天天本舗 ・駅前通信特上かわら版

身近な気になる話題を日記に綴っています。

書籍・『肺炎がいやなら、のど輪鍛えなさい』

2017年06月15日 | 話題の書籍
本日も、ブログ訪問ありがとうございます。

中高年の皆さん ! 。
最近こんな経験はありませんか ! ?。
よくムセる・せきこむ・、声がかすれたり、食べ物がのどにつかえるような感じがしたり、声が小さくなった、ボリュームがなくなった・・・。そんな気はしませんか?
それ、もしかするとのどの老化サインかもしれません ! 。
さらに、「肺炎」の疑いがあります!。

【 ご存知でしたか ? 】
2011年、「肺炎」は脳疾患(脳こうそくなど)を抜き、日本人の“死亡原因の第3位"になりました。肺炎で亡くなる人の増加は、いまや社会問題化しているそうです。

そして、その肺炎のほとんどは、【のどの老化】による飲み込みミスがきっかけだそうです。
のどは、なんと【40代から衰え始め】ているのだとか!・・・。
つまり、よくムセる、せきこむ人は“危険信号”となるわけで、 誤嚥性(ごえんせい)肺炎の予備軍ともいわれているそうです。

15)でも、安心してください。
今日紹介の書籍・『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』で紹介しているこの体操さえあれば、大丈夫です! 。

本書では、1万人を治療した「のど」の名医が、 衰えた「のどの筋肉」に若さをとり戻す「のどの体操」をお教えします! 。
この方法は、 衰弱死寸前だった患者さんを元気にして寿命を10年のばしたり、「胃ろう」の患者さんを元気にして胃ろうを抜くことができたり、 実際に効果実証済みの、画期的なトレーニング方法が載っています。

しかも1日たった5分だけ! !

テレビを観ながらでも、信号待ちの間でも、いつでもどこでも空いた時間で実践できる簡単なトレーニングばかり!

発売わずか3週間で20万部突破し、「週刊新潮(6/8号)」でも特集され大反響があった1冊です。
さあ、みなさん一緒に、「のど体操」で肺炎を防ぎ、寿命を10年のばして、いつまでも美味しい食事をとれる健康な体をつくりましょう!

『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』を
※Amzonでチェック
肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい

※楽天市場でチェック
肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい [ 西山耕一郎 ]

最後までお読みいただきありがとうございました。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認定NPO法人東京乾癬の会... | トップ | 【荒木式】健康系ジャンルのD... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。