黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 長崎原爆記念日に思う事

2017年08月09日 23時58分39秒 | その他


 今日は「長崎原爆記念日」だったので原爆が投下された11時02分に1分間の黙祷を捧げた。広島に投下された原爆はウラン型原子爆弾だが長崎に投下された原爆はプルトニウム型で其の破壊力はTNT火薬に換算すると22000tに匹敵し其の破壊力は広島に投下された原爆の1.5倍と云う。私は調度6年前に沖縄からの帰りに長崎に立ち寄り原爆記念館を見学し原子爆弾の展示を見て来たが其の大きさは想像以上に大きく長さは3m以上あり重さは4tにも及ぶ物であった。


 原爆投下は「長引く戦争を早く終結させる為に止む無く使用した。」がアメリカ側の言い分だが実際は原子爆弾の実質の威力と人体実験が目的で其の威力を正確に見定める為に目標投下点は其れまで全く空爆されて居ない場所が数箇所挙げられて居たと云う。其の為に投下後には医者を含む多数の調査員が派遣され其の悲惨な資料は本国に持ち帰り其の後の国を支える軍人教育時の核の脅威を教える資料に成って居るらしい。


 従って現在の北朝鮮の核開発が可也進み然も核弾頭が搭載されたICBMがアメリカ本土に到達する可能性が出てくると幾ら迎撃体制を整えたと言っても一発でも着弾すると大変な被害が出る事は間違いないので其の事を簡単に見逃す事は絶対に無いと思われる。そして其の不安を払拭するには「遣られる前に必ず遣るしか方法は無い」従ってアメリカは既に本気モードに突入して居ると思われるが?其れに比べて日本の平和ボケした状況には呆れるばかり・・・・確かに二つの原爆記念日に沢山の犠牲に会われた方々の慰霊式典をする事も必要だし重要だが其れと同時に二度と此の様な事が無い様に万全の体制を講じる事が一番の重要課題で有り其の事が不幸にして犠牲に成られた多くの方々の御霊に報いる一番の道と思うのだが・・・・多分日本の政府中枢は危機感を持って対応して居ると思うが?一般国民や報道関係には其の危機感を余り感じない。世界で唯一悲惨な核の被害を受けた日本が ただ祈りだけで終わる事無く万全の体制を真剣に考える時期で「日本国民を如何に守るか?と云う事が一字も無い事を」早急に如何にかせねば成らない。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  アマチュア無線局の現状彼是 | トップ |  今年一番の蒸し暑い一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。