黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 遅れ受信の感覚が中々身につかず!

2017年06月15日 23時50分54秒 | その他

 此処2~3日は何かと忙しく日中にアマチュア無線を楽しむ事が出来なかった。従ってブログに書き込む様な題材は無く先程からパソコンに向かって彼是と考えて居るが適当なブログに書き込む題材に苦労する状態・・・・


 最近、私が特に気合を入れて挑戦しているのは欧文のCWの受信力アップの取り組みで此れは朝と昼と夜に其々15~20分程度を掛けてパソコン・ソフトを利用して取組んでいる。今月に入ってから始めたので調度2週間が過ぎた所だが先ず先ず安定に受信出来るスピードは80文字程度のスピード、実際の運用時の事を考えて受信した内容を直接キーボードに打ち込んで居るが矢張り戸惑うのは数字の2と3や7と8で誤って受信する事が多く此処で戸惑うと後の文字の受信がガタガタに成って仕舞う。


 聞こえた文字を直ぐにキーボードに打ち込んで行くと一文字?と思って仕舞うと其の後の2~3文字が解からなく成って仕舞い受信状態がガタガタに成ってしまう。其の問題を克服するには「遅れ受信」が必要なのだろうが?此の感覚が未だ良く解からない状態で現段階では一文字遅らして二文字目を判読しながら最初の1文字目をタイピングする様に心掛けて其の感覚を継続して行ける様にしているのだが途中で一文字「あれ?」と思って仕舞うと其のペースが乱れて何時の間にか?聞いた文字を直ぐにタイピングして仕舞い何処かで其のスピードに追従出来なく成ってしまう。


 符号がスムーズに受信出来なくて「あれ?」と思った時は、たとえばGの文字で?と成った場合はーー・と符号表示を頭の中に描いて「ああ~Gだ」と確認して仕舞う、此の時間の分だけ次の文字の受信が遅れる事に寄り其の結果一文字遅れの受信のタイミングが維持出来なく成って何時の間にかリアルタイミングのタイピングと成ってやがて受信が追従出来なく成ってしまう。矢張り符号表を頭の中で思い出す様では駄目と言う事だろう。符号を聞いたら意識せずに自然にタイピング出来る様な感覚に成らねば駄目だと解かっては居るのだが其処が簡単には行かないので此れは理屈では無く訓練しかないようだ。


 此の感覚を身に付けるのは若い内が早いのだろうが今更言っても始まらないのでボケ防止を兼ねて爺さん頑張るしか無く暫くは苦労が続きそうだ。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  初めての孫との御対面 | トップ | 「One Day AJD」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。