 (2010・06・03)

2012年03月31日 11時20分41秒 | 日記




 五城目町の運用を終わり この日は天気が良く快晴だったので男鹿半島を一周するドライブに出かけた。五城目町を出て7号線で南下、104号~101号線と乗り継ぎ左に海岸線が見える街道に出ると いきなりどでかい「なまはげ」の出迎えを受けた 早速駐車場に車を入れ、シャッターを切った。写真では実際の迫力は出ていないが後の電柱と比較して戴ければ其の大きさが理解出来ると思う。

 男鹿大橋を渡ると男鹿半島の周回コースに入ったという感じ時計回りに回る事とし101号線から59号線に(男鹿半島の外周を回る道路)進んだ 直ぐに船川港があり休憩を兼ねて港の中に入ると移動運用が出来る場所が沢山有ったが残念ながら此処は男鹿市内なので運用する事は無かった。更に奥に進む道路は海岸線の波打ち際を走る細道、磯の香と所々に有る集落を見ながら進んだ。そして男鹿半島で一番南に突き出た潮瀬崎に来るとゴリラ岩の看板が道路際に立っており興味が有ったので岩場に車を下ろし停めゴロゴロとした足場の悪い岩場を進み一番「今にも火を噴きそうなゴジラ」に見えるアングルでシャッターを切った。潮瀬崎を回り込むと何処かで聞いた様な名前の磯乃家旅館が有り其処にも大きいなまはげが立っていた。此処から先は少し勾配の坂を登り50mH~150mHの高さのアップ・ダウンの有る道を眼下に青い海とゴツゴツとした岩場と右側は新緑の山、真上は真青な空と所々の白い雲、まさに自然で人間の手が加えられていない景色の中を進んだ。

 更に男鹿半島の西側を北上すると卵型に括れた戸賀湾の南からの入口に男鹿水族館GAOと秋田湾観光の遊覧船の乗り場が有り船での観光を考えて切符売り場に行くと船が出た後で暫くの待ち時間が有り、止む無く遅めの昼食を取った。そして男鹿半島の最北端、入道崎へ・・・この地は北緯40度線上に位置し入道崎灯台をバックにシャッター切った 後でこの灯台の最上階まで上がったが其処から見る景色は抜群であったが私はこのロケーションと隣のタワーにビームアンテナを取り付け振り回したら最高だろうな・・・可能性の無い夢物語に耽った。灯台を降りて芝生の広場を出ると観光客相手のお土産物店が並び其処にも小型では有ったが色んな「なまはげ」が並んでいた。最期の写真は男鹿温泉郷に入り日帰り入浴の可能なホテル及び旅館を探したが敷居が高く分相応の国民宿舎に入り汗を流した。

 今晩の移動運用地は井川町の予定、帰りはこれも何方かのアマチュア局に教えて戴いた なまはげラインから寒風山パノラマ・ラインを経由して井川町へと向かった。
 

 

 
 





















 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 秋田県南秋田郡五城目町での移動運用 (2010・06・02~03)

2012年03月31日 01時13分39秒 | 日記


 秋田県の道の駅25番「協和」を出発し46号線を西にウエルマートの交差点を右折13号線に其の後、新港大橋で7号線(臨海バイパス)を通り飯塚古開の交差点を右折、285号線(五城目街道)で五城目町に入る。

 今まで全国の町村を中心に沢山の移動運用をしたが この五城目町程、運用場所を探し求めた町は無い 主たる幹線285号、15号、129号線 其れから五城目の道の駅の西側から井川町に至る農面道路、等等 殆んどの道を走り回った。その御蔭かどうか五城目町の運用場所が決定するまでに井川町と八郎潟町の運用場所を先に見付ける事が出来た。それにしても2年前までは事前調査も無く知らない土地で「行き当たりばったり」其の日其の日で決めていたとは無計画にも程がある。流石にだいぶん痛い目に有ったので次の年の移動の沖縄、離島、九州、隠岐移動は1年の歳月を掛け移動計画を検討した。

