黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 初めての孫との御対面

2017年06月14日 22時03分40秒 | その他

 昨日に内孫が産まれ家内は直ぐにでも行きたそうな感じであったが出産時大変であったらしく嫁には昨日に会う事が出来なく今日の15時頃であれば母子共に面会が出来る連絡が入った。14時頃に我家を出発し徳島駅の直ぐ近くの病院に少し早めに着いて息子の嫁に会ったら思ったより元気で何時もの感じ、出産は大変だった様だがニコニコ顔が見られたので私達は安心した。


 其の後に窓越しの孫との初対面と成ったが流石に3980gで産まれただけに他の赤ちゃん寄りも大きいし顔つきが私達の子供が生まれた状態よりも遥かに人間らしい感じで(生後10日以上経過した赤ちゃんの感じ)産まれて直ぐに爪が伸びて居たので爪を切った赤ちゃんの話等は余り聞いた事は無かったが病院側で昨日中に処置して頂いた様である。


 今日の午前中に息子が出生届けを出して「日下 都(みやこ)」と名付けられた。息子からは事前に孫の名付けに関して相談があったが「御前達二人の子供だから自分達で好きな様に決めたら良いよ!」と言って置いたら会社勤めをしながら漫画家志望の嫁の考えだろうが?今風の名前で誰が見ても読み間違いする事の無い名前なので安心した。最近は可愛らしい名前が流行て居るが時として「果たして如何読むのか?言われるまで解からない名付けが結構多い」私は矢張り人の名前は誰が読んでも読み間違わない事が一番大事な事と思う昔人間なので孫の名前を読み間違いする人は先ずは居ないだろう思って良かったと思っている。


 今日も30分間の窓ガラス越しの御対面と成ったが孫は母親の色白のDNAが受け継がれている事に一安心、昔から「色白は七難隠す」と言われる程に女性にとっては有利だと言う。容姿等は今の段階では到底推し量れないが色白の方では無い私の家内は「ラッキー」と其の事を一番喜んで居た。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  今夕 内孫が誕生! | トップ |  遅れ受信の感覚が中々身に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。