黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

インターネット・メールでの巧妙な罠

2017年05月17日 20時06分28秒 | その他

 1ヶ月程前に朝一番のメールをチェックしているとマイクロソフトかららしいメールが有ったので「何だろうか?」とメールを読んだら要約すると次に様なメールであった。

 「貴方の使用しているOFFICE 2013のライセンスコードを使用した不正アクセスを確認致しました。現状では当方でお客様自身のアクセスか?第三者に寄る不正アクセスかを確認する事が出来ませんので確認の為に下記メールアドレスにメールをお願い致します。万一御連絡が無い場合は近日中に登録を取消処理しお客様は此のソフトは今後、使用出来無く成りますので速やかな御連絡をお願い致します」とのメール文面、確かに私はOFFICE 2013の複数登録が出来るライセンス・コードで此のソフトを使用して居るので可能性はある事だが一寸胡散臭さを感じて放置する事にした。


 確かにメールには大きくマイクロ・ソフトの文字が躍っていたが其のメールアドレスの後半部分に少し疑問を持った為にメールを送り返さなかったのだが内心は万一、此の事が本当であれば「此の高額なソフトが使用出来なくなるのは痛いな!」と思っていたが暫く様子を見る事にした。其の後1週間前後に複数回のメールが相次いで届き調べると同じ文面だがメールアドレスの違う会社から連絡が有り此れは可也危ない詐欺グループに寄る物と確信を持つに至った。


 結果的には1ヶ月以上を経過した現在でも問題なく此のソフトは使用出来て居るので此の対応は正解であった。最近に成ってインターネットの検索システムを利用して関連した文字を入れて調べたら此のメール問題を取り上げて居るサイトが複数有って矢張り詐欺メールである事が判明してやっと胸を撫で下ろした。


 マイクロソフト社等の知名度を利用した巧妙なメールを貰うと「本当かな?」と慌てて対応をせずに兎に角冷静に対応する事が大切で奴等は可也の人を対象に罠を掛けるのでインターネットの検索システムで事前チェックする事をお勧めする。先日も書いたが最近の私は絶対確信の持てるメール以外は開ける事無く全て削除して居るので私宛のメールを頂ながら返信をせずに不義理をしている方も居られるかも知れないが現在の便利なメールにも落とし穴が存在する以上は用心し過ぎる事は無いので御容赦戴きたいと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  神経を使うウイルス防御 | トップ |  最期の詰めが甘くて午後か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。