 運用地としては道の駅「五城目」にも立寄り、釣竿アンテナを用意もしたが駐車場は満杯状態で都合が悪いし、東手の山間にも入ったり在所の公民館の空地も検討したが「帯に短し襷に長し」状態、此れと言う場所が中々見付からなかった。しかし途中で食料を買込んで支払い時 財布の中身が少なかったので補充が必要に成り郵便局をナビで調べたら樋口郵便局があり其の場所に向かう途中で「雀館公園」が有り街中では有ったが広い公園の中に大きい駐車場が有ったので立寄ると運用出来そうだったので決定した。私の場合は運用中、如何しても発電機を使用するので郊外を中心に探すのだがこの場所は街中では有ったが前は国道で後は小高い丘、100m四方は民家も無く問題は無さそうで有ったし正直、場所探が嫌に成っていた。

 場所も決まったのでアンテナの設営条件の良い駐車場の隅の日影のある場所に車を停めアンテナを設営、遅い食事を取っていると、1台の商業車が入って来て運の悪い事に発電機の直ぐ横に駐車して運転者が昼寝を始めた。発電機を回しておけば良かったのだが後の祭り 寝ている人の横で発電機を駆ける度胸の無い私は 其の後1時間半をふて寝で過すしか無かった。

 この南秋田郡五城目町での総交信数は294交信、内3.5Mhzは38局と交信、思ったほど交信数は伸びなかったが秋田県内では 出ていない所、タイミングかもしれないが其の後、五城目町からの信号を余り聞かない。もし無線の移動運用をしていなければ訪れる事は無かった町だと思うが、色んな意味で私には記憶に残る町である


 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 本日のコンディションと実績 (2012・03・30)

2012年03月30日 21時55分01秒 | 日記
 W.W.WPXコンテストの終了以来、海外との交信は途絶えていたが 本日の夕方の16:30jst頃から24MhzでEUが深いQSBを伴いながら数局聞えていたが18:00jst頃に急激にコンディションが上昇、EUが59でかなり多く聞えていたが長続きせず15~20分後に急激にコンディションが低下した。

 私はタイミングよく16:00jst頃より「CQ DX」を遣っていたのでタイミングよくこのコンディションに便乗し ヨーロッパ方面の16局と交信出来た。 24Mhzのコンディションが開けても日頃余り聞えないG3IUW(イギリス)やEI4KF(アイルランド)のヨーロッパの奥が一時強力に入感していたが このバンド特有の深いQSBを伴う信号で有った。

 午前中のSSN値は70くらいで有ったが夕方は100まで上昇しており明日も楽しめそうな予感がする。この週末はハイ・バンドは要注意である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田県大仙市(秋田県道の駅25番 協和)での移動運用 (2010・06・02)

2012年03月30日 17時14分40秒 | 日記
 東成瀬村から田沢湖までの距離が有った事と田沢湖に沈む夕日を見たかったので田沢湖の出発は遅く暗い中だったので6月1日の泊まりは秋田県の道の駅25番の協和に決めた。此処での運用は計画には無かったが田沢湖と次の目的地の南秋田郡の五城目町までの道中に偶々この道の駅が有ったという事である。

 田沢湖の西側の60号線から田沢湖を出発、西木町で105号線に合流し南下 田沢湖小松で46号線と並走する角館バイパスを通り46号線に合流し西方向にかなり走ると角館温泉があり更に進むと協和の道の駅の標識が目に入った。この協和の道の駅は駐車場も大きく21時頃の到着時はかなりの台数の車が駐車していたが時間の経過と共に車が減り最終的に この道の駅で車中泊した車は3台くらいで有った。
 
 到着の遅かった事もあり早めに就寝 早朝の05:30jstに駐車場の一番端に車を移動、発電機と釣竿アンテナを使用、調度100局との交信を以って09:06jstにQRTした。

 この場所の運用状況の写真は探したが見当たらない、多分、運用後、直ぐに道の駅のスタンプを押しに入ったので撮るのを忘れたのではないかと思われる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 田沢湖に行く

2012年03月30日 08時40分34秒 | 日記


 秋田県に来て田沢湖を見ずに帰る事は出来ないので東成瀬村から田沢湖に向かった 13号線を北上し大曲りの富士見町の交差点から105号線に乗換え途中から45号線で東側から田沢湖湖畔に入った。

