黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 全国への移動運用で得た大切な思い出

2016年10月15日 19時57分00秒 | アマチュア無線

 昨日でT31Tへの追っかけをする事を止めたので久し振りに7Mhz帯の国内交信を聞いてみたが思った以上に06~07時台の国内向のコンディションは悪く7.048~7.120Mhz辺りを聞いても強い国内の信号は殆ど聞えず昨日と比較しても可成りコンディションが落ちて居る感じがする。其の中でポツポツと聞える移動局は日頃から良く移動運用する局で其の局を呼び掛ける局もまた何時も通りの同じ局ばかりで其のアクティブさには関心するばかりだ。


 此の前から休暇中を利用して北海道の西側を廻っておられる釧路の三橋さんの信号が聞えれば御挨拶をと思ってグルグル回して聞いてみたが今日は如何した訳か信号を見付ける事が出来なかった。三橋さんとの1stQSOは可成り以前の事で有ったが今朝にログを調べると其の当時から移動運用をしておられ随分御世話に成って居る。其の後に私も年に一回の移動運用を行う様に成り2014年の3回目の北海道を廻った時に美幌峠の道の駅の駐車場まで態々来て頂いて凄い濃霧の中で日付が変わる時間帯まで無線談議が続いた事を昨日の様にハッキリと覚えて居る。何せ私の全国行脚は軽四自動車で助手席をはじめ後部座席も人が乗れずに車内で座席に座ってゆっくり話が出来ずに殆どが立ち話状態で然も其の状態が延々と続くのだから毎回相手の方には申し分けないと思いながらも其の様な状況に成ってしまう。


 今回、三橋さんの先日のオペレートを聞きながら美幌峠と其の翌日に釧路湿原の近くの鶴居村でも再会した時の事を思い出すとお空の上では無く移動運用中の寂しい山中や辺鄙な場所に態々来て頂いて現地で日付を跨ぐ無線談議に夢中に成った各局の顔と其の時の情景が思い出された。一番最初は2009年の坂森さん(JE8JSK)との美瑛町の山中の路肩の駐車場で次は2010年の菅野さん(JH7BYC)と松島町で同年、目黒さん(JH7KUK)と大塚さん(JE7SBA)のお二人に福島県の金山町の寂しいスキー場の臨時駐車場で2011年に岩見さん(JN6EPA)福岡県の篠栗町の山中で、同年に松井さんと京都南のSAで西村さん(JM3HPX)と京都府の笠置町の河川敷で、西山さん(JI3BKF)とは和歌山県の太地町の飛び地で2014年には大平さん(JA7BEN)と青森県の八甲田の山中で2014年には三橋さん(JE8DWE)と車中泊などする酔狂な人は居無い美幌峠の道の駅で、服部さん(JA2TTH)とは岐阜県の養老町SAでの其々思い出に残るアイボールQSOをする事が出来た。移動運用を止めて丸二年、初めて本格的な全国に向けての移動運用を始めてからは8年目に成ると移動中の細々とした記憶は段々と薄れかけて居るが其々の御方とのアイボールは鮮明に憶えて居て色褪せる事の無い私のかけがえの無い財産で有り大切な思い出と成って居る。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  夜討ち朝駆けの対応は今日... | トップ |  「苦難(九難)が去る」と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。