横浜スローライフ -- My slow life in Yokohama

位置情報、地理情報に関するサービス、その他日常生活から思ったことを気ままに記す不定期のんびり日記

クルマにスマホナビ環境を構築

2016年10月17日 16時45分20秒 | スローライフ
家で乗っているクルマは5年半前に購入したもので、純正のカーナビが付いている(パイオニア製)。地図データのアップデートをしていないため、新東名を始め、その後の更新情報が反映されていない。それを補うため、スマホのマップアプリのナビ機能を使うこともあったが、今回「本気」でその環境を構築した。と書くと仰々しいが、要するにスマホホルダーとUSB電源を用意したのだ。

たったこの二つだけで、最新の地図情報付きのナビを存分に使えるようになった。

 スマホをダッシュボードに装着
縦にも横にもできるし、画面(iPhone6)は明るくて想像以上に見やすい。
SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2 ( 伸縮アーム 粘着ゲル吸盤 ) HLCRIO121

 USB電源
シガーソケットに差し込むタイプのもの。私も家族もタバコを吸わないので、シガーソケットは単なる無駄だったが、これで電池食いのスマホナビも安心して使える。それどころか、Macbook12インチの電源としても使える電流量なので、ちょっとしたオフィスにもなりそう。
Anker PowerDrive 2 (24W/4.8A 2ポート USBカーチャージャー) iPhone&Android対応 (ブラック)

 Appleのマップアプリでナビ
Appleのマップアプリ、ナビ機能の実用性は大変高い。見やすさ、わかりやすさで、純正のカーナビに比べても上を行っていると思う。この3D表示がとてもなめらか。曲がり角に近づくと3D表示から2D表示に自動で切り替わる。Appleウォッチを使うと、トントンと叩いて知らせてくれるので、曲がり角を見落とすことが無い。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7回目のDreamforceに行ってき... | TOP | Appleのマップアプリの乗換案... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。