 其の後 湖畔の外周を一周半して景観を楽しんだ。特に田沢湖の西側の田沢湖かたまえ山森林公園の(写真2)展望台からの景色がよかった事が記憶に残っている。秋田県滞在中は連日晴天に恵まれ徳島の4月中旬頃の気候、朝夕は冷気が有り「ひやっと」するが日中は清清しい天気で有った。

 田沢湖と言えば有名な「たつこ像」は森林公園展望台を下りた田沢湖ホテル・エルミラドールの北側の海上に建っており、この辺りが田沢湖の西側の観光スポットの様である。一番最初の田沢湖の看板の辺りが東側の観光スポット、広い駐車場に土産物店が並んでいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の実績 (2012・03・28)

2012年03月29日 23時43分38秒 | 日記
 ここ2日はJO6XMM/6 安養子さんの追っかけで朝夕の7Mhz及び3.5Mhzの夜半の信号を聞いている為、殆んど海外のハイ・バンドでの実績は無い。安養子さんの信号は昨日は空電ノイズが強かったが其れでも安定した信号が聞えている。沖縄に入って二日目、皆さんにも情報が行き届いたのか今夕の7Mhzではエリヤ指定でパイルを捌いていた。初日の本部町、2日目の今帰仁村、今夕の国頭村の道の駅と順調に交信出来た。明日の夕方は大宜味村の移動予定らしいが取り残しの無い様に頑張りたい。

 エリヤ指定が有るときに他のエリヤの人が相変わらず呼んでいるが十分注意したいし 其れから交信中に第三者が交通整理、宜しく彼是言う事は厳に慎みたい。当事者同士の交信に関係ない人が御節介をやくのは甚だ迷惑だと思う。わたしの移動時にも有る事だが「移動局が呼んでいるから取ってあげて下さい」とか「北海道が呼んでいます」とか親切ぼかしで言う人が居るが要らぬ御世話だ。聞えて解っていても順番とか事情で取らない事も有る事を理解すべき あくまでも主導権は移動者側にある事を尊重すべきである。移動者が助けを求めた時のみの対応で良いのではないかと私は考える。

 其れから余談だが移動時の交信は時間が短く決まり切った送信内容に成るのでタイミング的に自分に帰ってきたと勘違いし雛形の送信でピッタリタイミングが合い 二人の人が同時に交信した様に成っているケースをお聞きに成った事が有ると思うのだが(大きいパイル程可能性が高い)移動地が自分に取って重要な場所であれば有る程、出来れば自分の交信時間の前後の局のメモを取る事をお薦めする。移動者側としてカードを請求された時にログにデータが無い場合、検索に大変役立つからである。移動者の為と言うより自己防衛の為にお薦めする。(実際に移動から帰ると1~2%くらいのログデーターの無いカードが現実に届く)
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 秋田県雄勝郡東成瀬村での移動運用(2010・05・31~06・01)

2012年03月29日 20時32分31秒 | 日記
 

 子安峡を出て、来た道を13号線まで戻り北上し横手市に入り佐賀会沖田交差点を右折し342号線に入り東進し成瀬温泉を過ぎた所で397号線に後は一本道を山手に上がりジュネス栗駒パークゴルフ場に辿り着いた。この場所は山中に有るのにも関わらず大変立派な設備であった。全国の色んな設備や運動公園を見ると残念ながら自分の生まれた徳島県が如何に後進県で有るかを思い知る結果となる。

 広大な設備の中に運用に適した場所は何箇所も有ったが 設備が立派過ぎるのと管理事務所が有ったので運用を開始した後で立ち退きを求められると其の日の運用が駄目に成るので候補地としてナビに登録した後 もう少し探す事とした。更に山の峠を登っていくと大森山トンネルが有り抜けると奥州市の標識、トンネル内で秋田県から岩手県に入っていた。出口付近でUターン 再度トンネルに入り秋田側の出口から150mくらい走った道路の側帯に砂利道ではあったが写真の空地が有ったので この場所で運用する事にした。

 この場所は海抜799mH高さロケーション共に抜群の場所での運用だったが深い谷の吹き溜まりには6月でも数メートルの雪渓が残っており翌日の早朝の車内温度は-2℃で窓ガラスは真っ白に曇り非常に寒かった。当然に人家も無く交通量も多くは無く熊が居そうな場所で誰にでも勧められる場所では無かった。

