大峰 釈迦ヶ岳

2017年06月24日 | 徒歩(ハイキング)

梅雨が明日から本番になるようなので腰痛で行けなかった大峰釈迦ヶ岳に行ってきました。

道の駅大塔を下ったところで時間制限の通行止め・・・

10分で開通するか1時間かかるかわからないとの事だったので道の駅大塔に戻りトイレで軽量化しました。

下ると通行止めも解除されすんなりとR168旭橋の分岐へ

 

この看板で釈迦ヶ岳登山口まで。。。

大きな落石が多く慎重に進みました、しかし17キロは長かったなぁ。

 

太尾登山口はまだガラガラ。

トイレも様式があります。

 

登山届けをポストに入れスタートです。

階段はここのみ!

 

案内がたくさん有り道もはっきりしているので道迷いは皆無です!

 

朝方の眺望。

携帯が悪いのか青い色がムラに・・・

 

古田ノ森、1618m

 

ピークはまだまだです。

 

千丈平、1660m。

この辺りに隠し水があるのだがスッカリ忘れていて素通り。。。

道中、野生の鹿もたくさんいました、写真を撮ろうと思ったらすぐ走り去るし。。。

 

大峯奥駈道で見かける石柱の案内。

 

お釈迦様に会えた時には青空が現れました、標高1800m。

登山の安全を祈願して合掌。

 

『山頂の釈迦如来像は、大正13年(1924年)に「鬼マサ」の異名で知られていた岡田雅行(1886年 - 1970年 身長188cm 体重約120kg)

という強力(ごうりき)が、たった一人で道をつくりながら、3分割して担ぎ上げたと伝えられる。』 

ウイッキペディアより抜粋。。。

 

一等三角点はやり変えたみたいで新しいぞ!

 

下り、時間もあるので深仙宿まで行ってみました。

下りは苦手です、滑るし膝にくる。。。

 

深仙宿に到着。

しかし扉はかたくて開かなかった・・・

しばし質素な補給をします(笑)

 

これがフォークの木ですね。

 

登山口に戻ると満車状態。。。

尾根道の稜線歩きだが結構疲れた、深仙宿まで200m程下って登り返したのもあるかな

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

橋本へ。。。

2017年06月18日 | ロードバイク

腰痛もちょっとよくなってきたので山歩きに行きたいところだがやめときました。

でっ橋本は恋野にあるあじさい園に自転車で行ってきました。

正式名称は 『恋し野の里あじさい園』 というらしいです。

 

この石碑の橋本市長の名前が面白い!!

塙坂 治郎五郎。。。はねさかじろうごろう。。。名が二つもありまっせ(笑)

 

正直 今の時期は何処にでも?たくさん咲いているので珍しくないですね。

緑化センター、森林公園でもたくさん咲いてます。

 

 

橋本のきたら必ず立ち寄るパン屋さん『アークティック』 です。

オーナーも自転車乗り、日曜日はお休み。 

昼を過ぎていたのでパンも少なめかな。

 

腰痛もさほど気にせず自転車で80キロ走りました。

あ~~快晴なのに山歩きに行きたかったな・・・ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名草山(6/4)  四国山~高森山 深山要塞跡(6/10)

2017年06月11日 | 徒歩(ハイキング)

ブログのアップをサボっていました・・・

6月4日は自身の腰痛も思ったほど改善されないので近場の名草山に登ってきました。

 

 

228mの低山といえぞ山頂からの眺めは最高ですね。

いろんなルートがあるので違うルートでまた登りに行きたいです。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月10日は森林公園から四国山、高森山に登ってきました。

 

 

四国山の展望台からの景色も最高でした。

 

高森山は岬町になるんですね。

ここからの展望も良かったです、紀泉アルプス最西端の山です。

 

小島漁港が見えてるのかな。

 

下りはヤマレコマップで地図を確認しながら下る予定でしたがここの地点の地図を入れてないことにスマホを見て発覚・・・

名草山の地図は見れたので安心してたのが失敗でした(笑)

適当に案内板を見て進みましたが迷ってばかり・・・

四国山に戻るルートに復帰できてやれやれ。。。

ニョロは三匹も見るしマムシやしビビリながら歩きました。

 

この山も紀の国森作り基金活用事業として整備されたみたいだが維持管理が全くされていない!

