toru-kon DIARY

撮魂日記
アクティブダイバーの水中写真日記ですよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宅地造成とシオマネキ

2006-01-13 23:01:42 | 身の回りのこと

僕はいわゆる新興住宅地的なところに住んでいます。
僕が住みだしてからも新規の宅地造成は継続されて、裏山的なところが毎日どんどん何台もの重機によってたかって削られていました。ある日、ハっと気づいたのですが、ピョロンと残った山の一部がカニのシオマネキの目に見えてきました。

この写真2ヶ月ぐらい前に撮っておいたものだと記憶しているのですが、今はもうこのシオマネキのような風景すら残っていません、見事に更地ですわ。人間の破壊本能というかスクラップアンドビルドというか。でも僕が今住んでいるこの家もホンの数年前は山だったんだなぁ、と思うと僕も何かを壊して、犠牲にして暮らしていることを実感してしまいます。

でもホントは日本全国というか、世界じゅう(人間の侵入、生存を許さないような厳しい場所も世界には多いのでしょうが)でいえそうなことですが、人間が地球上に誕生する前なんかは、今の状態とは似ても似つかん(多分です)状態だったんでしょうねえ(日本にナウマン象がおった時代とか考えられんですわ)。
『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神の御業 | トップ | 溢れる生命力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
破壊された山 (湘南のJOHN LENNONの独り言)
謹賀新年 破壊された山 9月の日記で「山を崩して緑を消してできた街その2」という内容の日記を書いたが、google earth という衛星写真を見られるソフトをインストールし、その現場を上空から確認してみた。想像以上に山が切り崩され、緑が失われていた!ま ...