 この場所での総交信数は280局(内3.5Mhzが78局)秋田県内では出ていない地区で有ったが予想外に数字は伸びなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泥湯温泉と子安峡に行く (2010・05・31)

2012年03月29日 17時51分19秒 | 日記
 山形県最上郡金山町は山形県の最北端の町、町を出て国道13号線を北上する。道は山の谷間を抜ける緩やかな坂道、県境部分は新道と旧道が複雑に並走したり交差していたが道は良かった ただ冬の通行は雪や凍結で大変だろうな?と想像出来る。新主寝坂トンネルを通過すると秋田県に入っていた。

 山形県内を運用中に秋田に行ったら全国でも珍しい温泉「泥湯温泉」が有るので少し遠いが是非行くように勧めてくれる局がいたのでナビで調べて行く事にした。国道13号線の須川小学校の手前の信号を学校側(右折)51号線に乗りかなりの山間に入り桁倉沼の手前から310号線に入る この辺りに来ると人家も無く細いクネクネ曲がる坂道が続いた 毎度の事だがピョンピョンⅡ号は坂道に成ると突然元気が無くなり自転車並のスピードしか出ない。暫く我慢の走行が続いたが平坦部に入ると泥湯温泉の看板が見え始めた。

 大きい温泉郷では無かったが少し寂れた感ながら非常に趣のある温泉に私には見えた民宿の調理場の様な所で入浴券を買い脱衣所に入ると天井に裸電球が1個あるだけで其の他は何も無し まさに秘湯と言う感じ裸になって露天に出ると強烈な硫黄の臭いと直ぐ横の源泉が流れる場所は硫黄の結晶がびっしりこびり付いている。お湯は濃い乳白色、如何にも効用が有りそうな温泉であった。

 お客は私以外に年配の人が2人、広い露天に3人だけ贅沢の極みである。湯温が高く10分もお湯に浸かる事が出来ない また浴槽の下が川原の砂利状態、まさにお湯の流れる川原を堰き止めて露天にした感じ、シャワー設備などまったく無く 水の蛇口が1個だけ体を洗う設備は服を着て道を渡った隣の設備に行かないと無い状態、何から何まで今までに経験の無い状態で新鮮なインパクトが有った。私は無線移動運用で訪れた場所で沢山の温泉に入ったが 今「もし もう一度入りたい温泉をひとつ選ぶとすれば何処ですか?」と聞かれたら迷わず「秋田の泥湯温泉」と答える 其れ程、お湯、場所の雰囲気共に趣のある温泉であった。

 温泉を出て近くの川原毛地獄の観光に行ったが直ぐ横の駐車場に車を停めると抜群のロケーションだった為釣竿アンテナを取り出し受信してみると良く聞えていたので少し運用も考えたがナビで場所を確認すると残念ながら湯沢市、私は基本的に市での運用はしないので諦めて地獄見物、確かに珍しい光景ではあったが 私は其の前年、北海道の登別温泉の地獄川原を見ていたので余り驚かなかった。

 車の中で休憩をしていると「徳島からですか?」と少し先輩の御夫婦から声が掛かり其の方は転勤族で徳島にも4年間ほど居た 懐かしいので声掛けしたとの事、思い掛けなく東北の秋田県で徳島の話に花が咲いた。御夫婦も退職後 全国を回っているらしく3年ほど前に訪れたこの温泉が大変気に入り再訪問に来たとの事で有ったが 解る様な気がした。

 川原毛疑獄の後は近くの子安峡に行き岩盤の間から吹き出る蒸気や幅は狭かったが渓谷と深い淵の観光地を歩いた時 調度 民放の秋田放送のクルーが子安峡の取材に来ており私を撮っていた様だが放送で流れたかどうかは解らない。


 今回の移動で移動運用以外の観光では印象の残る場所と成ったし泥湯温泉には次回に家内と同伴で訪れたいと思っている。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形県最上郡金山町での移動運用(2010・05・30~31)