山頂広場は草まみれ、展望台に登る階段は壊れてロープを張ってる。

案内板は字が消えて読めないし壊れていたりする。

龍門山の穂落コース、ここの山のコースも税金を使って整備するなら維持管理をする前提で行ってほしいと痛切に感じた!!

 

時間があるし行ったことが無い深山要塞跡を見に行くことにした。

過去の戦争遺産ということですね。

加太国民休暇村の下にレンガを敷き詰めた遊歩道がありそこが入口です。

 

ピークまで登ると展望のいいところにでます。

この東屋で昼休憩をしました。

 

かすんでいてはっきりと見えないが最高の景色です。

友ヶ島というのは2つの島を合わせて友ヶ島というみたいです。

手前が地ノ島、向こうが沖ノ島、さらに向こうは淡路島です。

 

 

レンガ造りの弾薬庫跡を見ました。

 

下に下りるとヒヤッと空気が変わりました。

目視では雰囲気のある光景でした。

 

弾薬庫は真っ暗で明かりがないと何も見えません。

フラッシュをたいて写真を撮りました。

ゾンビでも出てきそうな雰囲気で少し緊張しましたね。

 

砲台跡を見て遊歩道を周回し休暇村に戻りました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和葛城山  天狗谷ルートをピストン

2017年05月21日 | 徒歩(ハイキング)

つつじの見頃も今日が最終だと思い大和葛城山に登ってきました。

去年はロープウェイ側から登り大渋滞にはまったので今回は水越峠側から登りました。

水越峠の旧道は駐車禁止の規制がかけられているため何が何でも駐車場に停めなければと思い和歌山をAM3時半に出ました。

水越川公共駐車場に着いたのは5時で もうすでに半分くらい停まってました。

ここで事件が?起こりました・・・

先日から腰が痛くてままならない状態だったので昨日は整骨院に行って休養日としていました。

おかげで今朝は痛みもなくバッチリだと思いつつじを見に行くことにしたんです。。。が・・・

登山靴を履いているときに腰の痛みがぶりかえし真っすぐに立ち上がれない状態が・・・

今日もここまできて登山することなく終わったと思いました・・・

時間をかけて腰を伸ばしなんとか真っすぐ立って歩ける状態までなりました。

ダメもとで行けるとこまで行くぞ!!と決めてハイクアップです(大丈夫か)

天狗谷ルートからダイトレを周回しようと思ってたんですが下りのダイトレは無理と判断して天狗谷ルートをピストンしました。

 

スタートしてボードウォークを下ります。

 

ここを右に行きます、ここの駐車スペースも満車です。

 

ここまでに 1度道を間違えました~

 

沢を渡り林道歩きです。

 

唯一のクサリ場です。

 

このルートも階段がありますが歩きやすいですね。

 

腰痛ジジィにはありがたいベンチでした。

しばし休憩をして腰を伸ばしました。

 

弘川寺ルートと合流しました。

 

丸太でできた堰堤ですね!!

 

現在地の案内がありました。

 

キャンプ場を通過します。

 

白樺食堂。。。

展望デッキからは霞んでいて景色が・・・

 

ピークで記念写真を。。。

この時点で6時53分、まだ人もそんなに多くないね。

 

金剛山が目の前に。。。

 

取り敢えず天空のハッピーベルを鳴らしておきました(笑)

 

つつじ園を歩いてみました。

 

間近で見るともう枯れかけているような花に感じるものが多かったですね。

 

後は来た道を戻りました。。。が・・・

腰の痛みがひどくなってきて何度も立ち止まり腰を伸ばし、だましだましゆっくり下山しました。

明日はどうなっていることやら・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金剛山  青崩道 ↑ 太尾道 ↓

2017年05月05日 | 徒歩(ハイキング)

水越峠の水越川公共駐車場に車をデポして青崩道から金剛山に登り太尾道で下山しました。

 

青崩道はほとんどが急な階段コースでした。

 

ここがセトです、まつまさから登った黒栂谷道との出合いです。

 

花にはうといので名前は??

