横浜スローライフ -- My slow life in Yokohama

位置情報、地理情報に関するサービス、その他日常生活から思ったことを気ままに記す不定期のんびり日記

シリコンバレーではUberを使えば移動が思いのまま

2017年01月29日 21時11分49秒 | スローライフ
今、シリコンバレーにしばらく滞在している。

サンフランシスコ市内には毎年1回以上は来ているものの、シリコンバレーは足を延ばすことはあっても、落ち着いて滞在した記憶はない。
シリコンバレーは、車で移動することに最適化されていて、それ以外の移動手段は後回しになっている。首都圏の生活利便性に慣れきった身には、結構不自由に感じる。
坂道があまり無いから、自転車も有効なのだが、ホテルにレンタルバイクとか無いので、結局車に頼らざるを得ない。

週末だけのためにレンタカーを借りるのも面倒だし、レンタカー屋は空港くらいにしか無い。「Timesカーシェア」みたいな気の利いたのも無いし、延々歩くしか無いかな、などと思っていたら、知人からUberの利用を勧められた。

Uberは日本でこそ行政の制限があって営業が限られているが、こちらでは相当広まっているようだ。
アプリを立ち上げ、配車依頼をすると、大抵は数分で車が迎えに来る。Uber Poolという名の相乗りだと、5ドル程度からせいぜい10ドルくらいで、例えばクパティーノからカルトレインのサニーベル駅まで行ける。行き先はアプリで指定するので、ドライバーに説明しなくてもいい。支払はアプリに登録してあるクレジットカードアカウントで自動決済なので、現金を持たなくてもよい。慣れない街を自分で運転するリスクは無いし、なんと言っても、歩くと1時間半とかかりかねない距離を、車だから15分くらいで行ってくれるので、大変助かる。

Uberを得たことで、シリコンバレーを自由自在に移動できるようになった。
日曜の今日も、昼頃に宿を出て、カルトレインのサニーベル駅まで乗せていってもらい、サンフランシスコ市内まで遊びに行ってこられた。もう、レンタカーもタクシーも要らない。確かにこれはライフスタイルを変えるほどのイノベーションだ。
 Uberアプリの画面
Poolという相乗り。この場合は私が先におりて、同乗者はさらに先まで行く。

ちなみに、カルトレイン(CalTrain)は日中は1時間に1本しかないが、ハイウェイ101の交通渋滞も関係なく、これまた10ドル未満で移動できるので、実にありがたい。
もうちょっと本気出して、1時間に2本の運行をしてくれたら嬉しいが、当地の社会のコンセンサスがそこには無いのかもしれない。
 サニーベル駅に到着したカルトレイン
6両編成の二階建て。ディーゼルなので加減速がやや苦手。時刻の正確性に関しては結構アバウトで、大抵は数分遅れる(けど、お詫びしたりはしない)。

サニーベルからサンフランシスコまでは70㎞くらいあり、ちょうど品川から小田原くらいまでの距離に相当する。所要時間も1時間20分くらいかかり、ちょっとした小旅行だ。車窓の景色も「外国人」の私からはなかなか興味深く楽しい。


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ソニーのノイズキャンセリン... | TOP | 「洗う派」の海外出張必需品 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | スローライフ

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。