2012年03月29日 10時19分28秒 | 日記


 舟形町を出て13号線を北上し金山中学校の前の信号を右折し73号線を町筋から山手に入って行った 運用候補地はグリーンバレー神室スキー場か神室ダム湖と思っていたので最初にスキー場に入っていった この場所は運用に適した駐車場が有ったがキャンプ場も併設されており他の人の出入りが有った。取合えず昼食を済ませ休憩を兼ねて暫く様子を見たが、運動をする人、散策をする人が結構多い 其れに近くに管理事務所が有ったので何か言われそうな感じがしたので二番目の候補地、神室ダム湖に向かう事にした。スキー場とダム湖の中間の道端に農作業様か除雪用の広い場所が有ったのでナビに登録、ダム湖の状況によってはこの場所でも可能だなと思った。

 其の後ダム湖に上がって行ったが 思いの他場所が狭かった事と谷が深く御椀の底状態、最終的に先程の道路の側帯の空地が条件的に良かったので引き返し写真の場所にアンテナを設営した。田んぼの中の道、200m以内に家は見付からず広さも十分、何より発電機を安心して運転出来る事が良かった。

 最上郡金山町での総交信数は304局、3.5Mhzの交信数は38局で有った。この当時は時間を掛けかなりの局と交信した様に思っていたが今、実数を把握すると300交信を越す地区は少ない この場所までの運用場所で300交信をオーバーしたのは数箇所しかない。

 金山町で印象に残っているのは家の格好、形は書院作りに近く白壁で非常に明るい感じで雪国のせいか屋根が見た感じすっきりし雪落しの為に瓦に特殊な加工をしているのだろう日が当たると輝き全体的に室町時代の建物を彷彿させる垢抜けした家が多い。徳島県人もどちらかと言えば「家道楽」お金が出来ると入母屋の重量感ある本瓦の家を建てたがるが徳島でこの付近の高級な家を建てたら対象的にひと際、目立つだろうと思った。

 其れから東北の人はよく言われるがシャイな人が多い、特に男性は道路脇で無線をしていると興味は示すが まず話しかけて来る事は無い。此方から挨拶して話しかけると会話は進むのだが・・・ ただ全国共通な叔母さんはこの限りでは無い。金山町で唯一 話しかけてきた同年輩の女性が居たが向うから話し掛けられ20分程、色々質問され話したが別れ際に「あんたの言葉は訛っているので良く解らない所が有った」と言われた時にはずっこけた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の散歩

2012年03月28日 19時21分11秒 | 日記


 桜の蕾が大きく成り本日は暖かい良い天気だったので那賀川の周回コースに始めて挑戦、このコースは我家を出て川下の那賀川橋へ そして橋を通行して那賀川の北岸に渡り、其の北岸を川上に歩き上流の持井橋を通行し南岸に渡り、何時も歩いている道を我家に向かい歩くコースで一周の距離は約9Kmある。

 散歩のコースとしては少しヘビーと思うが退職して何もせず無線ばかりしていると体が重く、体調も良くないので奮起、取合えずメタボからの脱却の為、1ヶ月ほど前から5~6Kmを歩き始めたが昨日までは往復コースの為、同じ景色を2度見るよりは周回コースの方が変化が有ると思い前々から考えていたが周回コースは途中のショートカットの道が無い為(川を渡る二つの橋を使用)体調の変化や突然の雨の対応が大変なので挑戦していなかった。

 一ヶ月の継続の御蔭で脚力に自信が出来たし気候的に寒さの心配が無くなったので今後 週に1回くらい挑戦できれば良いなと考えている。

 北岸は現在は平成の大合併で阿南市で有るが数年前までは那賀郡羽ノ浦町で私の生まれた町である。昔から県下では大きい町で小松島と阿南市に接しながら双方のアプローチが有りながら独歩の道を歩んできたが最近、阿南市に吸収された。元々発展した町で行政や文化的レベルの高い町だったので町民の憩いの場所として水際公園(写真1)桜の馬場(写真2)が有り県南有数の桜の名所である。まだ桜は開花していないので景色は、ぱっとしないが一週間後には辺りは一変するはずで有る。

 写真3は対岸から我家の方面を撮ったもの 写真4は散歩コースの上流の持井橋方面を 写真5は標識に有る様に阿南市大野町と同、羽ノ浦町、同、加茂谷町、また勝浦郡勝浦町の境界が複雑に入り組んだ場所である。

