黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 親子夫婦の円満な付き合い方とは?

2016年11月02日 21時18分19秒 | アマチュア無線

 今日の11月2日は息子の誕生日、息子は今年の夏前に結婚して今は新婚で別居生活をしているが我家に居る時は毎年誕生日を家族で祝っていたので家内と相談してケーキだけでも贈ろうかと言う話に成り家内は今日は仕事なので私が午前中に市内に行きケーキを買って来た。新婚家庭に二人で届ける事も考えたが結婚後初めての誕生日に親が新居に押し掛けるのも余りにも無粋と考え息子に「会社の帰りに家に取りに来い」と電話したら先程、我家に立寄って持って帰った。(本間に気を使うわ)


 息子は毎日我家から1Kmも離れて居ないLEDの会社の本社に通って居るので毎日、通勤で家の近くを通って居る筈だが家内の話では結婚後は2回ほど立ち寄っただけで然も家には入らずに用事の話しは窓際でして行き帰りは駆け足らしい「余程、奥さんの所が良いのやわ」と家内は笑って居たが父親としては一寸複雑な気持ち、しかし良く考えると私が結婚して実家を出た時に家内の通勤の関係で徳島市内のアパートを借りて徳島で住むと両親に伝えた時に「御前は女に引っ張られて行くのか?女の力は強いのう」と一言チクリと言われた。家内の実家は徳島市内だったので何か息子を取られた様な気持ちに成ったと思うのだが?私は長男では無かったので何処に住もうが問題無いしゆくゆくは実家に近い場所に家を構える気持ちで居たので仮住まいの其の場所には拘らなかったのだが父親は私の勤務地が阿南市内の為に双方の家の中間点寄り阿南に近い場所に住んで欲しかった様だ。


 考えてみると私の時の親父の心理と現在の私の気持ちは実に類似して居る。息子が婚約して住む場所を探して居た時に其の場所は彼女の事より息子の通勤に便利な場所を勧めたが(息子の帰りが毎日非常に遅かったので)最終的には彼女の通勤に便利な方を選んだ時に嘗ての私の父親と同じ事を口走っていたHi 家内は横で笑って居たが此処等が父親と母親の違いなのか?家内は自分が実家を出て嫁ぐと言う経験から自然に解って居たのだろう。若夫婦は最初から同居はOKであったが息子が其れを言い出した段階で家内は「申し分けないけど私は絶対嫌、同居して二人が共稼ぎをしたら家庭内の事は私が遣らねば成らないし孫の面倒も必然的に私の役目、そんなの責任が持てないし此の歳で面倒見切る自信なんか無いわ!」の一言、私が「折角二人がそう言って居るのだから考えたら」と言ったら「解った。そんならお父さんが楽しそうに無線をしている最中に私が手を離せなかったら孫のオムツの交換してくれるの?」とキツイ一言で返されると二の句が告げなかった。


 私の場合は其の後、無線を思い切り楽しむ為に実家から4~5Kmしか離れて居ない現在の場所に引っ越して来たので多分親父は喜んだろうと思うのだが口に出す事も無く時々用事で我家に来ても一度も家に上がる事無く玄関口で話が終れば「上に上がって」と言っても そそくさと帰って行ったし母親は家が出来上がった段階で一度家を見る為に上に上がった切り二回目は無かった。可成り年月が経って両親と話する機会があった時に親父が言った言葉は「お互いが違った環境で生活をして来た以上、家に上がれば色々感じる事は有るだろうから つい口に出てしまうだろう其れなら家に上がって長居をしなければ言わ無いで済むので其れが一番良い事、其れで親子関係が疎遠と思うなら御前達夫婦が精出して孫を連れて我家に来い。其れが双方にとって一番良い方法で無いか?」と親父に諭された。


 現在の私達夫婦が若い息子夫婦と何時までも良い関係で居られるのは矢張り此の関係であろう。今日もケーキーを受け取ると早く帰りたいだろう息子が此の様な親の気持ちを理解出来るのは自分の子供が結婚して独立して行く時しか無いだろう。まさに人の親に成ると言う事はそういう事なのだとしみじみと思った。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  DXコンディションは不調... | トップ |  14Mhz帯に漸く星が入... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アマチュア無線」カテゴリの最新記事