横浜スローライフ -- My slow life in Yokohama

位置情報、地理情報に関するサービス、その他日常生活から思ったことを気ままに記す不定期のんびり日記

シリコンバレーではコミュ力でレイドバトルを克服するのだ

2017年08月08日 21時38分52秒 | スローライフ
 1年あまり楽しんでいるPokémonGO。最近は伝説系のPokémonが出てきて、そのたびにジムには沢山の人が集まっている。ここ数ヶ月なりを潜めていた?プレーヤー達が可視化されたのは興味深い。年齢層も言われたほど高齢化していないし、ちょうど日本の人口ピラミッドにフィットする感じでもある。

この、黙ってスマホをいじくる人だかりに「いったいこれは何?」と胡散臭そうに眺めて通り過ぎる人も多い。その冷たい目もそれほど自分たちには刺さらず、熱いバトルを繰り広げている。

 人口密度の高い首都圏では、伝説系のPokémon出てきても、誰も集まらないということは滅多に無いのだが、人口密度の低いシリコンバレーでは勝手が違う。今年に入ってから、都合2ヶ月半ほどこちらで過ごしているが、来るたびに首都圏が特別に恵まれていることを実感している。

 過去何回かの投稿でも説明したが、シリコンバレーは田舎なので、ポケストップがまばらで、徒歩圏内でせいぜい2〜3カ所行ければ良い方だ。結果として、ジムも少ない。せっかくのレイドジムも、「ぼっちバトル」を余儀なくされることが多く、ラプラスやバンギラスを目の当たりにしながら、指をくわえて、なすすべも無い。

 ただし、今回の伝説系のPokémonに関しては、さすがに当地のプレーヤー達もしびれを切らしたようだ。貴重な機会を無駄にしないように、ジムに集まった人に互いに声を掛け合って、バトルが成立する人数になるまで気長に待ち、満を持して「よーい、ドン!」と一斉にバトルに入る。バトルが終わり、お目当てのPokémonが捕れても捕れなくても「バトルに協力してくれてありがとう」と和やかにかつあっさりとその場を去る。

 人が集まるのを待つ

 9人いれば大丈夫だ!

 今日(8月8日)だけで、別の場所で2回のレイドバトルを体験したが、いずれも普段は人の往来はあまりない。付近で気がついた人がポツポツとクルマで集まってくる。そして、こちらではDiscordというゲーム系のSNSが活用されていて、地域毎にPokémonGOの連絡板がある。ここで、「今、伝説系のPokémonが出ているからレイドバトルに誰か一緒に参加しないか?」と呼びかけ、それに他の人が「あと何分くらいで到着する」「2名で行く」などと呼応して、最初は2名ほどだったのが10名前後まで増える。

 Discordでのやりとり

 それにしても、アメリカの人ってコミュ力とチーム力が高いと思う。お互いに明るく声を掛け合い、自然発生的にリードを執る人ができ、無駄なく協力関係が成立する。しかも、必要最小限の情報を交換するが、それ以上深入りはしない。

 参加者層は様々。シリコンバレーらしく、IT系の会社勤めの人が多そうだ。今日の夕方のバトルでも、ある一人が、Baiduの社員タグをつけたままだったのだが、一緒にいた人が、「私はTencentだから競合ですね」と明るく話していた。

日本も田舎のレイドバトルはどんな感じなのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初老は40歳〜?! | TOP | 国内仕様のiPhone7(iOS11)... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | スローライフ