 初めての挑戦で完歩出来るか心配で有ったが2時間を切るタイムで無事、我家に帰還
する事が出来たが流石に現在は足が痛い 明日の朝は如何なる状況に成るか心配である。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 山形県最上郡舟形町での移動運用(2010・05・29~30)

2012年03月28日 09時00分38秒 | 日記


 最上町を出て舟形町の運用地を探したが長尾トンネルの東側の入口の手前にかなり大きな広場が有ったので其の場所に入りアンテナを設営した この場所は回りに人家も無く海抜も269mH 駐車場も広く1.9Mhzのフルサイズのアンテナも建てられる場所だが唯一の難点として南西方向に山が有り少し心配したが結果的には飛びに関しては何ら問題なかった。この場所の運用は10時頃の21Mhzから始まり総交信数310交信、内21Mhzは31局、3.5Mhzは54局 それ以外は7Mhzの運用である。

 この地の思い出は運用後のあゆっこ村キャンプ場内の舟形町若あゆ温泉に入った事
少し小高い丘の上にある温泉で運用後の長湯に浸かり 心身共にリラックスした 無線の移動運用は観光も侭ならず運用時間外の真昼の温泉は贅沢の極みで有るが昼間の温泉はお客さんも少なく ゆっくり出来る。温泉に入るとサウナでしっかりと汗を出し体内の不要な物を全て出し切り、其の後全身を奇麗に洗い、其の後ゆっくり温泉に入るのが好きだ 全工程を終わる頃は2時間くらいの時間が何時も経過している。

 温泉から出ると丘の下の球場で行われる試合を見たり近くで行われている球技の試合の応援をする若人の声を聞きながら近くを散策した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形県最上郡最上町での移動運用(2010・05・28~29)

2012年03月28日 05時37分05秒 | 日記
 


 真室川町の運用場所を出て真室川温泉に入り極楽気分に成った後13号線で金山町に入り運用場所を探した後に羽州街道(13号線)を南下新庄市内で亀割バイパス(47号線)に入るとあとは一本道を東方向に最上町の中心地から63号線に入り山手に入ると前森高原コテージが有り広い駐場のある場所に出た。個人の所有地に思えたので作業をしている人を見つけて、車中泊でアマチュア無線の運用の許可を御願いすると気持ち良く「何処でも良いですよ」と了解を得た。

 この場所は海抜393mHで盆地状の窪みでは有ったが場所が広く安心して運用出来る場所だったのでアンテナを設営 其の後運用を始めた。この場所での総交信数は206交信 内3.5Mhzは49局であった。

 運用終了後、再度47号線で舟形町の方に移動したがこの道にはJRが並走、宮城県から山形県の酒田市へ至る線路が有るが「奥の細道湯けむりライン」と命名されている東側の宮城県の川渡温泉、鳴子温泉、中山平温泉、赤倉温泉、瀬見温泉、舟形の若鮎温泉と温泉卿が続く 次に来る時は家内とJRを利用した温泉三昧を楽しみたいと思う。

 この場所の写真も撤収作業が終わり掛かった時に写真を撮って居ない事に気付き慌てて撮ったもの 後から探しても写真の無い運用場所や有ってもアンテナが立っていない写真が時々ある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JO6XMM/6 安養子さん 沖縄県国頭郡本部町から運用開始

2012年03月27日 19時15分07秒 | 日記
 沖縄本島の移動運用予定の安養子さん(JO6XMM/6)の元気な声が7.058Mhzで聞え始めた。現在も沖縄県国頭郡本部町からの59の強力な信号が現在も入っている。沖縄へのフェリーが30分程遅れたが、其の他は全て順調で運用開始の18:24jstから19:38分現在もQSBもあんまり感じづ安定に聞えている。

 3.5Mhzも運用される予定で楽しみにされている方も多いのではと思うが 私も其の一人である。御存知の様に安養子さんの運用スタイルは短時間でQRTするタイプの運用では無いので(基本的には呼ぶ人が居る場合、よほどの事情が無い限り対応して貰えるので)冷静な対応をしたいものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加