還暦をとっくに超えた自称”若人世界一周ライダー” 国内外をバイクで走ることが大好きな私の『鉄馬転がしブログ』へようこそ!

ガタついた体に鞭打ち、若い体力を維持していると言い聞かせながら、気力・体力・財力を座右の銘にバイクを楽しむおじさんブログ

2017_06_13 サパ市はチョット・・・

2017-06-13 21:24:33 | 39 ベトナム
2017_06_13 ディエンビエンフーからサパ
走行距離;271Km


【ハノイ近郊からサパまで】
 総走行距離;4,749Km





早朝出発が功を奏し271Km走っても、15時過ぎには標高1500mのサパ市内のホテルに入った。ここはフランス人が開拓した山間の小さな避暑地と勝手に認識していたが、ホテル建設の騒音、狭い坂道に溢れる観光客や車・バイクの喧噪の街だった。景色は素晴らしいけど、私の感性には合いそうもない街だ。参ったなーー。明日はどうしようかな?





ディエンビエンフーから山間地を北上する国道12号線で、ベトナムで初めて(と思う)、カーブミラーを見る。数えられる設置機数だが有るんだ!と感心する。カーブでも平気でセンターラインを越えて来るバイク・車の運転手には、カーブミラーは目に入らないだろうな。何故なら人が居ようが障害物があろうが、兎に角前に進む事しか頭にないんだもん、皆さん^^;




山間地を走ると、規模は小さいが棚田が見られる。こちらはダム湖上流のわずかな土地の棚田。米作りの執念でしょうか。




ディエンビエンフーから50-60Km位の山間で見た、パッチワークのような田植え準備中の田んぼ。水を張り代かきの真っ最中で、忙しく耕耘機が動いている。見ていて愉しく飽きない動きである。




荒れた路面を削り転圧されたモザイク模様の凸凹路面が、サパに向かう峠を越えるまで延々と続く嫌な登り道。峠近くの2000m近くまで登ると雲の中に入り、肌寒さを感じる。【峠よりかなり手前で】








凸凹道が終わりホッとして峠を下ると、青々とした棚田が見える。こちらは岩で補強されたような、頑丈な棚田だ。




サパ市内からそう遠くない所で見た落差のある、観光名所の滝。Silver Waterfall だそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017_06_12 ディエンビエンフ... | トップ | 2017_06_14 DT155号線は棚田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。