黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 当局としては今年一番の18MHz帯の国内パスのオープン

2017年04月20日 17時14分06秒 | アマチュア無線

       

 先週の後半から今週の初めに掛けて結構家を出払う事が多く無線の方は余り熱心にワッチする事は出来なかった。従って交信局数も此の間で6局に終って居る。花見のハシゴも昨日で終わり今日からは終日無線のワッチが何時でも出来る状態に成ったので今朝は4時前に起き出してワッチを開始したがDXコンディションは芳しく無く早起きの御利益は殆ど無かった。

        今朝の交信


   SV2/RW3AC(10,CW)       T88IH(18,SSB)



 昨日だったか?7MHz帯を聞いて居たら18MHz帯で夕方に国内コンディションが開けた事が話題に成って居たので「愈々18MHz帯のコンディションも上がって来たのか?此れは聞いて見なければ」と思い今日の散歩から帰った16:00JST頃に無線機のスイッチを入れて聞き始めたら既に1エリアの局の信号が58~59で可成り入感して居た。少しワッチした後の16:20JST頃に此の周波数で今シーズン初めてのCQを出したら直ぐに1エリアの局から声が掛り以後はQSOが終ると直ぐに呼び掛けられて途切れる事無く6局と交信した。互いのRSは59-59で強力で安定したQSOに終始して然も全バンドで交信履歴の無い3局に呼び掛けられて1st率は実に50%であった。


 遂に待ちに待ったハイ・バンドを利用した国内QSOが出来る時期の到来に今日は久し振りに心は躍った。7MHz帯も保々毎日聞いて居たが最近のバンド状況やQSOパターンに飽きていた私には此れで明日から18~24MHz帯での国内QSOの楽しみが増えて来たので此れからの日々のワッチ・パターンをハイ・バンド中心に変更しようと思って居る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  大轟の滝と名も無き滝 | トップ |  18MHz帯は昨日とは打... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。