黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 久し振りの二人だけの静かなクリスマスイブ

2016年12月24日 21時38分09秒 | その他

 今年は何十年か振りの家内と私の二人切りの静かなクリスマスイブと成った。長女が今年35歳に成るので多分35年振りか?長男は今年の夏に結婚して今の所は別所帯なので二人を呼び出して4人で豪華な夕食でもと考えたのだが新婚の二人には始めてのクリスマス・イブ、「両親付きの夕食など無粋な誘いは止めておきましょう若夫婦には其れ成りの計画が有る筈よ」と家内に諭されて二人だけの静かなクリスマス・イブを迎える事に成った。


 クリスマスと言えばケーキは定番、2週間ほど前に家内が「今年のクリスマス・ケーキは如何する?例年通りに事前予約するなら明日予約するけど」とチラシを持って来た時に「クリスマス・ケーキは高いばかりで可成り前に作った物が多く今年は二人切りなのでショートケーキの方が良いのでは?」と答えたら「其れじゃ私は出勤なのでお父さんが買って来て!」と言われて居た。当然にそんな事は私には遥か彼方の事で忘れて居た。処が今朝の家内は出勤時間に成ってもゆっくりしていたので「今日は会社は?」と聞いたら「今日は歯医者に行く予定なので会社は休み、其れから多分お忘れと思うけどケーキの方は宜しくね」と言いながら出掛け様としたので「外に出るのなら一寸寄り道して買って来たら?」と言ったら途端に態度が変わって険悪な雰囲気・・・・クリスマス・イブに終日此の様な雰囲気は拙いので此方が折れてケーキを買いに出掛ける事にした。


 店に着いたのは9時過ぎ流石にクリスマスイブなので8台置ける駐車場は1箇所か空いて居らず何とか駐車して店に入ると店内は沢山の人で店員の対応は10分間位の時間待ち状態、ショーケースを見ていたら賑やかにデコレーションされた直径15~18cm位のケーキが3000円の表示、其れならショートケーキが良いとショートケーキ6個とシュークリーム4個を購入したら会計は2000円を切って居た。


 夕食は家内が買って来たチキンの照り焼きとショートケーキの二人だけの夕食に成ったが此れは此れで結構良いクリスマス・イブと成った。私は68歳家内は63歳で段々と体の方にガタが出始めた所だが未だ何とか病気も無く元気に過ごせて居るが其れも此の状態が何時までも続く事は無い。其れ故に今の様な豪華では無いが元気な状態でクリスマス・イブを二人で迎えられる年が1回でも多く続く事を願うばかりである。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  Low Bandは より... | トップ |  CHRISTMAS とは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事