taniyan 's LogBook

アマチュア無線&鉄道旅行のログブック by taniyan / JH0HYX

E353新型あずさ営業投入日決定@12月23日

2017-10-29 14:27:23 | 鉄道

 

 E353系、量産先行車投入から二年半。JR東から公式発表があり、営業投入日がようやく確定しました。12月23日、スーパーあずさ1号/4号の運用系統からスタート。4系統あるスーパーあずさ運用のうち、2系統がE353に置き換えられることになります。10月12日には、量産車S102+S202が横浜を出場。量産先行車S101+S201は、量産車とおなじ仕様に改造するそうですが、営業開始までには、予備車を含め少なくとも3編成は必要になるので、近日中にもう一編成落成することになるのでしょう。このペースだと、5編成そろうのも時間の問題、E351とのお別れの日も近い。結局、あずさ(松本=新宿)2時間の夢は叶わず、160km/h運転できる実力を発揮することなく、E351まもなく引退か。

 

 E353、奇しくもE351の営業投入日(1993年12月23日)と同じ日(天皇誕生日)にデビューすることになりました。E257のデビューは、2001年12月1日でプリンセスの誕生日と同じ日。「あずさ」、なんか皇室と縁がありそうな:)。

 E351といえば、当時超ハイテクな印象で登場したのを覚えています。183/189の置き換え用、というより、全く新しい車が来たという感じ。振り子機構や、209系に続いて量産本格導入が始まったばかりのVVVF制御など。翌1994年12月から「スーパーあずさ」を名乗るようになりましたが、新規設計、新機能満載が故に、投入当初は車両故障などトラブルが結構あったみたいです。当時上り勝沼付近を走行中、だんだんスピードが落ちてトンネル内で停車。しばらくして「再起動します」とのアナウンスがあり、パンタ下ろして完全OFF、SIVも停まり車内は真っ暗(昼だったけどトンネル内なので)。突然訪れた静寂のなか、トンネルの中を流れる湧き水の音を聞きながら待つこと数分、突然動き出した制御機器冷却ファンの音とともに、E351再起動完了、なんて経験もありました。当初の信頼性は、Windows95といい勝負だったのかもしれません:)。E353は、十分時間をかけてチューニングしたから、こんなことはないでしょうね。

 

 少し早いですが、E353営業投入に合わせて、「松本駅列車入線調査」改訂しました。E353は、12月23日から、次の2系統の運用に充当されるとのことです。

・新宿⑩(07:00)=1M=(09:39)③松本(入庫)=(出庫)松本③(14:49)=22M=(17:24)⑩新宿⑩(18:00)=29M=(20:24)②松本

・松本②(06:51)=4M=(09:27)⑨新宿⑨(10:00)=11M=(12:31)②松本②(13:02)=18M=(15:33)⑩新宿⑩(16:00)=23M=(18:34)②松本②(20:00)=32M=(22:37)⑦新宿

 

 一番列車、きっと「8時ちょうどの、スーパーあずさ(5号/6号)で~」、、、かなと予想していたのですが、両方とも読みが外れました。イベント的にも、狩人呼んで盛り上がるかと思ったのですが。。E353、早く乗ってみたいけど、E351の乗り(飲み?)納めもしないと:)。

 

by taniyan

taniyan'  homepageへ
taniyan's homepage


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 JR長野鉄道フェス... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。