 

青崩道の小さい木橋の手前を左の横道に入ります。

鳥の餌場を経由して葛木神社から山頂広場に行きます。

 

太尾道との出合いは真っすぐ進みます。

 

 これは終わりかけのかたくりです。

 

崩落箇所があります。

 

 鳥の餌場に着いたんですがピーナッツを持ってくるのを忘れてしまった・・・(汗)

 

 裏参道から葛木神社に行きます。

 案内のところの仁王杉です。

 

 葛木神社で手を合わせてGO!

 

 

 

 転法輪寺のところに山伏と力比べの準備が。。。

こどもの日だからかな。。。

 

 桜はまだかろうじて咲いていました。

 

PLタワーの辺りを望む。。。 

 

 登った証拠写真をば。。。(笑)

 

 しばしコーヒータイムの休憩をして売店と転法輪寺の間の太尾道から帰ります。

 

すぐに大日岳が現れます。

ここを過ぎると道が三つに分かれてますが左へ進みます。

 

広い道っぽいところがたくさんあります、基本大きな踏跡を進みます。

 

六道の辻、ここは右へ。。。

 

 太尾塞跡、ふとおとりであとと読むのかな。。。

 案内があります、ここは左へと進みます。

 

ここから急下りが始まりました、ロープを張った箇所も。。。 

初めてのルートなんでビビりながらゆっくりと下ります、何人かにパスされたなぁ~

 

こんな石積みがいっぱいありました。

ケルンとも違うんだよね。。。 

 

 この案内の分岐で右へ進みます。

先が結構長く感じました。

 

太尾道の登山口に下ってきました。

ひとつ気になったのが路線バスも走る道なのに路上駐車の多い事・・・

僕は水越川公共駐車場にデポしてるから関係ないんですが・・・遅く来ると駐車場もいっぱい・・・

前に流れている水越川で靴を洗って帰宅しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉野までツーリング

2017年05月04日 | ロードバイク

連休初日は自転車です。

吉野まで走るので途中離脱するつもりで行きました。

なんとか往復でき最近では最長の145キロ走りました。

 

おばさんお姉さんはなんと60歳で息子さんも一緒に走ってます。。。

しかもフラットペダルで平地は速いこと。。。

 

 吉野山には下市から才谷周りで登りました。

桜も終わっているし吉野山まできただけという感じです。

すぐに下り来来亭で昼御飯、よう流行ってますね!

帰路はアベ30キロレベルでワシにはきつかったですがなんとか。。。(笑) 

 

自転車でタッチパネルのスマホでは写真が撮れないので少ないです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥山雨山自然公園ハイキング

2017年04月22日 | 徒歩(ハイキング)

大阪は熊取町の永楽ダムのパーキングに車をデポして奥山雨山自然公園を東コースから西コースを歩いてきました。

ハイキングコースとなっているが階段、ガレ場、急坂、急下りが多く近場の低山なんで楽勝と思っていたが侮ってはダメですね!

 

 パーキングは今年の4月から有料となってる・・・

案内を撮ったんだが字が小さくて読めないね。

 

 永楽ダムの堰堤を渡り右に曲がり少し歩きます。

これから登る展望台が道から見えています。

 

 取り付きから急登なんですが・・・

 

  

木の階段が続きます。 

 

 滑りやすいガレ場や岩場を越えていきます。

 

 

下の道から見えていたまだ新しくキレイな屋根つきの展望台に到着です。

 

渡ってきた永楽ダムの堰堤が見えています。

 

 さらに東ハイキングコースを進みます。

 

 山ツツジも咲いているがもう終盤で枯れてきているのが多いですね。

 

 

 どこの山が見えているんだろう。。。

 

実はこの分岐を何の気にもせず通り過ぎて斎場方面に進んでいたのだが永楽池に行かないといけないと思って引き返したんだが・・・

 

 戻り永楽池へ下る道は急下りの階段とガレた滑りやすい土道・・・

おまけに崩れて階段がなくなって岩場を下らないといけないところがあり平衡しました。

 

下った先の舗装路にこの案内がありました。

斎場経由でも行けたのか・・・

さて右に行くか左に行くかどっちだ・・・?

