黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

当局の無線設備の変遷 アンテナ編 第5回 AFA40

2016年12月13日 17時57分55秒 | アマチュア無線

 暫くはタワー1基にミニマルチの7SDX(14,21,28MHzトライバンダー)とタワーの途中から吊り下げた逆Vアンテナで7MHz帯を運用して居たが此の時期の運用の中心は28MHz帯であった。7SDXでは28MHz帯が保々フルサイズの7エレ八木として動作する事も有ったが此の頃はサイクル22への上昇期に当り28MHz帯のコンディションは素晴らしく日本からは交信が難しいカリブ海方面が春先から初夏の手前頃に掛けて連日の様に聞こえてカリブ海の全カントリーを28MHz帯で完成し此れは14MHz帯や21MHz帯よりも可成り早かった。


 アンテナの関係で14,21,28MHz帯でのある程度の実績が伴って来ると社会人に成ってからの夢であった7MHz帯のビームアンテナ実現化への思いが強く成り其の為の第二タワーの建設計画が始まった。処が最初のタワー建設時は用水の向こう側の県の施設の駐車場から大型クレーン車でタワーを吊上げて作業を行なったが此の当時は用水伝いに植えられた木々が大きく成長して大型クレーンのアーム移動の邪魔に成り其の方法は使えない状態に成りタワーは小さいセクション毎に分解出来て且つ私と家内の二人で立ち上げて行かれる物しか選択肢が無く当時はクリエート社くらいしか無かった様に思いクリエート社のタワーを選定した。


 其の頃の私は未だ三十歳半ばで馬力も有ったので仕事から帰って来た後の夜の時間にスコップでの穴掘りから始めてコンクリート打ち、其の後のタワーセクションの繋ぎは家内と二人で各セクションを吊上げた後に私がタワーに上がりボルトナットで接合していく作業を何日か続けて漸く完成した。タワーに取付ける7MHz帯のアンテナはナガラの通称「ハエ叩き」かクリエートのAFA40か随分迷ったが何と無くスッキリした感じのAFA40に決めましたが価格は此方が安かった様に記憶しています。


 学生の頃に各周波数帯での標準的なアンテナであるダブレットアンテナの給電に使用する3C2Vの同軸が高くて使えない時代にアメリカには7MHz帯のアルミ製のビームアンテナを使って居る局が居る話を無線の師匠から聞かされて凄く驚くと同時に此れから先、自分が一生アマチュア無線を続けても其の様な時代は来ないだろうと思って居た事が実現出来た時の感激は特別な物でしたが同時に人間の物欲は際限が無い事を思い知る事に成りました。2エレを経験すると次はフルサイズの2エレか短縮で有れば3エレにグレードアップすれば如何なんだろうか?と思いは留まる事が有りませんHi性能面では其れまでの7MHz帯でDX交信をして居るビーム組のJA局がRS59を送って居る局がワイヤーアンテナ時代では殆ど聞こえず何時も「本間かいなぁ~?」と疑問を持って聞いて居た事が払拭される感じで飛びよりも耳が良くなった事に驚くと同時にビームアンテナの威力を実感しました。此のアンテナには思わぬ裏技(メーカーは意図して居なかったと思うが)が有って或る日、アンテナSWを切り換えるのを忘れてAFA40に間違って18MHz帯の電波を給電したらSWRが1.2くらいで落ち着いて居る事に気付き其の後此のアンテナを使用して18MHz帯のDXを暫く遣った事が有り結構電波は飛んでおり此のアンテナは隠れた2バンドアンテナとして動作します。

 
 7MHz帯の短縮とは言えビームアンテナを上げると国内外に対する飛び方や聞こえ方は遥かに向上しますが決して良い事ばかりでは無く毎年の7月から11月初旬までの台風シーズンに成ると台風の進路で一喜一憂する羽目に成ります。私はAFA40が台風の強風に苛まれる状況を一度外から見た事が有りますがブーム長が約5m弱あったと思いますが14m弱のエレメントが強風に煽られると通常の片方のエレメント位置まで届くのでは?と思う程に弓形に曲がり恐ろしくて見て居られない状況に成りますHi、当初購入した段階では5年間くらいは無事で居るか?ぐらいに考えて居ましたが意外と柳に風で此のアンテナはアンテナ強度としては瞬間最大風速53m/Sの強風に壊れる事無く見事に耐えましたが(此の時2インチのアンテナマストはタワーの天辺のマストベアリングを出た所で110度位に曲がって居ました)電気的な部分ではバランの巻線間のスパークに寄る不良と最後にはトラップ部分に問題が発生し15~6年目に命尽きましたが機械的強度は思った以上に強いアンテナで7MHz帯の運用で随分と活躍してくれました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  動き廻った果ての収穫とは? | トップ | 当局の無線設備の変遷 アン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アマチュア無線」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。