還暦をとっくに超えた自称”若人世界一周ライダー” 国内外をバイクで走ることが大好きな私の『鉄馬転がしブログ』へようこそ!

ガタついた体に鞭打ち、若い体力を維持していると言い聞かせながら、気力・体力・財力を座右の銘にバイクを楽しむおじさんブログ

2017_06_19 ベトナム屈指のバベ湖へ

2017-06-19 20:53:35 | 39 ベトナム
2017_06_19 ティントックからバベ
走行距離;106Km



【ハノイ近郊からバベまで】
 総走行距離;5,760Km


●宿の主人が留守?
夜半からの雨が小降りになり出立しようとしたら、宿の主人が居ない^^;
宿代を踏み倒しても良いのだが、預けたパスポートを貰えないと動きが取れない。待つこと30分位で食事から主人が戻る。多少語気を強めて『パスポート!』と云っても、どうしたの? のような顔をされる。ハイハイ、ここはベトナムですよ・・・。








山越えの地方道は路面状況が国道34号線と比較にならない程良く、せいぜい50Km前後の速度だがワインディングを楽しめる。そして、またまた棚田の連続。愉しい山道だ。




そんな棚田のなかで水牛と耕耘機と云う、新旧動力が並んだ光景を眼にする。どちらが農作業に効率が良いのかと云ったら耕耘機に軍配が上がると思う。旅人の勝手なお願いだが、このような光景は残して欲しいものです。




一本づつむき出しになったトウモロコシ。面白い風景ですが、何で?



木を切り出したままで、道路を塞いでいる。近くにトラックが切り出した木材を積んでいるが、私が通りかかっても全く知らん顔。バイクなら通れるだろうと、何人かはニヤニヤしている。ドカセヨと云いたいのですが・・・。




バベ国立公園内に位置するバベ湖は、ベトナム屈指の湖だ。湖畔の宿は家族経営のホームステイ(食事付き)が多い。何軒か中を見せて貰うが、しっくりした宿は中々ない。2日間の宿に選んだここは、テラスが広く比較的近くに湖を眺められる。難点は言葉が通ぜず、翻訳君ソフト経由のまどろっこしい会話。共同バスで、宿代70,000ドン(350円)。3食付で1日300,000ドン(1500円)。お世話になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017_06_18 二箇所の日曜市... | トップ | 2017_06_20 バベ湖遊覧 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぬま)
2017-06-21 16:31:41
水のはられた棚田、この時期が一番の見ごろなんですかね。きれいです。手入れが大変なはずですが、労働力が豊富なんですね。これからどんどん豊かな国になる力強さを感じます。
Unknown (Djebel60)
2017-06-22 08:45:48
こちらの男性は、朝からカフェでお茶を愉しんでます。暑い午後からなら、理解出来るのですが。
働く時は一生懸命に、以外はのんびりと過ごすのがベトナム流なのでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。