JH1LKJ

Amature radio のたのしみ。古い無線機のレストアを中心にアマチュア無線やそのほかの話題も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またまた見つけたTR-9000Gの不良

2013-12-18 16:41:13 | TR-9000G

またまたTR-9000Gのレストア中に工場での製造エラーを発見してしまいました。

背面のFINALユニットに配線されているビニール線材がヒートシンクとシャーシーの間に完全に挟まっています。

ヒートシンクの取りつけネジの様子を見ると、ちゃんと緩み止めの接着剤が付いてます。修理時やユーザーがネジを外した形跡は有りません。工場で組み立てた際に挟んでしまったようです。

幸い絶縁ビニールが潰れただけで中の導線がケースに短絡していないので機能的には障害になっていません。だからこそ機能的な検査では引っ掛からなかったのでしょう。

なんだかTR-9000Gには製造時の問題が多いような・・・・・。これで3台目。ちなみにこの時代ですから外国製ではありません。銘板にも「JAPAN」の文字があります。

もちろん分解したときに修復しておきました。

Img_1015

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TR-9000Gのハンダ付け忘れ

2013-10-22 09:08:28 | TR-9000G

TR-9000Gのレストア中に発見した製造時の不具合です。

電源ONでスピーカーから低周波の発信音が出っぱなしです。以前の経験でサイドトーンの発振部のタンタルコンデンサー(RXユニットC130)の短絡だと思って外してみたのですが発振は止まらず。

その前のR149を外すと発振は止まります。R149よりも前の部分に原因があることが分かったので順番に追っていく中でこれを発見しました。

リアパネルのKEYジャックの配線がハンダ付けされていません。

<wbr></wbr>工場のお姉さんがついお隣さんとおしゃべりしながら作業してハン<wbr></wbr>ダ付けするのを忘れたのでしょうか?・・・・検査もすり抜けてしまっ<wbr></wbr>た製品です。

私の前職ではこんなのがユーザーに行こうものなら大騒ぎです。数回は対策会議でしょうね。製造部門、検査部門、品質管理部門総出でユーザーさんのところに行って原因、対策・・・・・・。懐かしいですけど。プロ用通信機とアマチュア用通信機の違いですね。価格が違いますからね!


Photo

原因はこれではなくてTXユニットのダイオードを交換してすぐに直ったのですが・・・・。

レストア中にこんなのを見つけるとテンションが上がってしまいます<wbr></wbr>。半導体が劣化したり、コンデンサーが抜けた<wbr></wbr>り、半田が劣化したりは頻繁に有りますが、明らかに工場で製造し<wbr></wbr>た時のトラブルを見つけるとうれしくなっちゃいます。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋葉原のラジオストアーが閉館

2013-09-27 05:39:46 | まち歩き

今年の11月末でラジオストアーが閉館になるらしい。とっても寂しいです。

http://www.akiba-rs.co.jp/

1950年から続いていたようですが、ついにその時が来たようです。隣接するラジオセンターはまだ残るらしいですが、この先は心配です。ラジオデパートも心配です。

私が初めて秋葉原のこのあたりに行ったのは小学校6年生の夏休みでした。夏休みの自由研究の宿題で中波ラジオを作るために部品を買いに「初歩のラジオ」を持って父親と一緒に行ったのでした。これが私が初めてエレクトロニクスの世界に足を入れた第一歩。

Map_002

先月ハムフェアー2013に出かけた帰りに立ち寄ったラジオデパートです。

ここの行く末も大変心配です。土曜日の午後だったのに通路で写真を撮っても誰も撮影範囲内にお客さんは映っていない状態・・・・。昔は通り抜けるだけでも大変だったのに。

Img_0510 Img_0508

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

終端型電力計

2013-08-29 12:28:50 | アマチュア無線

TR-751Dのパワー調整をしていたら突然パワーが30Wから10W以下になってしまいました。ちょっとがっかりしていたのですが、無線機に付いているメーターは全く下がっていません。

ウーン・・・・・「パワー計がおかしいのだ」と気づいてスイッチを何度かカチカチと押すと復旧します。

レンジ切り替えのスイッチの接触不良です。スイッチを交換したいですが、こんなスイッチ手に入るはずもなく、接点洗浄剤を隙間から吹き込んでガチャガチャと何度もON/OFFで何とか復旧しました。

測定器が調子悪いとイライラします。

Img_0521

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TS-780のハンダ付け不良

2013-08-29 06:36:00 | TS-780

TS-670 #3 のレストアが途中で中断したままなんですが、先日入手したTS-780をいじってました。

SSBの受信が極端に感度が悪い。まったく受信していないわけではありませんが正常品に比べたら40dBくらい悪いような感じがします。本来ならばS=9くらいで受信できるはずの強さの信号をSSGから入れてもかすかに小さな音でノイズの中から「ピー」と聞こえる程度です。

144MHzも430MHzもほぼ同等です。

原因がなかなか分からずIFユニットをひっくり返してあちこち調べていたら突然感度アップです。

「どこかにルーズコンタクトがある」と感じて調整ドライバーでプリント基板を突くと良くなったり悪くなったりです。それで行きついたのがこのハンダ付け不良です。

0002  

クリスタルフィルターのリードです。ハンダ付けをいじった形跡はなし。製造時点からのハンダ不足ですが、さらにそこに亀裂が入って不導通になっていたようです。

私がいじっている間に一時的に導通が復活・・・・基板を突くとまた不導通になっていたようです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加