黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 「苦難(九難)が去る」と言う置物

2016年10月16日 19時00分22秒 | その他

     


 今日の午後に家内が仕事から帰ると同時に「チョット 此れ見て見て!」と大事そうにバックから小さなものを取り出してテーブルの上に置いた。最初は何か?解らなかったが良く見ると南天の枝に其々に違う衣装を身に纏った小さな猿が九匹一列に並んだ置物で「九匹」の九を「苦」に喩え「南天の木」のなんを「難」とし「猿」のさるを去るとして「苦難が去る」と云う縁起物の置物らしい。


 家内の職場の上司〔女性)の方の手作りで大きさは長い方が18cm位で短い方が4cmくらいの大きさで猿一匹の大きさは1cm以下位の大きさで可成り神経を集中しなければ出来ない様な見事な出来栄えであったので早速にテレビの前に置いて我が家の苦難が全て去る様に見守って貰う事にした。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  全国への移動運用で得た大... | トップ |  DXペディションで刺激を受... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。