横浜スローライフ -- My slow life in Yokohama

位置情報、地理情報に関するサービス、その他日常生活から思ったことを気ままに記す不定期のんびり日記

QGIS 1.0リリースと基盤地図情報WMS公開

2009年01月27日 10時15分56秒 | OSGeo/FOSS4G

 昨日、QGIS(Quantum GIS)の1.0がリリースされた。

「えっ?QGISって今までバージョンは1未満だったの??」

という声が聞こえそうだが、オープンソースプロジェクトは開発グループのポリシーがそれぞれ違うので、バージョン番号がどんどん上がっていくものもあれば、そうでないものもある。QGISは、2002年2月から始まったプロジェクトで、7年近くかけてようやく開発グループが「太鼓判」を押せるレベルになったということだろう。

 改めてQGISについての案内をすると、これは「汎用的なデスクトップGISツール」である。このジャンルにはArcGISなどの商用製品が軒を連ねている。QGISがこれらの商用製品と比べても、かなりのカバー率で対応できている。また、WMSやWFSなどのインターネット上のデータリソース、空間データベース(PostGIS)へのアクセスなど、数多くの外部データへのアクセスができるようになっている。

 また、GRASSの機能をプラグインとして使えるなど、他のソフトウェアの機能も取り込んでいるし、C++、PythonのAPIを提供することで、業務用途でのカスタマイズにも対応している。さらに、マルチプラットフォーム対応となっており、Windowsはもちろん、Linux、MacOSXでも動作する。

 でもって、誰にでも無料で使える。特殊な用途を除けば、商用製品を使い続ける必然性はかなり低くなっていると思う。つくづく、デスクトップGISツールにもコモディティ化の時代がやってきたなぁ、と。

 まだ商用製品でないとデスクトップGISツールはダメだ、と思いこんでいる人も多いと思うが、皆さん、ぜひ使ってみて欲しい(参考までにWindows版のダウンロードはOSGeo4Wというプログラム群の1つとして選択する形でインストールする)。

 もちろん、改善すべき部分もいっぱいあるのだけれども、それこそオープンソースプロジェクトなので、皆で良くしていけばよいのだ。

 ところで、同じ昨日、基盤地図情報25000WMS配信サービスが始まった。
 これは、近畿中国四国農業研究センターが提供するもので、利用は無料。さっそく真新しいQGIS1.0でアクセスをしてみた。

 とってもサクサク動く。(文字通りの)白地図ベースマップとして使える。個人的には等高線が見られるのが嬉しい(最近の地図サービスでは等高線が虐げられているのがちょっと悔しかったので)。


  QGIS1.0+「基盤地図情報25000WMS配信サービス」はこんな感じ

 なお、ここでは地名が表示されていないが、同じ近畿中国四国農業研究センターから、自治体名WMS配信サービス(仮運用)というのが公開されているので、こちらと重ね合わせることで、最低限の地名が表示される。

 QGISの場合、WMSサービスをいったん登録するとそのアクセス情報が保存されるので、次回以降はURLなどを設定する必要は無い。お金の面でも、手間の面でも大変敷居が低いので、是非お試しあれ。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コモディティ化の時代 | TOP | 横浜でも浅間山の火山灰 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。