黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 印象に残る宿!

2017年10月15日 20時55分31秒 | 旅行

       


 和倉温泉を出て七尾市まで戻り能越自動車道で能登半島を南下して途中から北陸自動車道で日本海側を南下して山代温泉の山下屋に向かいました。先日の下呂温泉の宿泊ホテルには到着が予定よりも遅れて仕舞い空腹の状態で食事を1時間以上待つ事に成って残念な思いをしたので其れ以後は必ず夕食時間に必ず間に合う様に工夫した。


 同行の女性陣の食事に対する要望は必ずバイキング方式なので食事時間に遅れると食材が順次追加されるとは云っても疎らに成ったりして一寸残念な感じがしたので此の日も可也の距離を走ったが何とか夕食時間に間に合わせた。此の旅館は山代温泉では老舗の旅館で中々予約が取り辛く最初に禁煙部屋で探したが空きが無く喫煙部屋なら有ったが女性同伴なので都合が悪いと一度諦めたが後で二人に確認をしたら構わないとの了解を得て翌日に予約を取った。3人1部屋で1人当たり1万円を切る宿泊料金であったので最初は余り期待はして居なかったが流石に老舗の旅館で建物も大きく宿泊部屋は広く一坪以上の玄関に12畳と6畳の和室に6畳近い応接セットの有る部屋にバストイレの部屋が1坪半位は有ろうかと思う程で我家の1階のスペース寄り広いスペースであった。


 其れ以上に良かったのが夜のバイキング方式の食事、いわ牡蠣の食べ放題やどびんむし等の人気商品以外に沢山の種類の食材が並び何時もだったら談笑しながらの食事になるのだが此の日の夕食は最初の30分間は殆ど会話無しで食事に夢中に成ったので如何に食事が良かったかを物語って居た。お風呂も4階の大浴場と13階だったと記憶している屋上の露天風呂は開放感が有って非常に良かった。


 家内と義姉は中、四国、近畿方面の此の方式の宿泊は可也の数宿泊して居るが今までに宿泊した宿としては部屋、食事共に最高の部類と評価して非常に喜んでくれた。私も機会を作ってもう一度行って見たい宿と成った。


          


 最初の写真は山代温泉古総湯場、二枚目は商家か土産物店か?解からないが雰囲気の有る建物、三枚目は宿泊した部屋からの温泉街、周りは小高い山か丘か?に囲まれた場所にあった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 御本尊が出ては来た物の・・・・・

2017年10月15日 15時34分23秒 | アマチュア無線

 此の10~11日の早朝の良いDXコンディションの後はコンディションが段々と落ちて始めて昨日は早朝の交信実績は無しに終わった。勿論毎朝聞いているので交信済みの局が多いと云う事も有るのだが其れにしても実に寂しい限り、DXサミットのコンディション情報ではSSN値は0で各バンドの伝播状況予報では全てのバンドが「Poor」状態と成って居る。半面にS21ZDC,VK9CI,VU7T,H40GCがアクティブにQRVして此れ等の局はJAから近い距離の関係から早朝でも信号は入感して居るが相手側からのEU,NAの指定が多く此の時間帯は自由に呼掛けられなくて待機となる事が多い。従って今朝の此の時間帯のワッチは捨てて午前中の10時以降から夕方に掛けての時間帯でハイバンドをワッチした方が遥かに効率は良いのだが(昨日は確かにそうであった)最近続いて居る早起きの習慣から今朝も03時頃に目覚めた。


 此の前のブログに書いた様に7MHzのDXコンディションは04時を過ぎた頃から明らかに上がり日の出時間近くでは既にコンディションは落ち込んでしまう。今朝の狙い目は数日前から信号は確認しながらも3C0L(Annobon I)との交信が全く出来ていないので此れ一本に的を絞って待受け受信に入ったが遂に其の信号を確認する事は出来なかった。仕方なく朝食を取った後に一眠りして正午前から夕方に掛けた時間帯に各周波数帯を聞いてみたが昨日の午後の様な強力な信号は聞こえず18MHz~21MHz帯での4局との交信に終わった。現在、(15:55JST)に手薬煉を引いて待って居た3C0Lが14.015MHzに出て来た信号を聞き付けて臨戦態勢に入ったが残念ながら当局には安心して呼掛け出来る程の強さでは聞こえず時々聞こえる御邪魔虫の「UP-UP」信号だけは599で聞こえる状態・・・・・・つくづく当局のアンテナの力不足を痛感して居る。



              今日の交信


  H40GC(18,SSB)   T88UW(21,CW)   XW1C(18,CW)   S21ZDC(21,RTTY)

  VK9CI(18,RTTY)  T88WM(14,CW)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加