 

 取り敢えず道を登っていくとこの案内がありやれやれ。。

永楽池でバス釣りをしている人います。

 

 

 

 西ハイキングコースも階段、ガレた土道、岩場でなかなか手ごわいです~

 

 

 

鉄塔にきました。

 

 東ハイキングコースで登った展望台が見えています。

 

 永楽ダムも見えています。

 

 この案内で雨山に向かいますがかなり離れていてピストンするんです。

登ったり下ったり滑りやすいガレ場だったりと低山といえぞなかなか。。。(笑)

 

 

 休憩ポイントの月見亭だが直射日光で暑いんですけど・・・

 

 少し進むと住民の森、千畳敷跡があります。

突き当たりを左に行くとピークの雨山に到着です。

 

なんか立派な休憩場?がありました。

 

 建物の右裏に雨山の案内がありました。

 

目視ではりんくうが良く見えました。

後は来た道を分岐まで戻り永楽ダムまで行きます。

 

急な深い階段下りが延々と続きます。

道中、咲いていたきれいなツツジ。。。

 

  延々と下りダムのほとりに出てきました。

ランニングしている人やウオーキングしてる人がたくさんこの道で出合いました。

 

なかなか侮れない低山の奥山雨山自然公園ハイキングコース。。。十分歩きました、登りました、下りました。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紀泉アルプス。。。③

2017年04月15日 | 徒歩(ハイキング)

紀泉アルプスを歩いてきました。

大関橋にデポして鉄塔コースから青少年の森、井関峠、俎石山、大福山、奥辺峠、八王子跡道、大関橋と周回コースです。

 

桜もかなり散っています、大関橋を7時10分にスタートです。

 

鉄塔コースから四ツ池道を歩き六角堂、青少年の森に行きます。

 

鉄塔がでてきたのでコースに間違いな~し!!

 

このコースは杉林がほとんど無く自然林ですね。

 

途中のカーブのところに奇妙な観音様が鎮座されてます。。。

 

案内で現在地を確認するとまだほとんど進んでませんね(笑)

 

上の案内地図には娘地蔵の前を通ってないんだけどあるんだよね・・・

案内が間違っているのかな・・・

 

尾根道が結構多いね。

 

六角堂に到着です。

 

青少年の森、広場もすぐです。

 

ここからの和歌山市内の眺めは最高ですね!!

山の桜もよくわかります。

 

大福山まで3・2km歩かないと。。。

 

道中の眺めはいいですね。

 

この分岐で雲山峰から山中渓、井関峠から大福山に分かれます。

 

ゆるい坂、急坂の分岐があったので行くなら急坂でしょ!!

ロープを伝って降りました。

 

かな~り歩いて井関峠にでました、休憩できる東屋があります。

大福山までまだ1・4キロありますね~

 

途中、西のせん法ヶ嶽に寄り道しました。

 

俎石山に行く道中にある際が補強された細尾根。。。

 

俎石山の一等三角点、420メートル。

 

俎石山の北展望台までやってきました。

りんくうゲートタワービルやかんくう大橋が見えますが霞んでますね・・・

大福山の分岐から長いと思ったら1・1キロも歩いてきてますね。

 

戻り大福山に寄ります。

 

多奈川火力発電所がよく見えます。

 

ここでコーヒータイムです~

 

所々にこんな地図もあります、大関橋に戻る観音尾根コースは書かれてないね・・・

 

僕の写真には細尾根の写真が多いのに今、気付きました~

 

奥辺峠の案内です。

 

この案内で八王子跡道を奥畑まで下ります。

 

ここから先は軽トラが通れるのか車の轍があります。

しかしガレガレの大きな石ころが多くて歩きづらい長~い道です、次回はないですね!!

 

やっと先手川沿いの道に下ってきました。

 

かなり舗装路歩きをして大関橋の手前に観音尾根コース登山口へパス道というのがありました。

次回登ってみるとしよう!

