ikkei blog

電子工作やパズルのブログです。主にLEDを使った電子工作をやっています。

電音ハッカーズに行ってきた

2016年10月31日 01時24分42秒 | シンセサイザー
土曜日はArduinoファンクラブに行ったあと
電音ハッカーズに行きました。
と言うのも親友の山下氏が出演するからです。

場所は「腹ん中」という場所で、いかにも怪しげです。
ほら、大きな電球が玄関から突き出てる!
窓からはあやしげな光が…


中に入ると既にシンセが並んでいます。


とりあえず、ビールと餃子と枝豆を注文して
もう何十年ぶりに会ったO氏と昔の話などをしていました。
O氏の話は山下氏からよく聞いていましたし、
O氏も私のことを聞いていたので、多くを話さずとも分かりました。

O氏は私が高校生の時にアマチュア無線で知り合った人で、
私が大学生になったとき、ある日同級生の山下氏の家に連れて行ったのでした。
音楽やシンセの話を夜中までいろいろしたと思います。
そのつながりが結果的にO氏の人生を決定づけたようです。

しばらくして電音ハッカーズが始まりました。
最初はUnyo303さんのシンセの解説です。


さらに荒川氏はREONのシンセやdriftboxの話です。




最後に山下氏の話。
雑誌の連載の話など、これまでの経緯を話しました。
これは自作シンセの初号機の中身。

これを見て思い出しました。
私も発振回路にたくさんの切替スイッチを付け
ギンソーのカステラのプラスチックケースに収めた万能電子ボックスなるものを
中学3年の夏休みの工作で出したら、新聞に載った事を。
中の配線はまさしくこの初号機と同じような感じでした。
そしたら、O氏はその新聞記事を見ていたと言うのです。
あーー、点と点がつながってこうなったんだと言う思いがしました。

さらに山下氏のモジュラシンセの話。
惜しいことにモジュールを収めていた箱が無くなったのと
改造しようとしたために、既に動作しないとのこと。
この写真の箱は単なる棚なんだそうです。


そのあと最近のアームテルミンなどの話をして
電音ハッカーズは終了しました。

電気も消えた。

そのあと、場所を電気蕎麦に移して蕎麦を食べました。
電気蕎麦の電気の由来はこのシンセなんだそうです。


なんともディープな夜でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Maker Faire Shenzhen 2016 ... | トップ | Arduinoファンクラブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シンセサイザー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。