デポ地の大関橋に戻ってきたのは12時を過ぎていたので5時間の道程でした。

ほとんど休憩をしていないので実質4時間30分位の山歩きだったかな。。。

しかしニョロに2匹も出会うしアブも飛ぶ季節になってきてるから嫌だね。。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犬鳴山からハイランドパーク粉河

2017年04月02日 | 徒歩(ハイキング)

朝から近場で山歩きのできる場所を探していた。

犬鳴山からハイランドパーク粉河に行けると知り適当に下調べをして犬鳴温泉のパーキングに向かった。

 

犬鳴山の山門をくぐるとなんだか神聖で厳かな感じがした。

 

この案内で五本松、高城山へと。。。

五本松というのはハイランドパーク粉河の辺りです。

 

結構な階段をてくてく登ります。

 

ここで犬鳴東手川線に出ます、近畿自然歩道とも言うんですね。

 

林道を歩きこの案内で高城山を経て五本松に向かいます。

 

こんな案内がいたるところにあり迷う事はありません。

 

布引の滝というのありトラロープを張った斜面を下りました。

 

杉の植林帯の中なんで展望は全くありません・・・

 

途中、高城山の分岐があったので行きましたが展望はありません。

 

下り五本松を目指します。

 

ここら辺りから林道を交えながら五本松へ向かいます。

案内があるので初めてでも全く問題ありません。

 

蕎原との分岐を過ぎもう少し歩くとハイランドパーク粉河に到着します。

 

ハイランドパーク粉河の道際には雪が残ってます、ロードバイクも3台見かけました。

コーヒータイムにしたんですが全く飲まないうちにひっくりかえしてしまい自販機でコーンスープを買いました(笑)

 

貝塚方面に進み展望台を見ただけで戻りました。

 

五本松の案内で近畿自然歩道がありここから下ります。

 

急な石の階段が延々と続きました。

 

ここも林道をまたぐ石の階段、木の階段の連続です。

 

林道犬鳴東手川線を延々と歩くようになりました。

 

心霊スポットでもある犬鳴トンネルを歩きます。

電灯も点いているので昼間は全く普通にいけます。。。

 

朝、登った取り付きの前を通ったのでぐるっと周回してきたんですね。

 

朝来た道を帰れば良かったんですが違うコースということで進みましたが舗装路が延々と続き嫌になりました・・・

途中、犬鳴不動噂に行く道がありました。

 

ほぼ4時間で歩きました、家からも近くてまた歩きにこようかな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生石高原山焼き

2017年03月12日 | 徒歩(ハイキング)

 生石高原の山焼きがあると知り火入れ式を見に登ってきました。

小川宮の手前に登山者用の駐車場がありここにデポしました。

 

 車なら左の車道を進みますが登山なのでハイキングコースをいきます。

 

案内板があります。

直登コースから生石高原に登り桜の小径コースで下るように周回ルートで登ります。

 

舗装路をかなり歩きやっと直登コースの取り付きです。

 

 この大観寺まで結構な登りが続きました。

 

また舗装路が続きます。

 

弘法大師押し上げ岩に立ち寄り僕も押し上げておきました(笑)

 

 梅の花も見ごろですね。。。 

 

 

 土道歩きハイキングの始まりです~

 

杉木立の中を進みます。

 

 

 竜王水のポイントまできました。

 

キツメの登りが続きます。

 

昔の国民宿舎跡です。

 

この階段を登り切ると生石高原です。

 

 下から直登りコースで1時間30分は早すぎかな。。。

 

目視では海まで見渡せました。 

 

 

火入れ式まで40分位まちました。

和歌山県知事が火をつけました。

目視では風の影響もありかなり炎が上がりました。

 

燃え盛る炎とともに和太鼓の音が迫力をかもし出しました。

 

 本来なら生石ヶ峰まで行き生石神社経由で歩きたかったのですが山焼きのため行けません・・・

 

 仕方ないので車道を歩き桜の小径コースにいける取り付きまで歩きました。

 

 本当ならここに下ってくる予定だったんですがね・・・

 

桜の小径コースで小川宮に下るコースの取り付きです。

 

 杉木立のなかを進みます。

直登コースよりキツクないので下山にはこちらのコースがいいですね。

 

札立峠に行く旧道を横切ります

 

集落のある辺りに梅の花が咲いていました。

 

早々に下山したので山焼きの煙が見えました。 

 

東屋のあるところで休憩します。

 

 桜の小径コースの取り付きに下山してきました。

登山駐車上にはたくさんの車が止まっており山焼きを見に行ったのでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加